« 2017年12月 | トップページ

2018/01/21

猫が教えてくれたこと

Scan1105170031
Leica MP + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)
2011年イスタンブールでの撮影分

今までは同居人と映画に行くのは2年に一度くらいでしたが今回は4週連続の3週目です。

「猫が教えてくれたこと」

Nekooshie

いやあ、猫好きのトルコ推しなら行くしかないでしょ。あれだけの都市であの猫率の高さ、やはり住民と猫との間には他に例をみない特別な関係があります。
映画の方もドキュメンタリーとしても非常に良い出来。単に猫がかわいいとかとは違う深さで楽しめます。猫好き必見かと。

治安が以前のようによかったらマジで移住するんだけどな・・・・

| | コメント (0)

2018/01/17

キングスマン ゴールデンサークル  小ネタ

0127
contax T3
撮影:同居人 (レタッチ習作)

キングスマンに関しては登場する小物もイキなものが多い。特徴的なメガネも「Cutler and Gross」というマニアックなものだし、イギリスの象徴としての靴やスーツ、帽子などに対抗してアメリカの象徴はナイキでありマクドナルド、ダイナー、F22。ここであえてエグジーがアディダスのスウェットを着ていたのはこれは皮肉をこめての意図的なもの。

2作目でも基本的にこの方向を維持していたのだけど、今回「キングスマン」も「ステイツマン」も使用している時計は

Co
キングスマン TAG Heuer コネクテッド

Mo
ステイツマン TAG Heuer モナコキャリバー11

スイス時計じゃん!(今はLVMH傘下ではあるが)

本来ならキングスマンはイギリス製、ステイツマンはアメリカ製の時計くらいこだわって欲しかったなぁ。まあスポンサーの関係ですわな。

ところで今回掲載した写真、ネットの拾い物じゃないです。実はどちらもこのブログでさんざ記事にして結局「買わないよ」と結論づけたはずなのに・・・・・実はその後どちらも買っちゃってます、はいw

Km003

 

| | コメント (4)

2018/01/14

キングスマン ゴールデンサークル

0114001_edited1
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

先週に引き続き「キングスマン ゴールデンサークル」を観て参りました。

Km01

一作目は劇場で超お気に入りになり、当時日本でのBDの発売が未決定だったためイタリアアマゾンから取り寄せるという入れ込み度合いでありました。しかして第二作目は・・・・もうポスターでも出ているのでお判りでしょうが

ハリー、おかえりなさい記念作品

となっております。一作目はエグジーの成長とキングスマンの紹介、ハリーのダンディーさ、そして事件展開のサプライズとカタルシス。美味しい要素をテンポ良くぎゅっとまとめていたので映画カテゴリーはB級映画かもしれないけど作品としては僕の中のベスト10に入ります。

二作目が難しいのは仕方ないですよね。一作目で美味しい要素を詰め込んだものだから今回は無理くりにでもハリーを復帰させることのみがベースで後のお話は劣化007。思わず「脚本家変えたんか?」という感じ。

僕的にはファンなのでディスりはしないけど少なくとも今回はイタリアからBD取り寄せるまではないかな(WOWOWで放送されたら録画するくらいと思っていただければどの程度かおわかりかと)

| | コメント (0)

2018/01/13

オリエント急行

0113
RICOH GR
撮影:同居人 (レタッチ習作)

いわずと知れたミステリーの古典傑作の映画リメイクである。

000

数多くリメイクされてきているけど、原作に忠実に再現されているとすると見所が非常に限られるような気がする。似たような例だと「犬神家の一族」があるがこちらは主人公から監督まで一緒。もう展開から犯人までわかってみるリメイクである。安定してストーリーなので力のいれ方がちょっといびつで

どーせ筋書きは全部知ってるんでしょ

と、いう開き直りか肝心のミステリー解読につながる尋問なんかえらいちゃちゃっと済ませていいる。ま、正直俳優の豪華さと最新CGによる映像くらいしか印象に残らなかった。悪くはないんですけどね。

| | コメント (0)

2018/01/09

久々の映画館通い

0109
RICOH GR

同居人は映画マニアだけど基本的にロードショウ系は観ない。なのでマニアックな小映画館がメインだ。

ただ、最近ロードショウ系でも一緒に観に行くことが続いている。これら例外の傾向は

・若いころ観てこだわりのある(中には惰性も)映画の続編
・気に入った俳優が出演していて作品が破たんしていない
・本来小映画館で上映するような映画がたまたまシネコンで演っていた

まあ、こんな感じだ。で、最近はこれらにあたる作品が

「ブレードランナー2049」
  →1作目がお気に入りのため(同居人)

「オリエント急行殺人事件」
  →俳優が豪華(同居人)

「キングスマン: ゴールデン・サークル」
  →コリン・ファースが出てる

「スターウォーズ 最後のジェダイ」
  →ここまで観たので仕方なく

「猫が教えてくれたこと」
  →トルコが舞台だから

現在順々に観ていって来週はキングスマン。こういう時歩いて10分のところにシネコンがあるのは重宝するわい。

| | コメント (0)

2018/01/06

新年初観劇「ガールズ&パンツァー 最終章」 

0106
RICOH GR

今年初の映画は「ガールズ&パンツァー 最終章 第1話」 。最初に『これが本当のアンツィオ戦です!』を観に行った時はちょっと恥ずかしかったけど、その後『ガールズ&パンツァー 劇場版』を観てからはもうすでに慣れっこにw

667788

今回は大学時代のメンバーで行ったのだけど中には20年ぶりの後輩も。趣味が変わらないといつになっても再会できるもんだ(趣味は萌えの方ではなくミリタリーの方っすよ)。

この映画の醍醐味は単にマニアックな戦車が出てくるだけではなく各所に散りばめられた細かいネタ。これを後から探すのがまた楽しい。

例えば以下のシーン、学校新聞の号外の裏面にある求人コーナーの一文の一部

Kyu

ルーデルスツーカのフライドチキン大洗女子学園艦店 チキンをシメてくれる人募集。急降下爆撃のできる方歓迎

どこまで笑えるかは貴方次第!

| | コメント (2)

2018/01/03

年末年始恒例自分写真 年始編

明けましておめでとうございます。

3日よりブログ再開でございます。

年末に引き続き去年の私の写真からスタートです。

本年も引き続きよろしくお願いいたします。

12310004

12310003

0103001

0103002r

12310008

0103004

| | コメント (4)

« 2017年12月 | トップページ