2016/12/17

久々の出展

1217
Leica MP + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

もともとプリントアウトすることが少ないため、今まであまり写真展には出展していませんでしたが、今回久々に出展します。

明日めくりカレンダーの展示・販売会
「明日をめくる」

特設サイトはこちら

詳細は特設サイトで見てもらいたいのですがカレンダー仕様での作品で31枚の日めくりカレンダー仕様の作品です。今回は二度のトルコ旅行での選抜写真です。さらにこれらは一点ものである上に

販売します! (早いもの勝ちです)

展示終了後お渡しすることになります。値段づけは各人お任せなのですが、僕はこれで儲けを出す気はないのでかかった印画紙代くらいに設定しています。
ただ、使った印画紙はHahnemuleの物なので¥5,000での販売です。
※さすがにA5サイズでも31枚になると結構なお値段

同居人も出展していますのでお近くにお寄りの際は是非!

明日めくりカレンダーの展示・販売会
「明日をめくる」
2016年 12月20日〜12月25日
12:00〜19:00
会場:photo gallery 壹燈舎

photo gallery 壹燈舎
http://ittosha.server-shared.com/
〒542-0081
大阪市中央区南船場2-6-21 グラン・ビルド心斎橋301号
Tel / Fax:06-6121-6202
時間:12:00〜19:00(月曜定休)
1階にあるタイ料理レストランを目印にお越しください。

| | コメント (0)

2015/11/09

第14回 北浜白黒写真倶楽部 写真展 「私を写す」

1009
Zeiss Ikon + HEXANON 60mm F1.2
撮影:同居人

同居人出品の写真展の案内です。

第14回 北浜白黒写真倶楽部 写真展     「私を写す」

 

まれに、写真に私が写っている気がする。
それは、なぜかいい写真のような気がする。

 

私は何故写真を撮り、そして何を撮りたいのだろう
人生の記録? 何かを伝えるため?
単なるカッコつけなのか、それでは無意味だ。
ただ、写真には正直に私をさらけ出せればいいなと思う。
それが恥ずかしいなら、写真をやめてしまえばいい。
被写体に私を見出し、被写体を通して私を表現する。
難しいがこれが写真の本質のような気がする。
そんな写真が撮れるように、まずは私を知ることから始めたい。

○展示作品
銀塩モノクロプリント24点(プリント 11×14インチ、額装 16X20インチ、1人1点)

<場所>
フォトギャラリー・写真教室・写真フレーム「ソラリス大阪」
OPEN:11:00〜19:00(月曜休廊)

〒542-0081 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館B1F
TEL + FAX : 06-6251-8108  MAIL: hello (a) solaris-g.com
アクセス:地下鉄 御堂筋線、鶴見緑地線「心斎橋駅」より
クリスタ長堀北5号出口上がる、徒歩約2分。

| | コメント (0)

2015/10/28

人物だけじゃない

151028
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

最近ではスナップ写真で人物を撮る時には細心の注意と気遣いが必要になっているが、僕がよくとる廃屋ものもその例外ではない。

1、廃屋と思って撮っていたら実はまだ人が住んでいた
表札もない、家は荒れ放題、さすがに敷地内には入らなくてもこれは怒られて当然。きちんと確認してから撮らねば

2、覗くような撮り方は廃屋でも注意
あきらかな廃屋でも塀があって中には入れない。塀の隙間からレンズを覗かせて撮っていたら注意されたことがある。いくら廃屋でも覗き撮りのような撮影には注意。

3、オープンであっても持ち主がいる場合
道に面しているお店で明らかに閉店している。覗き込むわけでもなく道からその看板や店の前に置いてある壊れた自動販売機を撮っていたら強く詰め寄られたことがある。これに関しては若干理不尽さを感じたかな。

3軒ほど離れた家から出てきた持ち主らしき人が「あんた何撮ってんのよ!」と詰問してきた。

Shig  「いや、この味のある店構えと自動販売機を・・・」
持ち主 「なんでそんなもん撮ってるのよ」
Shig  「理由も何もこういうモノを撮りたいからだし、こんな大きな
     道に面してるので別にいいかな、と思って」
持ち主 「理由もなしにそんな写真撮るわけないでしょ。
     どこの何者なの、貴方!それを撮る理由をちゃんと言いなさいよ」

うひゃ、こりゃ話が通じないわ・・・・こんなブログを上げてましてね、とページを見せる雰囲気じゃないし。結局、「いやいや気に障ったらすみません」とその場は立ち去ったけど、こんな道に面した潰れた店まで写真撮るのに気ぃ使わんとダメなんだ・・・・・。

最後のは特殊な例ではあるだろうけど、撮られる側からするとこっちの論理なんて関係なくて、とにかく「不愉快」なんだと思う。中には

「そんなんが好きなんやったら、こっちも撮りいな」

と、言ってくれる人もいたりするので難しいよなぁ。

| | コメント (2)

2015/09/28

南船場フォトウォーク2015

150928
Leica M7 + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

今年も僕と同居人は「南船場フォトウォーク2015」に出品いたします。

詳しくはこちら→→

南船場フォトウォークの特徴としては

・銀塩写真であること
・南船場の4つのギャラリーの共同開催であること
・期間中ワークショップも開催されていること
・総勢約60人の作品が展示されていること
・4つのギャラリーを周る楽しみが隠されていること

などなど・・・・。あまり展示会とかに積極的ではない僕も毎年これだけには参加しています。あまりプリントしない僕としては今年はプリントならではの演出を少し入れての出品となりました(プリンター同居人)。

<展示ギャラリー>
僕の作品・・・・・・・PhotoGallery 壹燈舎 : タイトル「ホイチャリ」
同居人の作品・・・・Solaris : タイトル「チャンネルはそのままで」

と、なっております。開催は明日から一週間なのでもしご都合がつけば覗いてやってください。

| | コメント (4)

2015/08/04

あえて停めるか

150804
Leica MP + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

| | コメント (2)

2015/07/28

PROVIA400X 販売終了

170728
Leica MP + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

最新ニュースではないけど新にPROVIA400Xの販売終了発表がありました。

僕自身は400ポジで撮ることはすでになく、400以上必要なシチュエーションではMP9で撮っているのであまり影響はない。

ただ、同居人はツァイスイコンにモノクロ、T3に400Xという黄金の組み合わせができなくなってかなり「ムキー」状態だ。

着実にそして確実にフィルムの世界は狭まってきている。さすがにもうそろそろ安定期かな?というのも幻想のようだ。そんな中、僕といえば歳のせいか最近いろいろと達観してきて、こういうことがあっても

残念だけどまあ、仕方ないよね

という心境。もっと残念なことがいっぱいある中で代替えできる手段があるだけまだマシな方・・・・・そんな風に思ってしまう。

フィルムがなくなっていくより、僕の中のいろんな熱いものがなくなっていってる方がもっと悲しいような気がしてきた。

| | コメント (0)

2014/11/10

ベトナム行きます

20100430
Leica MP + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)
※2010年ベトナム写真再掲載

今年はニューヨークには行ったけどこちらはお仕事。2014年は海外撮影なしかなぁ・・・・と、思っていたところ急に決まりました、ベトナム行。

かなり弾丸ツアーにはなるけれど12月の初旬に撮影日3日くらいでホイアン中心に行ってきます。いい色があるんだよなー、ベトナムは。

予定の基本機材としては

昼間 Leica M7 (控えでMP)
夜間 Leica M9-P
サブ RICOH GR

レンズは腰のことを考えて「 Summilux 50mm f1.4 ASPH.」基本として後はノクチのどれかをサブで。以前ならフィルムもフジ何本、コダック何本とかラインナップも書いていたのだけどもう選択肢もなくFujiベルビアのみ。

また、プラハでの教訓を活かして二台のライカを同時に回すことはやめときます。とはいえ、まずは一旦仕舞い込んだ半袖の服をもう一度出しておかないと。

 

| | コメント (2)

2014/11/01

無理はせずに

141101
RICOH GR

カメラマガジンから毎月1冊の発行から季刊ベースの年4回の発行にリニューアルするという発表がありました。

まあ、もともと不定期に近いペースで発行していたのでそれはそれでまったく問題ないのだけど、やっぱり毎月発行は厳しかったのね、という感じです。

こういうのは無理せず続けていってもらいたいものです。でもリニューアル第一弾の特集が「マイクロフォーサーズレンズ」ですか・・・・うむぅ

| | コメント (5)

2014/10/21

スキャナーフル稼働

141022
Leica M7 + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

最近フィルムスキャナーがフル稼働しています。

スキャンし忘れの僕のフィルムもそうなんだけど、それより同居人のスキャナー使用頻度が激増しています。そのせいかこんなことまで言い出しました。

同居人 「ここにきて台湾製だけど結構いいフィルムスキャナーが出ている
     みたいね。万が一のために買っとかへん?」

万が一ってウチにはフィルムスキャナーすでに3台もあってどれも元気に動いてるやん。この先どんだけスキャンする気やねん!

| | コメント (2)

2014/09/22

南船場フォトウォーク2014 終了

昨日の日曜日で南船場フォトウォーク2014が無事終了いたしました。

沢山の方にご来訪くださり、また沢山のコメントをいただき本当にありがとうございました。

年々力の入った作品が増えている中、今年撮った写真の中には納得のいくものがなく、ブログ未掲載とはいえかなり昔の写真を出品してしまったことはちょっと残念ですが、ここは来年に向けて一念発起したいものです。今年出品したのか以下の作品。ちょっと「孤独のグルメ」の「腹が減った」チックな感じです。

タイトル:やつらがくる!

Ya01

Ya02

Ya03

140922
Leica MP + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧