« 2018年4月 | トップページ

2018/05/17

キーボード 序その2

0517_edited1
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

キーボードの価値観はひとそれぞれだが

普通の人は付属されたものをそのまま使うし、よほど使いにくいとか、壊れたというのでなければ別体のキーボードを買うことはあまりないだろう。

対してPCを自作する人は当然ながら中身に対してスペック厨だし、文字打ち系からゲーム系までキーボードに対してもこだわりのある人の比率はぐっと上がる。
※ちなみに僕は自作はしないけど

この「別体キーボード」が意外に曲者で、例えばゲーミングキーボードなんか安いものは3000円くらいからあるけど、機能詰め詰め&電飾派手派手で20万円クラスまである。これを高いと思うか普通と思うか・・・・自分にとっては「適価」でも興味のない人から見ると「法外な値段」というもの、皆さん自分の趣味で同じ感覚を味わったことがあるはず。

ただ、キーボードに関しては趣味というより実用面が強いため、「好きなんだから放っておいて」と甘えるつもりはない。僕なりにコストパフォーマンスを示してゆきたいと思う。

| | コメント (0)

2018/05/15

キーボード 序その1

0515
RICOH GR
※ちなみにこの㊇で場所を特定できた人は相当マニアw

個別のキーボードをあれこれイジル前にキーボード流浪の旅からの僕なりの見解から述べてみたい。

<すべての欲求を満たす究極のキーボードは存在しない>
これはPCや自転車、カメラなんかでも一緒なんだけど、どんなにいい個体でもシチュエーションというものが存在する限りすべてを賄うことは基本的に無理である。純粋にある機能を特化させると何かしらトレードオフが起きるし起こさないようにすると中途半端になる。

前回の写真にもたくさんキーボードが写っていたけど仕方なく付いてくる純正のもの以外はどれもある機能に特化したものである。
 ・哀愁溢れるメカニカル
 ・Bluetoothによるコードレス
 ・持ち運べてさらに打ちやすいもの
 ・気持ちいい打感特化
 ・iPhoneとの連携重視
 ・テンキーの必要性
              等々

機能で絞り込むことはできても、「打感」に関しては個人差が激しい。さらにテキストを打つのかプログラムを打つのかによってもこだわりは変わるだろう。

なので今後の記事はあくまで「僕にとって」という条件付きなのでそこは割り切ってもらいたい。

つづく

| | コメント (0)

2018/05/13

ノマドワーカーのキーボード選び その1

0513
RICOH GR

ノマドといっても4分の1くらいは自宅での仕事になります。むしろ外部で仕事するより移動時間がいらないので早朝だろうが深夜だろうが集中できる好きなタイミングで仕事ができるということでは最適な場所です。
※コワーキングSも別な要素で集中できるのでケースバイケースですが

外での仕事は基本ノートPC。でも家でのデスクトップは「大きい画面」と「打ちやすいキーボード」でこれまた効率は上がります。

その中で「キーボード」というのは入力デバイスとして非常に重要なファクターなのでこれひとつで仕事効率は全然違います。あれこれ試していると気がついたら家にはこれくらいのキーボードが・・・・・。


Kkbb


まあ、理想のキーボードにたどり着くにはこれくらいは当たり前なんでしょうけど、いかにして最高のキーボードにたどり着いたかぼちぼちとお話しすることにいたします。

つづく


| | コメント (0)

2018/05/08

壹燈舎「写真の学校」修了展

0509
CANON EOS 7 + CANON EF28-135mm F3.5-5.6 IS USM
撮影:同居人

またまた同居人のグループ展、展示です。

今日の写真は同居人が展示する写真でDMにも使われています。
これ見たら小さい子なんかひきつけ起こしそうなんですけど・・・・・
ちなみにクラスは「2、photoshop講座(初級、中級)は、中野クラス」だったそうな。


<ギャラリーからの案内>

壹燈舎「写真の学校」修了展
開催:2018年5月8日(火)~5月13日(日) 

2017年に開講しました、壹燈舎主催「写真学校」三クラスの合同修了展を開催いたします。
写真の学校は、自分の気持ちをより素直に表現するには?っと、それぞれのコースに分かれて学んでいます。 三つのクラスの内容は

1、世界の写真家の作品と写真の歴史を学ぶ、米戸クラス 
2、photoshop講座(初級、中級)は、中野クラス 
3、プロカメラマン宇野真由子と一緒に学ぶ、写真作品制作
  のための表現研究講座クラス

それぞれのクラスで、6ヶ月にわたる学校を無事に修了されました方々による展示です。

Photo Gallery 壹燈舎 (ittosha)

〒542-0081
大阪市中央区南船場2-6-21 グラン・ビルド心斎橋301号
Tel/Fax : 06-6121-6202 E-mail : ittosha@opal.ocn.ne.jp
http://ittosha.server-shared.com/
営業時間 : 12:00~19:00 (最終日は18:00まで) 月曜日は休廊

当ビルの1階にあるタイ料理レストランを目印にお越しください。

| | コメント (0)

2018/05/06

絶対的真理への挑戦

0506
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

同条件の二択の場合多少偏っても最終的には五分五分になるのは確率論の常識である。
だが、どうも僕の場合

USBを適当に指そうとするとだいたい逆の場合が異常に多いのではないか?

という疑問を数年間持ち続けていた。こういう「いつも運が悪いよね」という現象は印象論になりがちで悪い結果は印象に残るが、うまくいった時は印象に残らないためと言われている。でもどうしてもUSBの場合は印象だけではないと感じるのだ。

そこで!4月初旬から必ずこの結果を覚えるようにしている。いつもメモを取れる状態とはいかないのでこのブログを備忘録として場としたい。そして泣き寝入りはしない!
※そしてプライドにかけてインチキはしない

今日、現在USB差し込み割合は

  成功3 : 失敗14

である。今のところ印象と実績は一致している。これは絶対的真理との闘いでもある。

| | コメント (4)

2018/05/03

ゴールデンウィークはすでに消失していた

0503
Leica M7+HEXANON 60mm F1.2
撮影:同居人

独立開業するとよく曜日がわからなくなると言われるが仕事の仕方にもよるけど、ある意味正しくてある意味違うところもある。

少なくとも周りの企業がほぼ周期的に稼働しない土日に関しては相対的に平日とは区別され認識される。だがしかし!

祝日がわからなくなる。平日なのに休みという感覚は消失するのである。カレンダーをちゃんとチェックしないと正直忘れる。サラリーマン時代は逆に祝日を指折り数えて待っていたり年初に連休を確認したりしてたのに。

でも、これは今年が初めてではない。去年のこの時期とある百貨店本社で働いていたので「原則祝日は休みでない」という規則のため実は去年もGWは平常運転、連休などではなかったのだ。

まさかこんな形で今年もGWが消失するとはあの時は思いもしなかったのだけどw。

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ