2018/06/03

犬ヶ島

0603
Leica MP + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

ウェス・アンダーソン監督の最新作「犬ヶ島」、人形アニメということでマイナー路線だけど観に行ったらこれがまた最高に面白かった。

Inu

絶妙な日本観
パシフィックリムも1作目は素晴らしかったが2作目で監督が変わってからは洒落にならないほど不快感満載の日本観だった。この映画もかなり日本を茶化しているのだけど、相当高度に演出されていて非常に見事だ。

黒澤愛
もう全編クロサワ映画へのオマージュだらけである。そしてそこには愛がある。

犬中心なのに超豪華声優(字幕版)
リーヴ・シュレイバー
ブライアン・クランストン
エドワード・ノートン
ボブ・バラバン
ビル・マーレイ
ジェフ・ゴールドブラム
スカーレット・ヨハンソン
F・マーリー・エイブラハム
オノ・ヨーコ
渡辺謙
夏木マリ

メジャーではないので映画館で見られる期間は短いだろうけどWOWOWとか映画配信で観られるようになったら是非観ていただきたい!

| | コメント (2)

2018/05/06

絶対的真理への挑戦

0506
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

同条件の二択の場合多少偏っても最終的には五分五分になるのは確率論の常識である。
だが、どうも僕の場合

USBを適当に指そうとするとだいたい逆の場合が異常に多いのではないか?

という疑問を数年間持ち続けていた。こういう「いつも運が悪いよね」という現象は印象論になりがちで悪い結果は印象に残るが、うまくいった時は印象に残らないためと言われている。でもどうしてもUSBの場合は印象だけではないと感じるのだ。

そこで!4月初旬から必ずこの結果を覚えるようにしている。いつもメモを取れる状態とはいかないのでこのブログを備忘録として場としたい。そして泣き寝入りはしない!
※そしてプライドにかけてインチキはしない

今日、現在USB差し込み割合は

  成功3 : 失敗14

である。今のところ印象と実績は一致している。これは絶対的真理との闘いでもある。

| | コメント (4)

2018/05/03

ゴールデンウィークはすでに消失していた

0503
Leica M7+HEXANON 60mm F1.2
撮影:同居人

独立開業するとよく曜日がわからなくなると言われるが仕事の仕方にもよるけど、ある意味正しくてある意味違うところもある。

少なくとも周りの企業がほぼ周期的に稼働しない土日に関しては相対的に平日とは区別され認識される。だがしかし!

祝日がわからなくなる。平日なのに休みという感覚は消失するのである。カレンダーをちゃんとチェックしないと正直忘れる。サラリーマン時代は逆に祝日を指折り数えて待っていたり年初に連休を確認したりしてたのに。

でも、これは今年が初めてではない。去年のこの時期とある百貨店本社で働いていたので「原則祝日は休みでない」という規則のため実は去年もGWは平常運転、連休などではなかったのだ。

まさかこんな形で今年もGWが消失するとはあの時は思いもしなかったのだけどw。

| | コメント (0)

2018/04/23

フリーランスの毎日

0423
RICOH GR

独立して約2ヶ月、まだペースは掴めてないけどいろいろと変化が・・・

◉ 以前は平日仕事、休日休みと割り切っていたけど、今はむしろ
  外部との予定が入らない土日は「予定を気にせず目一杯仕事が
  できる日」という認識になった

◉ 基本日中家で仕事するときはお酒厳禁。でもいつでも寝てもいい
  状態になったらお酒解禁。飲みながらの仕事はそれはそれで快適。

◉ 今日は休もうと思ってもまったく仕事をしないと不安になりだした。
  他の独立してる人達も遊ぶ時は旅行とかキャンプとか目一杯遊ぶ
  環境にシフトするという話がすごくわかるようになった。

◉ 会社での会議がほとんど休憩時間に近い存在だったと気づいた。

◉ 通勤ラッシュ後に出かけるので駐輪場での自転車は上段になって
  上げ下ろしが大変

◉ 毎朝のコーヒーがコーヒーメーカーからハンドドリップに変わった

◉ 出張費と宿泊費が経費全体の半分以上を占めているのに気がついて
  愕然とする。東京在住の人が羨ましい。

◉ メチャクチャ領収書が溜まる。

◉ なんかちょっとケチなった気がする。

フリーランスの人からすると当たり前でもサラリーマンからの独立はやっぱり新鮮な毎日w

| | コメント (4)

2018/03/25

久々の天神そば

0325
Leica MP + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

何度もこのブログに登場している岡山でのソウルフード天神そば。

高校から浪人時代まで毎日のように通い全然夕食に影響しなかった当時、若いって凄かったんだなぁと思い出の店です。すでにご主人は亡くなられていますが奥さんは昔同様お店を仕切っておりました。

Ten

お店も一時なくなるかも、との噂もあったけど奥さんもお元気で娘さんも手伝っているとのことでまだしばらくは食べに行けるかな。でもこのお店、結構食そうとするとハードル高いです。

・人気店になったので他県からもお客さんが来るようになってきた
・それに加えて昔からの常連さんの勢いはまだ続いている
・土日祝日は休みなので休日の旅行のタイミングとかでは行けず
・平日も10時半から14時半とはなっているがいつ終わるかわからない

この日も余裕をもって木曜日の12時前に行ったのだけど、お店の都合で列の最後だった僕をもって臨時閉店。ぎりぎりセーフだったのだけどその代わりその後来るお客さんに最後尾の僕が事情を説明することに。

でもアットホームなお店の雰囲気はそのままで、最後にお店に残っていたお客さんに余ったゆで卵を皆にサービスしてくれたり・・・・・

故郷にこういうお店がいくつかあるというだけで本当に幸せなことです。

| | コメント (0)

2018/03/12

竹富の猫

0312
iPhone
※抱きながらの自撮りは難しかった

竹富での一番充実した時間は現地の猫と戯れた時。

浜辺の猫はすっかりリゾート気分でマイペースだったけど公園の猫はちょっと撫でてあげるとそれに応えてくれたし、近くで休憩していると膝の上に乗っかってきて甘えてきた。

Neko001

Neko002

猫カフェはキャバクラちっくな関係がしっくりこなくて行ったことはないし、街中の猫ではこういう甘え方をする野良猫はほぼいない。

トルコの猫もそうだったけど、人との関係を含む住んでいる環境で動物たちとの距離が縮まるのは本当にいいことだと思う。竹島の水牛達もそう。

ただ一点動物関係で文化の違いを感じたのは普通の家の庭先にゆるーいロープで繋がれて、まったりほのぼのとこっちを興味深そうに見ていたギ。本土の感覚では「あれもペット?」と思ってしまう飼い方なんだけど聞いたら食用とのこと。

喰うのか・・・やっぱ。でもこれも動物とのひとつの関係であることは仕方がない。

| | コメント (2)

2018/03/03

リゾート猫

0303
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

貝塚時代(本土では縄文時代)沖縄から400kmも離れている石垣島周辺は文化交流はなく別の文化だったようです。そりゃ飛行機で行っても「離れてるな〜」と感じるのだから当時なら絶望的な距離でしょう。

んなもんで先島周辺は日本であって日本でない。環境はセブ島やグアムなの生活は日本。文化は日本をベースに根っこで違うところ。

この微妙な感じは現地に行かなければなりません。ここに住んでいる人達もそうなんだけどなんといっても動物たちの生態がこれまた違う。

猫なんて海岸で毎日リゾート生活ですぜ。毎日サンゴ礁の海を見ながらまったり。人が近づいても気にする風情も見せません。都会ではやっかいもののカラスもここでは水牛と共生関係にありのんびり普通の鳥。全然ギスギスしていない。

トルコでの猫もそうだけど文化の根っこの違いは動物の生態に反映するかもしれませんね。

| | コメント (0)

2018/02/24

ノマドワーカーのOS選び その1

0224
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

仕事用OS選びはまずは「業種(対応ソフト)」そして「好み」と有利不利はあれど絶対的正解はない。

Ms

デザイナーはMacが多いし、通常の企業の貸与パソコンはWindowsの場合が多いだろう。でもこれは絶対でもない。僕が過去一時期出向していた企業では正式パソコンは例にもれずWindowsだったけど、A4サイズだったので結局普段は自腹で買った時前パソコンを使う人が多かった(セキュリティに関して甘すぎるとは思うのだが)。

Macos

見ていて面白かったは、皆のラインナップが「Windows軽量パソコン」だったり「Mac Air」だったり「IPad pro」だったり・・・。もう貸与パソコン立つ瀬なしという状況。

僕もこんな経験ができることはあまりないだろうとiPad proを使ってみた。正直すべてをこれでこなすのは一般会社業務では厳しいものがあったが、資料作成などのメイン作業を自席のA4でやって、会議やプレゼン、メール作業をこなすのであればiPadという選択はかなりフットワーク軽く快適だった。これはもともとの会社だとセキュリティ上不可能だったのでこれはこれでいい経験に。

つづく


| | コメント (0)

2018/02/22

竹富島行くなら

180222
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

竹富行くなら必須の水牛車、ベタではあるけどこれは外せない。

引っ張るのは水牛君たちの中でもシャイでおとなしいマブヤー君。

Mb01

Mb02

この島の水牛君たちが凄いのはガイドさんが指示しなくても時間きっちりコースも覚えて周ってくれるところ。かわいくて賢い。

Mb03

ちなみに営業時間外はこんな野っ原でほぼ放し飼い。(道に迷った時に遭遇)
さすが時間の流れが違う場所。

Mb04


| | コメント (2)

2018/02/18

帰ってまいりました

0218
RICOH GR

3泊4日の竹富、石垣島の旅行から帰ってまりました。

天候は晴れ雨いろいろだったけど、気温は20度から24度。極寒の京都に比べてそれはもう天国。

晴天の昼間なんてTシャツでも暑いくらいな中、食堂のテレビで冬季オリンピックを見るのはなんとも不思議な感覚です。

同じ南の島とはいえ沖縄とは410kmも離れているので似ているようでやはり違う空気感と文化。竹富島には警官もいないというし。

京都に帰ってくると小雪がちらちら・・・でもいい季節だけで比べちゃいけないよね。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧