2020/03/08

まあ落ち着けや

200308
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

まさかここまで大騒ぎになるとは思いもしなかった。

当然仕事にも生活にも影響は出ているのだけど今回の騒動、人によっての温度差がかなり激しいのがいままでの騒ぎとは随分違うと感じている。

これがエボラのような致死率の高いものだったら振れ幅はそうでもないのだろうけど、今回未知のものではあるが症状としてかなり「微妙」なところがこの温度差を生んでいるのだろう。

「必要以上に怖がるな!ただ、正しく怖がって対処しろ!」

これ以上でもこれ以下でもないのだが、普段は常識的で常に冷静な人でも僕の周りで極端に楽観的な人と極端に悲観的な人がそこそこ目につくのだ。

個人個人が正しくできることをすればよいだけなのに、こういったことを「主張する」という行為はやっぱり集団ヒステリーの一環のようにしか見えないのである(言っていることが正しいとか間違っているではなく)。

なんでもかんでも政府は助けてくれないのは当たり前。個人個人が普段の生活をできるだけ維持しながら、それでも早期収束に向けて徹底的にできることをやる。それしかないだろ。今は個人が試されているともいえる。

とりあえず、まあ落ち着けや!




| | コメント (2)

2020/03/03

猫を飼いたい  だがしかし

200302
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

僕は大の猫好きである。

そして強烈に猫を飼いたくもある。

犬も好きではあるがやはり圧倒的に猫派だ。猫のいた実家を出てすでに数十年、ずっと賃貸だったため猫を飼うにはいたらなかったのだが、ここにきてなんの制約もない自分の家を持つことができた。

さあ、早速猫と暮らそう!・・・・・とは実はならないのである。

猫を飼うと強烈に家が痛むというのはおいといて、実はきままな猫との暮らしは数十年前の実家だからできたこと。当時の猫は当たり前のように放し飼い。

家の中に猫砂なんかなくトイレに行きたかったら猫が「出せ出せ」と騒ぐので窓を開けるだけ。すぐ帰ってくることもあるし2〜3日旅に出てしまうこともある。帰ってきたら「入れろ入れろ」コールである。

自然体で一緒に暮らしてたのである。さらに当時は家族が全員数日いなくなるということもなかったので誰かが最低限の出し入れもできていた。

ペットと割り切れば今の家でも飼えるのだろうけど、世話をするとか面倒を見るという立ち位置で猫を飼う気にはやはりなれないというのが実感である。

でも猫と遊ぶのは大好きなのでだれか猫を飼っている家に遊びにいかせてください!(猫カフェは別な意味でやはり抵抗がある)




| | コメント (0)

2020/01/23

お疲れ様!「STAR WARS」

200123
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

最後はやっぱり見届けてやろう・・・・

これがさんざケナしてきたディズニー以降のスターウォーズの最終章を見に行った理由だ。

Sw9

内容は・・・・もう何も言うまい

ま、内容は置いといて、「で、観に行ってどうやったん?」ってことだが、

高校生の時初めて映画館で観てから早や43年、リアルタイムで観続けたシリーズの完結に立ち会えたのはそれなりに感動はしたのだ。紆余曲折あれど思春期から壮年まで同じように年月を重ねてきた感慨はあった。

特に最後まで完走したR2-D2C-3PO、チューバッカとは「お互いお疲れ様!」と言いたい気分だ。ルークが死んだときはなんとも思わなかったが、今回レイア姫が死んだ時のR2-D2、チューバッカの姿にウルっときた。

ディズニーも晩節を汚すくらいシリーズ後半滅茶苦茶にしてくれたけど、最後の最後で個々のシーンでは過去作へのリスペクトもあり、まあ許してやろう(どこから目線)これからもスピンオフ作品は出るだろうけど余程のことがない限り映画館で観ることはないだろう。なので今回をもってスターウォーズの映画館鑑賞も最後となる。僕にとって

「最後を見届けた」だけでなく「もう観に行かなくていいんだ」

という複雑な気持ちではあるが妙にすがすがしいのだ。「スターウォーズシリーズ」お疲れ様でした。そしてありがとう!

| | コメント (0)

2019/12/31

今年もありがとうございました

19004
撮影:同居人

気がつけば前回17日の更新から約2週間未更新でした。(気がつけば大晦日)

24年ぶりの引越し、KISSのコンサートなど大きな山場と越えなんか気が抜けたということもあるのだけど、住所変更手続きや家具の入れ替えなど引越し後にやることもかなり多く私の限られたキャパはそちらに振られていたようです。

まだ荷物が完全に片付いたわけではないのだけど、なんとか新しい生活のペースも掴みつつあり、ぼちぼちと落ち着いてくればいいかな、と思っています。

さて、年末恒例の自分写真ですがこの一年同居人と一緒に撮影に出る機会も減ってしまいあまり枚数はありませんがお届けします。

本年もどうもありがとうございました。

来年もゆるゆるとお付き合いくださいませ。

19003
同居人が旅行中に骨折したので代理でローライ撮影

19005190061900119002
五島列島の電気自動車レンタカー。電気残量を気にしながらの運転は辛かった・・・








| | コメント (0)

2019/11/20

惰性の極致「ウォーキングデッド」

191120
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

もはや次シリーズを待ち遠しく思うこともなく、配信されれば一応は観るという作品になりさがった「ウォーキングデッド」j。

Twd10

すでにシーズンは10本目、シーズン11の発表や映画化の話もある。馴染んだキャストがドラマチックにやられていた頃はまだスリリングではあったのだけどもはや思い入れのあるキャラはどんどん減り(というかもういない)、シーズン9ではさらに集団でご退場。

商品がなくなる前にもっとよい商品を仕入れて在庫は余裕を持つべきところを後先考えずセールに掛けるもんだからもう主だった商品がなく不良在庫のみ、といった感が否めない。

なんやもうウザくて「早よ死ねや!(まあ怖い)」と思うキャラばっかしでもう朝ドラを観るような感覚で惰性で流しております。

もっと刺激を!かもん!

※そうこうしているうちに前半8話が終わり続きは来年2月だとさ




| | コメント (2)

2019/10/19

Joker

191019
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

映画「Joker」に行ってきた。

映画が終わった時に近くのカップルが

「なんだ、バットマン出てこなかったじゃん」

って言っていたのを聞いて腰が砕けた話は置いといて無茶苦茶期待して観たこの映画の感想は・・・・

<ネタばれのため改行>

J1

J2

J3



僕は本来天邪鬼ではあるのだけど、この記事に関していうと天邪鬼は封印して本音である。

正直この「ジョーカー」、大いに期待外れである。

もし何の予備知識もなく観ていたらそれなりにインパクトはあったろうけど前評判とおおまかなあらすじを知ってから観たもんだからその落差たるやあまりに激しい。

TVなんかでやっている宣伝用の画像、そのままでありそれ以上でもそれ以下でもない。まさにステレオタイプすぎるのだ。


→こんなに酷い目にあってんだから「悪のカリスマ」なってもいいじゃん?・・・は?

→こんな映画観てすげえ考えさせられて落ち込んだ・・・は?

→ホアキンフェニックスの演技に圧倒された・・・は?
 (ホアキンの演技を否定するわけではない問題は演出だ)


あまりに屈折と狂気の表現がストレートすぎて興ざめ。芯から震えるような狂気が全然伝わってこねー。

いきなり「僕、いっぱいいっぱいで壊れる寸前なんすよ~」

からスタートされてもこっちは置いてぼりだっちゅうの。もっと押さえた演技でじわっと来た方がよっぽど狂気が感じられたのだけどね。むしろホアキンよりデニーロの方にずっと狂気を感じたわ。

普通圧倒される映画を見たら数日間その映画のことばっかり考えて悶々とするもんだが、 「Joker」では映画館出たとたんすっかり頭から消えてたわ。画面もスタイリッシュ、音楽の使い方もいい、役者もいい、テーマもいい・・・・ああ、なんてもったいない。

| | コメント (0)

2019/08/08

減酒の効果

190808
RICOH GR

2か月の禁酒期間のあと平常運転として「減酒」は続いている。

よく週に1日は断酒して「休肝日」を設けようということがあるけど、僕の場合これの逆な感じ。外食時の飲酒や自宅での寝る前の軽い一杯などがだいたい週に一回なので「週いち飲酒日」というわけだ。

やばい薬と違ってオールオアナッシングではないので減らす分には身体にとって悪いことではないのでこれが続くのが結果的に人生を楽しむことのなるんじゃないかなと思ってる。

で、先日も書いたけどお酒を減らしたからといった目に見えて何かが変わるわけではない。

 ・別に体重が減るわけでもなし
 ・体が重く感じることもなけど軽く感じることもない
 ・目に見えて健康になった感ゼロ

ただ、明らかに「改善したポイント」が最近発見された。

いびきが超激減!

いびきは自分ではわからないけど

同居人 「最近、貴方の部屋から爆音が聞こえないのよ」

というのが気が付いた発端。そういや最近朝起きて喉が渇いていたことはないな・・・・ということで久々にスマホアプリでいびき診断してみた。結果

回数も音量も以前のデータの5分の1

確かに3年前退院した直後もいびきが収まっていて「髄膜炎が治ったらいびきも治ったよね」と言われてたのがいつのまにかいびきだけは復活していた。考えれば入院時と退院直後はお酒を飲んでいなかったのでいびき減はやっぱり減酒のせいだったようだ。

今度は週一回の飲酒日の夜にどう変化するか計測してみよう。



| | コメント (0)

2019/07/26

テレビの買い替え時期

190723
RICOH GR

4Kやら8Kやらのテレビの買い替えってどんなタイミング?

 ・ブラウン管から薄型(液晶やプラズマ)に変わった
 ・アナログ放送からデジタル放送へ変わった
 ・より高精細のテレビが欲しくなった
 ・今のテレビが壊れた

うちの場合はまず薄型へのシフト。今ではかなり安くなったけど出始めの時は50インチで100万円越えは当たり前。さすがにそれは無理なので当時目安とされた「1インチ1万円」に沿って50インチが50万円になった時点で買い替え(それでもブラウン管テレビが調子が悪くなったわけではない)。

自分の部屋のテレビの買い替えは単身赴任時に買った43インチ(この頃はもうだいぶ安くなってた)のテレビを赴任から戻った時点でとっかえ。これでウチのテレビはすべて薄型ハイビジョンに。
ちなみに2回目の単身赴任で買った液晶TVは使いどころがなくていまだに廊下に転がっている。

さて、25年前に買ったプラズマTVだが、いまだに現役である。家電量販店で4Kとか8Kとかの映像を見て「綺麗だな」とは思うけど自分的には場面によっての「無機質感」がどうも気になる上に25年前のプラズマでも十分綺麗で不満がないため買い換える予定は当面ない。

ブラウン管時代に比べテレビの劣化度合いがかなり改善された今、よほどの高精細マニアでないかぎりテレビの買い替えって需要ってそんなにあるものなのだろうか。

いやぁ、それを考えるとなんだかテレビを買い換えずに一生を終えるのかもという気がしてきた





| | コメント (2)

2019/07/19

人生初メルカリ

190719
RICOH GR

ヤフオクも買うことはあっても出品の経験はない。

要は面倒臭いのだ。メルカリの方が手間は簡単なのは知ってはいたけど発送が面倒なのは変わらずずっとスルーしてきた。

ただ、わかっちゃいるけどリサイクル系のお店に持ち込むとかなり買いたたかれる。本当に処分するものなら割切るけど、見る人が見ればもっと価値がわかってくれるのにな・・・と思っていたところ同居人ともども

ちょっとモノ増えすぎ!二人して積極的に処分しよう!

となったため発送は同居人担当ということでメルカリに挑戦。まあ、うまくできてますなぁ、最近のスマホベースのサービスは。必要なところはきちんと通知してくれて他の些末なところは乱暴なくらい割愛してる。

それにメルカリがスタンダードになってくれたおかげで世間でのインフラの中にサービスが組み込まれたので発送手続きも管理もなかなか快適。

まだ慣れないので少しずつの出品だけど、最初に出した本は定価1620円のところ900円で出品したら5分で売れましたぜ。多分某本offに持って行っても200円つけばいいところだったろうに。

さあて、慣れてきたらメイン出品アイテムの書籍だけでなくマニアックなグッズもどんどんと出品してゆこう。世間の感覚と僕の感覚がどのくら合っていてズレているかを確かめるにもこのサービスはいいかもしれない。
※本来の目的から外れている気もするけど

| | コメント (0)

2019/07/13

禁酒?のようなもの その2

190713
RICOH GR

Q:お酒をやめると肝臓の数値が劇的に良くなるといいますが
A:γ-GTPがちょっと良くなるくらいでそんなに急激には変わりません

Q:お酒をやめるとダイエットになるっていうのは?
A:食生活が変わらないと影響はほぼありません。都市伝説です。
  むしろ酒代わりに飲んだジュースのおかげでむしろ増えました(涙

Q:お酒を飲まないと朝身体が軽いですか?
A:深酒の時と比べない限りさほど変わりません

Q:お酒をやめてよかったことがありますか?
A: 1、酒代が節約できた
  2、いつでも車の運転ができた
  3、習慣性の飲酒は克服できた
  4、長い目でみれば酒量が減る事で悪い要素はない

そもそも30代前半までは家で飲む習慣なかったんだよなぁ。独身時代の冷蔵庫の中にビールあった記憶ないし。結婚してからビールとかは飲むようになったけどそれも暑い時だけ。決定的瞬間はやっぱりあれだな・・・・

単身赴任

会社から借りてるマンションが近かったので寄り道もせずに帰ってたし、そうなるとやることといえばお酒を飲むことしかないじゃないすか(誰も止めないし)。で、それが習慣性になって毎日飲むようになり、なおかつ量も増える悪循環。

ま、今回を機に依存体質は治ったのだけど肝臓の他の数値を考えるとまだ「食事の節制」と「運動」という禁酒よりも厳しい試練がまっているわけで・・・・とほほ





| | コメント (2)

より以前の記事一覧