2019/10/30

ゲームオブスローンズ最終章

191030_edited1
RICOH GR

多分海外ドラマで一番ハマったであろう「ゲームオブスローンズ」最終章はすでにスターチャンネルにて4月に放映されていたのだけど、あまりの評判の悪さに契約してまで観る気が失せ、やっとこhuluにて配信したので早速観てみましたとさ。(かすかにネタバレあり)

Got01



で、ここで思いの丈をぶつけてみようかと思ったのだけど・・・・すげえ文章量になってなおかつまとまらない(涙。なんかどう書いても伝わらない気がしてこれはボツ。なので総評。

評判がそりゃあも世界的にボロクソ状態だったので相当酷いもの、と覚悟してみたら・・・・ああ、なるほどねとは思ったけど逆に冷静に観られる部分もあった。(こんなのは相対的なもので映画「ジョーカー」の時とは逆)

シーズン8まで8年かかって合計73話。壮大なこのドラマは「予定調和」をさんざんぶち壊してきてくれたのが醍醐味だった。まさかのタイミングでまさかのキャラが死ぬわ死ぬわ酷い目に合うわ、もういままでの常識が通用しないストーリー。ところが最終章ではまさかの「予定調和」、サプライズなし。もうすっかり拍子抜け。これが悪評のひとつの要素だろう。で、決定的問題は

お金がないので話、巻きました。なので最終章は6話ね!

なんという打ち切りドラマみたいな展開。途中までは冗長なくらい人間描写をしていたのになんで最後が駆け足なの?完全にやる気がなくなって寝ながら書いたとしか思えない脚本。いままでドラマチックな死に様をしてきたキャラ達に謝れレベルですわ。(いいシーンも沢山ありましたけどね)

これでゲームオブスローンズの話は終わってしまったけど今後も「最終章が残念な、それでもハイクオリティな冒険譚」として語り継がれるのだろうな。全体的には面白いので最終章まで揃ったので4周目の鑑賞に入ろうと思う。
なんだかんだあってもやっぱり「Game of Thrones」万歳!

 

| | コメント (2)

2019/08/05

ゼロ戦と戦艦大和 本来なら・・・

190805
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

いやね、本来なら懐かしい本がせっかく届いたので中身を紹介したかったんですがね・・・・

どうも古本あるあるですが、「ダニがいるようなんです(涙」

開けてパラパラめくっていたらいきなり身体がかゆくなりましてね。そりゃあもうすぐ閉じましたよ、こりゃマズいってね。

なんでじっくり読む前にダニを何とかしなきゃってことで庭に直射日光が当たる時間帯に天日干ししようかな、と。(最近は夕立もあるので気をつけなきゃいけない)

なので中身の紹介はいましばらくお待ちください。

(え?待ってない?)

Zorow



| | コメント (4)

2019/07/30

ゼロ戦と戦艦大和

190730
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

先日からメルカリを始め断捨離しつつある。でも本来処分のために始めたのだかついメルカリで「買ってしまう」という本末転倒な出来事が起きてしまった。

買ったのはこれである ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Zero
ゼロ戦と戦艦大和

表紙を見ておわかりかと思うがかなり古い本である。初版が昭和38年で、この本は昭和45年35版である。

何故これを買ってしまったかというと・・・・・

 ・僕の小学校時代のバイブルであり何度も読み返してボロボロになり
  大学で実家を離れた辺りでどこかに失くしてしまった本

 ・ふと思い出して買いなおそうと中古市場を調べたらヤフオクとかで
  高くて2万円あたりで取引されていたので泣く泣く断念

ノスタルジーだけでそこまでわなぁ、とずっと諦めていたところダメ元でメルカリで検索してみると

なんと¥1,500で出品されていたではないか!!!

すっかり初心の断捨離を忘れ速攻で購入。ひさびさの愛読書と再会できたのである。

                      つづく

| | コメント (0)

2019/02/07

さすぺりあ

190207
RICOH GR

先週末リメイク版の「サスペリア」を 観に行ってきた。正直、

S002

ん 〜〜〜、ん?

ってな感じ。「サスペリア」って「エクソシスト」「オーメン」と並んで当時の3大ホラーのひとつだったはずだけど、実はあまり覚えていない。印象的なキャッチコピーと音楽の割にストーリーはあやふや。

S001

早速一作目のレビューをネットで見てみたら・・・・・。意外に評価が低いw。僕も「ゾンビ」と「フェノミナ」の影響で良作と思い込んでいたようだ。

で、リメイク版の「サスペリア」、監督が違うから別映画ではあるのだけど雰囲気だけで中身スカスカのところだけ一緒というお話。
※その上、上映時間長すぎ(ホラーは90分が鉄則!)

| | コメント (2)

2018/09/09

16式機動戦闘車 一問一答

0909
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

Q、タイヤだとなんでいいの?

A、キャタピラの戦車だと基本的に前線までトレーラーで運ばないと
  遅いわ、舗装路は壊すわ、キャタピラも痛むわで効率が悪いんです。
  大砲を自走で時速100kmで移動できるメリットは大きいです。

  さらに重量がかなり軽くなるので空輸もできてしまうんです。


Q、120mm砲でなく105mm砲だと弱いでしょう?

A、確かに120mm砲の方が強いです。
  でも利点もあります。74式戦車と砲弾が共有できること。さらに
  車体全体の軽量化に貢献できる割に105mm砲の威力も弱くはあり
  ません。敵の上陸部隊に重戦車部隊があることは想定しにくいため
  むしろ状況的に十分と言えるでしょう。


Q、でも無理くり積めなかったの?

A、そりゃ無理くり積もうと思ったら積めます。でも車重やタイヤと
  いうこともあり実は威力はあっても命中度がかなり下がるのです。
  なのでそういう極端な組み合わせは実は世界でも例はありません。


Q、車体が戦闘車なので紙防御なのでは?

A、いやいや、これが実は侮れないんすよ。見た目は装甲車なんです
  が追加装甲がちゃっかりされているもんなんで下手すりゃ74式よ
  り頑丈なんじゃないか、とも言われてるんです。


Q、今後はどう使われるの?

A、戦車は戦車で進化しているので決して戦車の代わりにはなりません。
  でも今後退役してゆく74式の代替えにはなりうる上に現代戦闘に
  適した最新技術の上位互換ともいえるのです。
  今や単体兵器同士の戦いではなく陸海空の連携による戦いの中では
  決して外せないキーとなる車両なわけです。

※ミリタリー専門ブログではないのでゆるくまとめてみました

1616

 

| | コメント (0)

2018/09/01

16(ひとろく)式機動戦闘車 その2

0901
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

16(ひとろく)式機動戦闘車 の公開走行は過去もあったらしいけど、射撃も含んだ公開は今年の総火演が初めてだったらしい。さて

海と空で防衛に失敗し上陸された時点でもう守ることは難しい

という理由で「日本国内に戦車なんていらないんじゃない?」ということをたまに聞く。ある意味正しくてある意味間違っている。

上陸されるかされないかは大きな違いではあるけど、相手国に戦車がある場合、上陸しやすい軽火器部隊だけではかなり不利。と、なると侵略側も

ほなら、こっちも対抗してでかい戦車や大砲も積まなあかんのちゃう?
かなんなぁ、めっちゃ大変やん!

となる。攻める側の負担を増やして、結果的に抑止力とするというのも戦略なのである。
なので自衛隊の兵器は日本を守るために設計され配備されているわけです。重戦車である90式は北海道にしか配備されていなし、74式から受け継がれてきている油圧式車懸架装置も日本の地形に対応したものだ。

               もうちょっとつづきます

 

| | コメント (0)

2018/08/27

16(ひとろく)式機動戦闘車

0827
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

10(ひろまる)式戦車のスラローム射撃、素晴らしかったです。

90式戦車の迫力、まだまだ現役戦車です。

しかし、僕が今回一番衝撃を受けたのが・・・

Plt17021710140002p1
16(ひとろく)式機動戦闘車

最初はタイヤ式に旧式の74式に搭載されている105mmライフル砲って戦車なん?機動戦闘車なん?中途半端ちゃうのん・・・てな評価だった。

でも実走、射撃は初公開という今回の総火演でのパフォーマンスを見て、

これぞ日本国防衛の必須ウェポンだと確信

デメリットは当然ある。万能ではないだろう。でも敵国が日本の領土の上陸してくる事を想定した場合陸海空総合で守りぬくためには欠かせない要素だ。

まずは機動力。時速100kmの走行性能、さらにそこからの急制動のパフォーマンス日本の舗装道路に適した8輪のコンバットタイヤ。素早い展開は戦車とは比較にならない。

        まだまだ熱く語ります つづく

| | コメント (3)

2018/08/25

総火演 その1

0825
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

仕事での東京出張を1日延長して翌日「富士総合火力演習」に行ってまいりました。(あくまでメインはお仕事ですよ)

以前から行きたかったんだけど日曜日にやる一般の部は抽選競争率28倍の超難関。コネがきく演習研修(中身は一緒)の方は平日開催ということでサラリーマンには厳しい日程。

で、今回予定が自由に組めるフリーランスになったおかげでやっと行く事ができたわけです。で、どうだったかというと・・・・

そりゃもう生は凄いですよ、生は!

見よ!このマズルフラッシュ!

10
iPhone
撮影:Shig弟

過去これに近い感覚でいうと映画館の爆音量でやっていたマジもんタイガー戦車映画の「フューリー」の上映。これも映画館でとんでもない音だったのだけど、目の前で実弾を撃つ総火演とは天と地の差。

音もそうだけど衝撃波と熱風がダイレクトに体感できる。さらに弾着のタイミングとさらに遅れてくる弾着音。こればかりは言葉では本当に説明できない迫力。

戦車の120mmでこんなんだから大和の46センチ砲撃つ時乗務員が船内に避難するのも頷けるわぁ。

実は見所は10式や90式の戦車だけでなくいろいろあったのだけどこれはまた追々・・・

| | コメント (4)

2018/08/21

富士総合火力演習研修

0821
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

フリーランスになって直近の恩恵は

ワールドカップが好きなだけ自分のペースで観ることができた

という事。普段の生活では空いた平日の昼間に映画も観られることだけど、今回のやつも会社勤めだとなかなか行く事ができなかったやつ

Karyoku
富士総合火力演習

ポスターのは日曜日にやる一般の部なんだけど僕が行くのは23日(木)にやる招待制の「富士火力演習研修」という方。ま、中身を同じなんだけどね。

東京出張のついでにこれに行ってくるつもり。生の迫力を体感してくるぞ 〜。(ヒトマルのスラローム射撃も観られるかな?)

※最大の心配は台風の進路かな

 

| | コメント (2)

2018/07/24

ゴジラ: King of the Monsters

0723
Leica MP + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

ハリウッド版ゴジラの新作トレーラーが公開された。



ゴジラがどんな形であれハリウッドで映画化されても別物として許容してきたんだけど、なんか「キングギドラ」と「モスラ」は触れてはならんところを冒涜された気がしてどうにも我慢ならんわ。

何なんだろうこの気持ちは・・・・まあ、「ガメラ」がハリウッドで映画化されたらもっと暴れくうるだろうが。


| | コメント (3)

より以前の記事一覧