2020/08/26

ウチの木々たち

200826
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

何をシンボルツリーにするべきか、どういうレイアウトにして他にどんな木を配置するのか随分悩んだけど我々が選んだのがこの4本

シンボルツリー「オリーブ」
Ori
そこそこ育った木オリーブをシンボルツリーに。これは割と最初からイメージしていたので即決。うまく剪定しながら育てるとかっこいい木になりそう。

玄関前「メラレウカ レボリューションゴールド」
Rev
今は小さいけど実はかなり大きく「木」になる品種。夏は緑、冬は黄色系に変化するなかなかミステリアスな可愛らしい木。香りもいいので玄関前に。

お庭の中間「ブルーブッシュ」
Blu
真っ青ではないが少し青系。でも葉の裏がシルバーなのでキラキラして綺麗。これも育てるとでかい木に。

リビングから観賞用「ユーカリ」
Yuk
コアラの主食のユーカリである。隣の家の窓との目隠しも兼ねており葉の多い木として選択。茎の部分も赤くて可愛らしい木。これからもっと葉が広がってボリュームももアップしてくれそう。

まだ植えたばかりなので庭がすっかすかでで少し寂しい感じだけどどの木もまだまだ大きくなってゆくのでその周りの装飾も雰囲気に合わせて徐々に充実させてゆくつもり。毎日の水やりが楽しみのひとつでもある。

 




| | コメント (0)

2020/08/21

庭造り再起動 その3 庭造り再起動 その3

200821
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

日没終了となった砂利敷きから数日後、仕上げの人工芝敷設。先日とは打って変わってこの日は日差しが強い!
実はこの人工芝というやつ、結構熱をもってしまうので膝をついて作業すると結構熱い(あ、これ豆な)

Jin01
Jin2
人工芝自体にRをつけるのではなく砂利の敷き加減でRをつけてゆく。

そして仕上がりがこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


Jin3_edited1
Zen1_edited1
Zen2

植栽の詳細はまた後日。ああ、やっと庭らしくなったぁ

| | コメント (2)

2020/08/17

庭造り再起動 その2

200817
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

さすが植栽アーティスト、なんとなくのこちらのイメージをさらにブラッシュアップした提案をしてくれる。懸案だった芝生のレイアウトデザインもいい感じに。

日程が延び延びになったのはいい木が見つかるまで粘ってくれたのと、アーティストならではの時間感覚の大らかさ(ビジネスライクでなくてこれはこれでよし)。とはいえなんとか酷暑の夏ど真中を避けることができた。

手順としては以下の通り(一緒に手伝うことに夢中で写真記録が不十分なのが心残りだが)

1、まずは植栽(今回植えた木は4本。紹介はまた次回)
2、砂利の部分に防草シート敷設
2、玄関アプローチのコンクリートスレート配置
3、お庭のベースとなる砂利敷き(ベトナム産の特殊な砂利)
4、人工芝敷き(ところが当日に芝が間に合わず後日敷くことに)


Niwa
ざっとパワーポイントでレイアウト(現場判断であちこち修正)

Img_4421

まずは植栽をした後、砂利と芝生のレイアウト設定。

Img_4426
砂利の部分に防草シートを張ってゆく。

Img_4428
一枚25kgもあるコンクリートスレートを配置。

Img_4430
Img_4433
Img_4434
砂利40袋をバランス良く撒いて徐々に慣らしてゆく。
人工芝も届いていないし初日はここで日没終了

つづく

| | コメント (0)

2020/08/11

庭造り再起動

200811
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

バルコニーも人工芝でうまく仕上がりそろそろほったらかしの庭造りをしなければならない季節となった。他人様の目はともかくできるだけDIYに近い形で自分も作業に加わる気満々なので暑さ真っ盛りの真夏はなんとか避けたいところ。ただ、単にほったらかしにしていたわけではなく、要は

・庭のイメージがなかなか明確にならなかった
・かといって造園業者に相談するにも相性もあるだろうしお値段も高い
・感覚が近くて相談しながら小粋な提案をしてくれるようなところはないか

そんなこんなで「どうするか」より「どこの誰とやるか」で逡巡していて時間を食っていたのだ。幸い同居人の写真ギャラリー繋がりで店舗などの植栽系コーディネイトをしている若いお兄ちゃんが簡単なお庭造りならやってくれる、というので是非是非とお話をさせてもらったのが3月くらい。

もと美容師さんという異色の経歴を持つ彼は完全なるマイペースなアーティスト系兄ちゃん。感性もよく提案も的確だったので即お願いすることになったのではありますが・・・・・・・

Before
ほぼ空き家ではないかと思われてしまう施工前の庭。これで半年暮らしてきた

つづく

| | コメント (2)

2020/02/14

そこまでいわんでも

200214
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

引越しして3ヶ月になろうかとしていますが、いまだに駐車場以外の外構はまったく手付かずです。

Gaiko

予算超過で中途半端な外構にしたくなかったのもあるんだけど、図面イメージより完成に近づいて意外に庭が広いことが実感できたので設計図だけで後戻りのできない工事はしたくなかったというのが本当のところ。

実際生活してみて少しずつどんな庭にしたいかのイメージが湧いてきたのでそろそろ手をつけようかな、と思い始めたところ・・・

新聞の集金のおばちゃん
「外構をしちゃいけないとか制限があったんですか?」

町内会費を取りに来たおばちゃん
「外がほったらかしなのでもう住んでいるとは思わなかったわ」

工務店のおっちゃん
「まだそのままなんですね・・・・・」

ええやん!そんなに新築時に庭がないとあかんの?

ほっといてんか!んもうw



| | コメント (0)

2020/02/02

旗竿駐車場の必需品 カーブミラー

200202
iPhone

懸案だった自宅駐車場出口の視野確保だけど、引越し後やっと具体的に動くことができた。取り付けまではまったく見えない状態だったのでそれはもうおっかなびっくりゆるゆると

ごめんやっしゃ!ごめんやっしゃ!

と、顔を出していたわけだけども・・・・・。さてカーブミラーとなると問題は取り付け位置と効果なわけだ。やっかいなことに土地となるとお互いなぁなぁではいかず基本的には不可侵でなければならない。確認したところまず

両側のブロック塀だがこれは左右とも相手側の所有物

であることが再確認。ということはカーブミラーを塀に取り付けるわけにはいかない。まあ、これは事前に分かってはいたので駐車スペースの右側には後でポールが立てられるようにスリットを入れておいた。

Kkk

で、左側だがこちらも塀には手出しができないが目隠しのためにに立ててあったフェンスはこちら側土地から立てているのでこちらの所有物になる。と、いうことはフェンスに加工すればカーブミラーが取り付けられるということだ(これはラッキー)。こちらまで相手所有ならもう両側敵陣なわけでお手上げだった。

実際に車に乗って視線を確認するとこれまたラッキーな状態であることが発見できた。カーブミラーの性能はかなりなもので左側に取り付けたミラーの視野はかなりひろく完全に隠れていた右側の視野は完全確保。車から人、自転車まですべて確認できて安心だ。

問題は直接ミラーが設置できない右側塀からの左側視野なんだが、これまたフェンスの開きスペースから10m先くらいまで直接目視できることが判明(あくまで車に乗っての視点だが)。

Cm

何度か試したところ実はこの状態でもなんの不安もなく車を出せることが確認できたので左側のスリットのわざわざポールを立てる必要はない。いや、これは助かった。ということで大金払ってフロントカメラ、なんてのも考えたわりに2000円くらいのカーブミラー設置で数ヶ月悩んでいた問題があっさり解決。

フェンスへの取り付けも金属用ドリルビットで徐々に穴を開け取り付けたのだけど今まで借家だったので家をいじるというのが初めてでこれも快感。まあ、これからもあちこちと徐々にカスタマイズできればなと思っている。

| | コメント (4)

2020/01/27

旗竿駐車場の必需品

200127
RICOH GR

人間だって雨具やスウェットのフードを被ると極端に視界が悪くなる。さらに車の運転となるとボンネット、ピラもあるためT字路では極端に周りが見えません。

Img_4064
Img_4063

案の定ウチの旗竿地から前の道路(人も車も結構通る)に出るときは正直かなり危ないのです。まず考えたのはカーブミラーの設置なのですが、これもそう簡単にはいきません。問題は

 ・どこに取り付けるか
 ・塀の所有権がウチか隣か

そうなんです。公共の場所や他人の土地や所有物に勝手にミラーを取り付けるわけにはいきません。どのくらいのミラーがどこにあればよいのかも工事が終わってみるまでは検証もできない状態です。なので次に考えたのは

フロントカメラをつけてみてはどうか?(この際ついでにバックカメラも)

というアイデア。調べてみるとこれが結構やっかい(涙

・バックカメラシステムはいろいろあれどフロントカメラシステム は意外に一般的ではない

・ほとんどの商品がすでにバックカメラおよびナビシステム
 が付いていることが前提の商品

・モニターさえついていないウチのフィアットはナビシステム
 を今さら付けるかモニターと直結するかの二択

・さらに車用品量販店では外国車には取り付けてくれない

・部品を買って一般車屋さんで付けてもらうと結構なお値段に
 なってしまう。

・そこまでしてフロントカメラにこだわる必然性は全然なし

と、いうことでさんざ調べた結果フロントカメラ案は却下。新居に引っ越し後そこからカーブミラーを検討することに・・・・
                   つづく




| | コメント (2)

2020/01/07

旗竿地駐車場問題の結果発表

200107
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

工事中は試しに車を入れることもかなわず、寸法的には入るものの物理的に運転手側からは出られないぎりぎりの寸法だったウチの「駐車場予定地」。

Hatahaba_20200107191801



もし実用的でなかったら

 ・NSXだけでなくFIATも月極駐車場を借りる
 ・駐車場に合わせてさらに車幅の狭い車に買い換える

という究極の二択をせまられるところでした。しかして結果は・・・・・・

ぎりぎりセーフ!!!ギリギリせーふ!!!!(嬉しいので2回言います)

200107a

200107b

200107c

人の動線は狭くはなるけど自転車の出し入れにも問題はない幅だし(バイクだとちょっと厳しめ)通りにくさは精神的に不審者への牽制としての効果もあり。

バックで入れるには夜とかちょっとビビるけどこれも慣れ、運転手側のシートを目一杯後ろまで下げれば助手席側からの乗り降りもさほど苦になりません(敷地内なので人に見られないし)。

これで当面車の乗り換えの必要もないし駐車場代も一台分浮く!

ああ、よかった・・・・いや、マジでほんまによかった(涙、涙、涙

| | コメント (2)

2020/01/05

あけましておめでとうございます

200105
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

あけましておめでとうございます
   今年もよろしくお願いいたします

さて、今日でちょうど引越して一ヶ月経つのですが・・・・・

最後の最後で荷物がしっかり片付ききれていません。引越し時にかなりの量の「モノ」を処分し、新居では屋根裏収納もウォークインクローゼットも増設し荷物対策はしっかりしたつもりなのですが、「モノ」が収納しきれないのです。

要は24年間かけていろんなものが最適な位置に効率よく収まってきたため、一旦それをほぐしてしまうと同じように収まらないのです。まあ、完成したジグソーパズルをバラしてしまうと嵩張るみたいなもんです。

ここはもう一段ギアを入れて「やっぱりいらないモノ」を処分してゆくのがよいでしょう。ミニマルな生活を目指すわけではないのだけど「モノ」に振り回される生活からは脱却したいものです。




| | コメント (2)

2019/12/03

引越しによる生活進化

191203
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)


今の借家に住み始めてはや24年。当時は築6年の割と新しい家だったけど今となっては築30年のかなり古めの家。(家賃は変わらずなので引っ越しする気になったのだけど)

当然新しい家になるわけなので嬉しいのだけど生活要素として大きく変わる点が以下の点である。

1位 ウォシュレットが付いた
今までのトイレはウォシュレットなし。自腹でいいので付けさせてくれと大家さんに頼んだのだけど却下!泣く泣くノーマルトイレで過ごしてきた。今度の家では当然のごとくウォシュレット付き!これでお尻も喜んでくれることだろう。

2位 光回線が引けた
こちらも借家の辛いとこ。勝手に工事ができないので無線方式のWiMAXと押さえのADSLの二本立て。 WiMAXも実質12Mbpsくらい、ADSLより若干安定している程度。これが今回光回線になり実測440Mbps!これで回線難民から解放!

3位 食洗器がついた
この案件は最後まで同居人との争いだった。同居人は食洗器反対派、でも実質食器洗いは僕の担当なので最後までごねてパナソニックのシステムキッチンには上位機種の食洗器が標準でついて外したとしても差額がわずかということで土俵際うっちゃり。念願の食洗器生活でストレスフリー(のはず)

4位 広めのデッキができた
もう、夫婦二人の生活に限定できたので間取りは割と自由にでき、部屋数も減らしたので二階に6.5畳の広めのデッキが作れた。フックも作り付けで設置したのでタープやハンモックが設置可能。季節のいい時はここでビールも飲めるし昼寝もできる。夏はビニールプールで水浴びも可(子供か?)。周りの目を気にしていいのは旗竿地のメリット。

<その他変化項目>
・トリプルガラスで結露回避
・床暖房で足がぬくぬく
・調光ライトで寝ながら灯り調整

思えば長い間前時代的な生活をしてきたもんだ(僕も同居人もこういうことには無頓着だったし)。さて、いいことばかり書いたけど逆に以前よりマイナスになる、もしくはかなわなかった望みも多々あるのでそれはまた次回。

※ただいまエアコン設置立ち合いの間に記事執筆中

| | コメント (0)