2016/09/16

一線を越えてしまった

0916
Zeiss Ikon + HEXANON 60mm F1.2
※撮影:同居人

現在フィルムカメラとデジタルカメラの使用率は

フィルム3:デジタル7

くらいである。当然フォーマットや処理が違うのだけど、こと撮影時でいうとフィルムの出し入れとか手動巻き上げとか撮影までの周辺の動作の差くらいである。

ところが今日、退院後初の検査のために病院に行ってその周辺をたまたま少しフィルムの残っていたフィルムカメラの「RICOH GR1v」を持ち出して撮影したところ

画角を決めるのに背面を見てしまった

一眼レフ、レンジファインダーカメラは撮影時の行動は変わらないけどここ数年コンパクトカメラといえばデジタル版のGRばかりだったのでついデジタル撮影の手法が体に染み付いてしまっていたのだ。

別に反デジタルではないが、以前は当たり前のようにコンパクトカメラでもファインダーを覗いていたことを考えるとちょっと悲しいものを感じてしまったのだ。

僕のデジタルライカではライブビューはできない。でも今後新モデルに変更した場合、便利と言われる背面液晶撮影が体に染み付いてしまうのだろうか。

撮影スタイルは時代とともに変化し選択肢も増えるのだろうけど、趣味としてカメラを扱う限り越えてはいけない一線があるように思う。

コンパクトカメラはノーファインダー撮影の進化として背面液晶使用はギリ許容範囲だけど、レンジファインダーカメラの撮影は趣味性も含めてファインダー撮影にこだわりたい。

少なくとも2016年この時点ではそういう気持ちである。

| | コメント (2)

2015/09/24

ろーらいふれっくす

150924

そもそもローライフレックスが欲しいと騒いでいたわりに同居人はローライの中身に関してはほぼ知識はない。単に

可愛い二眼レフのカメラで写真を撮ってみたい

というイメージからくるもの。

Shig  「二眼レフやったらウチにリコーフレックスあるやん。」
同居人 「真似して作ったんはいやや!ローライでないとや!」
      ※超失礼発言

Shig  「ローライコードだったらお手軽な値段であるよ」
同居人 「廉価版はいやや!本家ローライフレックスでないとや!」
      ※超失礼発言

で、結局TTL露出計こそついていないけどクラシカルで綺麗なRolleiflex 3.5F Planar 75mmがウチにやってまいりました。同居人は今、卒業制作にいっぱいいっぱいなので、当面まずは僕が慣れるということでいろいろと試し撮りをしております。

お作法自体はハッセルよりシンプルなのでネットでちょっと調べるだけでだいたいのところは把握。巻き上げクランクを元の位置に戻さないとシャッターが切れないのは知らなかったのでちょっと焦ったけどw

まあ、なんといっても同じ中判のハッセルとの一番の違いはシャッター感覚だろう。もはや大砲とゴム鉄砲ほど違う。最初は「え?今、シャッター落ちた?壊れてない?」ってなくらい静かで抵抗感もない。リコーフレックスも「シャッ」って感じで静かだけど、ローライフレックスはさらに静か。まだ現像から上がってきてないので写りがどうだとかは言えないけど、

そりゃあ、ローライファンが多いのはわかるわ

という個性だ。二眼レフの中でも色気も高級感もある佇まいだし、写真を撮る行為自体を楽しめるカメラだと思う。現に街角で複数の若い女性に「わぁ、かわいいカメラ!」と言われたし・・・・

同居人 「ハッセルやと、声かけてくるのっておっさんばっかしや!」

ローライ、ローライゆーてたのはそれが原因か?

 

| | コメント (2)

2015/09/23

Rolleiflex 3.5F Planar 75mm

Rf

我が家に新しいカメラが来てからかれこれ随分と経つ。一番最近に買ったカメラでもGR Limited Editionだ。これが銀塩カメラまで遡ると・・・・・

2011年の Leica M7、その前がなんと2008年の ハッセルブラッド

随分前だな~とは思うけど、理由は結構明確だったりする欲しいなと思う銀塩カメラは2005年から2008年までにほぼ手に入れてしまっていて、M7においては酔った勢いでのヤフオク落札というオプション扱い。

レンズはともかくカメラ本体って余程写真機そのもののマニアでない限り用途や気になる個性のものが揃ってしまうとほぼそこで打ち止め。僕の場合単に写真機マニアではなかったというだけのこと。

ところがそこそこ揃っている中で唯一同居人が

「なあなあ、なんでこれだけ買わへんの?」
「サンタさんが靴下にコレ入れてくれたら嬉しいのにな」
「欲しい!欲しい!撮りたい!撮りたい!」

ずっとこう言い続けてきたカメラがあRolleiflex 。僕個人としては彼女ほど絶対欲しいとは思わなかったのでなんやかやとスルーしてきていたのだけど、どうもこういう主張はウチの中だけでなくいろんなところで言っていたらしく、同居人の写真仲間のおひとりから

もしよかったらコレ譲りますけど?

と、急に話が進み始め4年ぶりに我が家に新しいカメラが来たわけです。

                                 つづく

| | コメント (0)

2015/09/15

電池いまさら

150915
RICOH GR

過去も何度か撮影現場にて電池交換のキャップを外すのに手こずったことはあったのだけど、今回はもう何をやっても開かない。
※ゴム手袋でチャレンジしたりとか

M7

結局京都祇園のライカショップに持ち込むことに。で、まあそこはそれ、さすがにこういうケースはままあるのかあっという間に開けてもらったのだけど・・・

LR44を使われているようですが、アルカリ電池では露出が不安定なので当店ではリチウム電池を推奨してます。

とのこと。おりょっ?CR1-3NはてっきりM7用だと思っていたのにM6~MPの代からライカ正規店はCR1-3N推奨だったのかな?今まで不安定な露出で撮り続けていたのか?

まあM7用にCR1-3Nは大量に購入しているのでいいんだけどね。

 

| | コメント (0)

2014/11/16

電池が・・・

141116
Leica M7 + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

M7とMP、どちらも好きなカメラだけど海外では速写性を重視してM7の方の出番が多い。

ベトナムに向けてもう一度手に馴染ませようと最近ではM7の出番が多いのだけど久々に電池切れ。あー、やれやれと替えの電池を入れようとしたら・・・・ない。


げげげぇぇぇ。こいつの「CR1/3N」って電池、そこらへんでは売ってないんだよなぁ。買いだめしておいたと思ったのだけどなんかかんやで使い切ってしまっていた模様。

気がつくのがぎりぎりでなくてマジよかった・・・・

| | コメント (2)

2014/09/06

SIGMA dp2 Quattro 実機確認

1496
SIGMA DP1 Merrill

ひさびさにヨドバシカメラに行く機会があったので「SIGMA dp2 Quattro 」の実機に触ってきた。

Sigma

何と言ってもこの秀逸なデザイン、今更ながらに初対面です。

− でかっ!!!

 

− 持ちにくっ!!!!

 

− バランスわるっ!!!!

 

− でもデザインはめっちゃかっこいい!!!!!

ある意味想像通りでした。これで持ちやすく軽かったらお持ち帰りしていたかもしれませんが、さすがに観賞用として買うわけにはいかずその場を離れました。

SIGMAは先日の記事のマツダ同様、今のポジションを最大限に利用してチャレンジを続けてもらいたいものです。

| | コメント (2)

2014/06/23

SIGMA dp2 Quattro その2

20140623
SIGMA DP1 Merrill

SIGMA dp2 Quattroの昨日の記事に沢山のコメントありがとうございました。

今回のSIGMA dp2 Quattro、上からみたデザインはこんな感じ

005

変な形だけでなくレンズ部分以外はかなり薄い!こんなに薄くできるんならmerrillももっと薄くできたんじゃ?初代とほぼ同じデザインで作った時すでにこのデザインは決定してたんじゃないんだろうかと勘ぐってしまいます。さて、デザイン的にも性能的にも申し分ないこのカメラ、「買うか?」となると・・・・

しばらく様子見です

確かにカリっとした描写も魅力的なのですが、僕自身そういったカリカリ写真を追い求めているか?というとそうではない。今のところポジ調もいい感じのRICOH GRを押しのけてのポジショニングはなさそうです。

でも、もしmerrillの時みたいなキャッシュバックキャンペーンなんかがあったら・・・・わかりません

001_s

| | コメント (5)

2014/06/22

SIGMA dp2 Quattro

20140622
SIGMA DP1 Merrill

SIGMAからDP Merrillシリーズの後継機が発表された。

002_s
SIGMA dp2 Quattro

今回は28mm換算のDP1ではなく45mm相当のDP2での発表だ。見ての通りデザインは斬新で非常に魅力的。もともとレンズが出っ張っているDPシリーズは純粋なコンパクトカメラではなくあくまで小さめのサブカメラとしての位置づけなので今回のデザインも悪い評価はなされないだろう。

いくつかのサイトですでに作例が乗っているが、まさにSIGMA Foveonの正常進化であり、それはもうパッキリクッキリえげつない描写力である。金属の光沢や質感を撮らせたら他のカメラは太刀打ちできないだろう。

004_s

さて、このDPシリーズでの最大の課題点であるバッテリーの持ちであるが、今回は新設計のバッテリーでこのようなアナウンスがされている。

013_s

バッテリーはBP-31(3.6V・1250mAh)からよりハイパワーなBP-51(7.2V・1200mAh)となった。フル充電からの撮影可能枚数は約200枚としている。DP2 Merrillの撮影可能枚数は約97枚。

ここで気になるのが「DP2 Merrillの撮影可能枚数は約97枚」という記述。確かに超省エネで撮影すれば97枚いけるかもしれない。でも実際のところ電源を入れっぱなしで持ち歩くともちろんこんなには撮れない(車のメーカー燃費みたいなもん)。実際はこの40%程度であろう。と、なると「dp2 Quattro」の実質撮影枚数は80枚くらいか。普通のカメラには到底比べようもないけどそれでも

結構マシになったじゃん。十分実用的や

と、思った貴方、すでにやられてますw さあて、このカメラどうしましょうか・・・

| | コメント (5)

2014/04/03

RICOH GR インプレッション

20140403
RICOH GR

<GR インプレッション>

Limited Editionなのでグリップがつるつる

えっと、以上です。写り?そりゃセンサーがでかくなっているので「今までよりは綺麗かな?」くらいでいまさら驚くほどじゃござんせん。

と、いうのも元々画質がどうの、って使い方するカメラじゃないと思っているので。

フィルム時代から数えて6台目、デジタルになっても3台目ともなれば新鮮味は皆無。品物が届いてから箱を開けるまで3日、写すまでに2週間弱という空気状態・・・・

でもやっぱり1台あるといいんだよなぁ

 

Gr

| | コメント (2)

2014/03/24

RICOH GR Limited Edition

20140324
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

カメラ、レンズを合わせて実に1年半ぶりの物欲になります。

Bod_img_02
「RICOH GR Limited Edition」

実はこのGR、去年の暮れにこのモデルが出たときに買いかけてはいたのですがそのタイミングで車の買い替えが発生してしまいお流れに。そのまま放置されていたところに急なアメリカ出張の話が。

基本的に仕事なので撮影は限定的なんですが、仕事とはいえ報告のための撮影もしなきゃならない・・・・そうなりゃiPhoneだけじゃ物足りない。と、するとコンパクトデジカメ・・・・DP1か?中途にでかいしバッテリーは持たないし暗いところが弱い・・・・・・

まあ、そんな感じでサイトを覗いてみるとなんとまだLimited Editionがあるじゃないですか。
※限定5000台でまだあること自体ホワイトモデル同様どうかと思うけど

これでいままでのGRは

フィルム
GR1v (ブラック)
GR1v (シルバー)
GR10

デジタル
GRD Ⅰ
GRD Ⅲ
GR

実に6台目、デジタルはきれいに一世代飛ばしで買っていることに。まあこれも縁とタイミングなんでしょうねぇ。

Img_0021_s

 

| | コメント (3)

より以前の記事一覧