2020/02/14

そこまでいわんでも

200214
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

引越しして3ヶ月になろうかとしていますが、いまだに駐車場以外の外構はまったく手付かずです。

Gaiko

予算超過で中途半端な外構にしたくなかったのもあるんだけど、図面イメージより完成に近づいて意外に庭が広いことが実感できたので設計図だけで後戻りのできない工事はしたくなかったというのが本当のところ。

実際生活してみて少しずつどんな庭にしたいかのイメージが湧いてきたのでそろそろ手をつけようかな、と思い始めたところ・・・

新聞の集金のおばちゃん
「外構をしちゃいけないとか制限があったんですか?」

町内会費を取りに来たおばちゃん
「外がほったらかしなのでもう住んでいるとは思わなかったわ」

工務店のおっちゃん
「まだそのままなんですね・・・・・」

ええやん!そんなに新築時に庭がないとあかんの?

ほっといてんか!んもうw



| | コメント (0)

2020/02/02

旗竿駐車場の必需品 カーブミラー

200202
iPhone

懸案だった自宅駐車場出口の視野確保だけど、引越し後やっと具体的に動くことができた。取り付けまではまったく見えない状態だったのでそれはもうおっかなびっくりゆるゆると

ごめんやっしゃ!ごめんやっしゃ!

と、顔を出していたわけだけども・・・・・。さてカーブミラーとなると問題は取り付け位置と効果なわけだ。やっかいなことに土地となるとお互いなぁなぁではいかず基本的には不可侵でなければならない。確認したところまず

両側のブロック塀だがこれは左右とも相手側の所有物

であることが再確認。ということはカーブミラーを塀に取り付けるわけにはいかない。まあ、これは事前に分かってはいたので駐車スペースの右側には後でポールが立てられるようにスリットを入れておいた。

Kkk

で、左側だがこちらも塀には手出しができないが目隠しのためにに立ててあったフェンスはこちら側土地から立てているのでこちらの所有物になる。と、いうことはフェンスに加工すればカーブミラーが取り付けられるということだ(これはラッキー)。こちらまで相手所有ならもう両側敵陣なわけでお手上げだった。

実際に車に乗って視線を確認するとこれまたラッキーな状態であることが発見できた。カーブミラーの性能はかなりなもので左側に取り付けたミラーの視野はかなりひろく完全に隠れていた右側の視野は完全確保。車から人、自転車まですべて確認できて安心だ。

問題は直接ミラーが設置できない右側塀からの左側視野なんだが、これまたフェンスの開きスペースから10m先くらいまで直接目視できることが判明(あくまで車に乗っての視点だが)。

Cm

何度か試したところ実はこの状態でもなんの不安もなく車を出せることが確認できたので左側のスリットのわざわざポールを立てる必要はない。いや、これは助かった。ということで大金払ってフロントカメラ、なんてのも考えたわりに2000円くらいのカーブミラー設置で数ヶ月悩んでいた問題があっさり解決。

フェンスへの取り付けも金属用ドリルビットで徐々に穴を開け取り付けたのだけど今まで借家だったので家をいじるというのが初めてでこれも快感。まあ、これからもあちこちと徐々にカスタマイズできればなと思っている。

| | コメント (4)

2020/01/27

旗竿駐車場の必需品

200127
RICOH GR

人間だって雨具やスウェットのフードを被ると極端に視界が悪くなる。さらに車の運転となるとボンネット、ピラもあるためT字路では極端に周りが見えません。

Img_4064
Img_4063

案の定ウチの旗竿地から前の道路(人も車も結構通る)に出るときは正直かなり危ないのです。まず考えたのはカーブミラーの設置なのですが、これもそう簡単にはいきません。問題は

 ・どこに取り付けるか
 ・塀の所有権がウチか隣か

そうなんです。公共の場所や他人の土地や所有物に勝手にミラーを取り付けるわけにはいきません。どのくらいのミラーがどこにあればよいのかも工事が終わってみるまでは検証もできない状態です。なので次に考えたのは

フロントカメラをつけてみてはどうか?(この際ついでにバックカメラも)

というアイデア。調べてみるとこれが結構やっかい(涙

・バックカメラシステムはいろいろあれどフロントカメラシステム は意外に一般的ではない

・ほとんどの商品がすでにバックカメラおよびナビシステム
 が付いていることが前提の商品

・モニターさえついていないウチのフィアットはナビシステム
 を今さら付けるかモニターと直結するかの二択

・さらに車用品量販店では外国車には取り付けてくれない

・部品を買って一般車屋さんで付けてもらうと結構なお値段に
 なってしまう。

・そこまでしてフロントカメラにこだわる必然性は全然なし

と、いうことでさんざ調べた結果フロントカメラ案は却下。新居に引っ越し後そこからカーブミラーを検討することに・・・・
                   つづく




| | コメント (2)

2020/01/07

旗竿地駐車場問題の結果発表

200107
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

工事中は試しに車を入れることもかなわず、寸法的には入るものの物理的に運転手側からは出られないぎりぎりの寸法だったウチの「駐車場予定地」。

Hatahaba_20200107191801



もし実用的でなかったら

 ・NSXだけでなくFIATも月極駐車場を借りる
 ・駐車場に合わせてさらに車幅の狭い車に買い換える

という究極の二択をせまられるところでした。しかして結果は・・・・・・

ぎりぎりセーフ!!!ギリギリせーふ!!!!(嬉しいので2回言います)

200107a

200107b

200107c

人の動線は狭くはなるけど自転車の出し入れにも問題はない幅だし(バイクだとちょっと厳しめ)通りにくさは精神的に不審者への牽制としての効果もあり。

バックで入れるには夜とかちょっとビビるけどこれも慣れ、運転手側のシートを目一杯後ろまで下げれば助手席側からの乗り降りもさほど苦になりません(敷地内なので人に見られないし)。

これで当面車の乗り換えの必要もないし駐車場代も一台分浮く!

ああ、よかった・・・・いや、マジでほんまによかった(涙、涙、涙

| | コメント (2)

2020/01/05

あけましておめでとうございます

200105
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

あけましておめでとうございます
   今年もよろしくお願いいたします

さて、今日でちょうど引越して一ヶ月経つのですが・・・・・

最後の最後で荷物がしっかり片付ききれていません。引越し時にかなりの量の「モノ」を処分し、新居では屋根裏収納もウォークインクローゼットも増設し荷物対策はしっかりしたつもりなのですが、「モノ」が収納しきれないのです。

要は24年間かけていろんなものが最適な位置に効率よく収まってきたため、一旦それをほぐしてしまうと同じように収まらないのです。まあ、完成したジグソーパズルをバラしてしまうと嵩張るみたいなもんです。

ここはもう一段ギアを入れて「やっぱりいらないモノ」を処分してゆくのがよいでしょう。ミニマルな生活を目指すわけではないのだけど「モノ」に振り回される生活からは脱却したいものです。




| | コメント (2)

2019/12/03

引越しによる生活進化

191203
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)


今の借家に住み始めてはや24年。当時は築6年の割と新しい家だったけど今となっては築30年のかなり古めの家。(家賃は変わらずなので引っ越しする気になったのだけど)

当然新しい家になるわけなので嬉しいのだけど生活要素として大きく変わる点が以下の点である。

1位 ウォシュレットが付いた
今までのトイレはウォシュレットなし。自腹でいいので付けさせてくれと大家さんに頼んだのだけど却下!泣く泣くノーマルトイレで過ごしてきた。今度の家では当然のごとくウォシュレット付き!これでお尻も喜んでくれることだろう。

2位 光回線が引けた
こちらも借家の辛いとこ。勝手に工事ができないので無線方式のWiMAXと押さえのADSLの二本立て。 WiMAXも実質12Mbpsくらい、ADSLより若干安定している程度。これが今回光回線になり実測440Mbps!これで回線難民から解放!

3位 食洗器がついた
この案件は最後まで同居人との争いだった。同居人は食洗器反対派、でも実質食器洗いは僕の担当なので最後までごねてパナソニックのシステムキッチンには上位機種の食洗器が標準でついて外したとしても差額がわずかということで土俵際うっちゃり。念願の食洗器生活でストレスフリー(のはず)

4位 広めのデッキができた
もう、夫婦二人の生活に限定できたので間取りは割と自由にでき、部屋数も減らしたので二階に6.5畳の広めのデッキが作れた。フックも作り付けで設置したのでタープやハンモックが設置可能。季節のいい時はここでビールも飲めるし昼寝もできる。夏はビニールプールで水浴びも可(子供か?)。周りの目を気にしていいのは旗竿地のメリット。

<その他変化項目>
・トリプルガラスで結露回避
・床暖房で足がぬくぬく
・調光ライトで寝ながら灯り調整

思えば長い間前時代的な生活をしてきたもんだ(僕も同居人もこういうことには無頓着だったし)。さて、いいことばかり書いたけど逆に以前よりマイナスになる、もしくはかなわなかった望みも多々あるのでそれはまた次回。

※ただいまエアコン設置立ち合いの間に記事執筆中

| | コメント (0)

2019/11/30

ねこの足跡

191130
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

天気によっては入居後になるかもしれなかった駐車場の土間コンクリート打ち。午後から小雨にはなったものの肝心な施工中は雨ではなかったため無事終了。

同居人 「ねこの足跡とかあったらかわいいにね」
Shig  「この辺りで野良猫はほとんどみないしほんの数時間の固まる
     あいだにそんなにうまくねこなんて歩かないだろ」

と、まあ当日はそんな感じだったんですよね。でもって次の日、歩ける程度にまで固まった土間コンクリート部分を見てみると・・・・・

Ne2
Ne1

約13mある通路兼駐車場のコンクリート部分にしっかり「ねこの足跡」がw(それも往復)。残念ながら、そんなにしっかりついていなかったため泥を洗い落としたらかすかについている程度かも(写真ではまだ泥がついている状態です)。

しかし、まあそんなジャストタイミングでなんでねこは打ち立てのコンクリートを歩くのでしょうか?調べてみるとそんなケースは結構あるようで一説によるとコンクリートが固まってゆくときは熱を発するのでねこはそれをすばやく察知して歩きにくるとか(プレデターかよ)。

でも希望通りねこの足跡付駐車場になったので、我々としては全然OK!ということで!

| | コメント (2)

2019/11/28

旗竿地のドタバタ

191128
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

旗竿地(道に面していなくて奥まったところにある土地)にはメリットもあるが、イレギュラーならではのお困りごとも数多くある。

完成間近なわが家であるが、ギリギリまで内装の施工があるので道からの通路上のところ(ここが駐車スペースになるのだけど)の土間コンクリート作業は一番最後になる。旗竿地はここを塞ぐと中の土地に入れなくなからなのだけど、これが引き渡し日ギリギリになると今度は天気との勝負になる。

コンクリート工事は雨の日にはできない。さらに何とか歩いてもいい状態にまで固まるには最低1日の放置が必要。つまりコンクリート工事を朝にやったとして翌日までは家のあるスペースまで入れない。ここで引き渡し日まで雨が続いたなら・・・・・

・引き渡し後にコンクリート工事をしなければならない

・ところが引き渡しから引越しまでエアコン工事や事前搬入作業まで
 もう出入りの予定がはいっているので入口を塞ぐわけにはいかない

・引越し後やると今度は我々の生活に支障が(涙

最悪、引越し後コンクリート工事をするならその日は別なところに泊まるか1日家の中に籠城(雪隠詰め)することになるw。ま、こんなことは旗竿地(それも抜け道のない)に家なんか建てなければ知ることのなかったトラブルなんでこれはこれで楽しめばいいんじゃねぇかなと開き直ってはいる。

 

| | コメント (0)

2019/11/24

おウチの見学会

191124
RICOH GR

新居引き渡しまであと一週間を切りました。

私たちも今まで完成間近のおウチを工務店の方に案内されていろいろと参考にさせてもらっていたのですが、今度はこっちの番です。

昨日、今日の2日間私たちの家が見学対象になってこれからおウチを建てようかという人たちが見にくるわけです。

見学会をするかどうかは強制ではなく任意なのですが散々自分たちが見てきたので心情的には断りにくかったのもあるけど、ちょっと参考にしてもらうのであればそれはそれで嬉しいかな、と。

ただ、家を建てようという方にはお子さんなどがおられるケースが多く、ウチみたいに夫婦2人用に間取りされた家はちょっと部屋が足りないとは思いますけどね。お金をかけずにこだわったポイントは見て欲しいな。

 

| | コメント (0)

2019/11/14

まいはうすカウントダウン

191114
CONTAX T3
撮影:同居人

しばらくおウチネタは更新していませんでしたが、なんやかんやで引っ越しまで一ヵ月を切りました。

考えてみれば物心ついて自力での大きな引越しは今回が初めて。

・大学入学時自宅から京都の下宿へ引越し
   →持ってゆくものはほとんど手荷物。その他は現地調達

・入社時大学の下宿から会社の寮へ引越し
   →4畳半からなので衣類と布団くらい

・会社の寮から1Kのマンションへ
   →これもほぼ同じくらいの荷物

・1Kマンションから今の家へ
   →荷物は増えたけどそれでも段ボール数個

・単身赴任2回
   →これも最低限の服とか食器とか。その他生活用品は会社の
    経費で現地調達(なんとめぐまれた福利厚生)

と、いうわけできちんとした日常生活まるまま引越しというのは今回はほぼ最初というわけ。それにしてもなかなかモノが減らせない。メルカリにも結構出品したはずだけど所詮小ぶりなものばかり。あまり減らすと引越しの見積もりが確定したのに勿体ないことないとか考えたり・・・あ、あれ?

考えたら道なりで100mくらいしか離れていないところへの引越しなので、むしろがっつり引越し屋に頼まずにでかい家具以外自力でやるようにしてたら荷物減らすために処分が進んだかもじゃね?

うわぁぁぁ、もしかして引越し屋頼むの早まったかぁ?

| | コメント (0)