« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013/10/30

ジレンマ

20131030
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

同居人がこの商品を見て激しいジレンマに陥っている

20131030_223527

20131030_223543

SOU・SOU × LUMIX

→ズームのついたコンパクトデジカメなんて一生持つ気はなかった
→だいたい仮にあったとしても使うイメージがまったく浮かばない

→sousouの大ファン
→プロダクトとしては超魅力的(全部欲しいくらい)
→諦めのつかない価格帯

ネット限定発売で値引きキャンペーンも明日まで!さあ、時間がないぞっ!どうする>同居人

※横で頭を抱えて悩んでおります

| | コメント (2)

2013/10/29

情報源

 

20131029_1_2

Leica M7 + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

夕飯を食べながら日本シリーズ「楽天VS巨人」でのまー君の完璧なピッチングをみた同居人。

同居人 「こんなんなら毎日投げたらえーのに。高校野球なんか毎日投げとるやん」

Shig  「いやいや、確かに高校野球や昔の稲尾とかは毎日投げてるけど現代プロ野球
      では連投はありえないし・・・・」

同居人 「でも肩をアイシングしたらええやん」

Shig  「なんや、そのピンポイントなマニアックな返しは」

同居人 「んとね、猫ピッチャーでやっとった」

ねこぴっちゃーあ????情報の仕入れ先があまりに斜め上すぎ・・・・・・・・

Neko
猫ピッチャー@読売新聞

 

 

 

| | コメント (0)

2013/10/28

壹燈舎企画公募展「モノクロ写真展」

20131028
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

明日から開催される壹燈舎企画公募展「モノクロ写真展」に同居人の写真がまた展示されます。
2013年10月29日(火)~11月3日(日)

今回は写真展の紹介写真であるコレ

Mono2013_2

同居人の作品です。

今年はこれが最後の展示かな?結局今年同居人が写真展に出品したのは9回。競っていた僕のビリヤードの試合(常連会除く)が9回。おお奇しくも同点w
※まあ競ってもあまり意味はありませんが

もし近くを通りかかりお時間があれば是非!

お問い合わせ
Photo Gallery 壹燈舎 (ittosha)

〒542-0081
大阪市中央区南船場2-6-21 グラン・ビルド心斎橋301号
Tel/Fax : 06-6121-6202 E-mail : ittosha@opal.ocn.ne.jp
http://www12.ocn.ne.jp/~ittosha/index.html
営業時間 : 12:00~19:00 (最終日は18:00まで) 月曜日は休廊

| | コメント (2)

2013/10/27

何が欲しい?

20131027
Leica M7 + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

そろそろ同居人の誕生日なので何か欲しいものがあるか一応聞いてみた。

同居人 「んとね、印画紙!イルフォードのウォームトーン!!」

すげー直球なのね・・・・・

| | コメント (0)

2013/10/26

ズムウォルト級駆逐艦

20131026
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

ズムウォルト級駆逐艦が間もなく進水するようです。

Zu001

見た目で分かるようにステルス性が高い艦船です。スペック面で驚いたのは主砲の口径155ミリの艦砲。なんと射程が160キロとのこと。さらにこの砲弾はGPSで誘導されるとか。
※ここは是非大鑑巨砲主義が復活し護衛艦大和の建造希望

ま、それはさておき問題はこのデザイン。

Zu002

ステルス機能を持つためには仕方のないデザインなんだろうけど航空機がそれなりに上手くまとめているのになんか凄く安直なステルスデザインにしか見えない(折り紙でも再現できそう)。

本来戦う船は戦艦扶桑のように禍々しくなけりゃあかんでしょ

Fu002

Fu001
※改装に次ぐ改装で場末の温泉旅館のような艦橋が特徴的

でもこんな「扶桑」も艦コレではこんなに可愛い

Fu003

ちなみにまだ、艦コレに参加できておりません(涙。


| | コメント (2)

2013/10/25

GR Limited Edition その2

20131025_1
Leica M7 + RICOH GR21 f3.5

RICOH GRのフィルム版は僕をデジタルからフィルム中心にシフトさせたエポックメイキングなカメラである。(いまでもブラックとシルバーのGR1vは元気)

GRデジタルが出たときは速攻で予約して発売日に買ったし、その変わらぬ操作性の良さと携帯性でデジタルコンパクトとしてかなり活躍してくれた。

ところが・・・・・・・正直言ってGRデジタルの絵は僕好みじゃなかった。色合いもそうなんだけど、やはりコンパクトデジカメ特有の奥行のない平面的な表現力は当時のセンサーとエンジンの限界を感じることに。

それでもGRの素養には惹かれるものがあって、新型が出るたびに注目はしてきた。結果

GR digital       即買い
GR digital Ⅱ     スキップ
GR digital Ⅲ     発売1年後購入 (今の所有者は同居人)
GR digital Ⅳ     スキップ
GR            保留
GR Limited Editio  悩み中 ← イマココ

奇数世代の購入とすれば「買い」なのだがすんなり購入といかない理由がコレ

Dp1
SIGMA DP1 merrill

同じ28㎜コンパクトデジカメで気に入りまくりのカメラがすでにあるという事実。ただ、細かいところの違いはいくつもある。

・コンパクトカメラのカテゴリーとはいえDP1はやはり大き目で重い。
 腰の悪い僕だと「とりあえず鞄に放り込んでおく」のは躊躇してしまう
・バッテリーの持ちが悪く撮影前には複数バッテリーの充電が必須
・反応性は相変わらずなのでとっさのスナップには超不向き
・ソフトの重さも相まって現像が面倒。丁寧に扱わないとサイズ変更で
 ジャギーの出てしまうデリケートさ

悩んではいるもののこんだけありゃ購入の言い訳には十分か?w

どうしようか悩むのも久々なのでもうしばらくこの幸せな時間を楽しむことにします・・・・・・・・

Gr

| | コメント (3)

2013/10/24

GR Limited Edition その1

20131024
Leica M9-P + RICOH GR21 f3.5

今年はカメラやレンズを一切購入しなかったしカメラ趣味の物欲もこれまでかな(今年は)・・・と思われた矢先、悩ましいものが出てきました。

Bod_bg_01

全開のⅣで懲りたのかさすがにホワイトバージョンで出してはこなかった。が、このセンスで出てくるとはちょっと想定外。価格も周辺備品と合わせると法外でもない(高いけど)
悩ましいのは僕だけではないと思う。特に今回のGRを楽しみにしていた人達はすでに発売時に購入しているだろうから

なんで今回はこの時期なんだ?(前回Ⅳ時のホワイトは同時)

と思っている人も多いと思う。これがペースが落ちた1年後ならともかく発売から半年後の年末商戦に投入。やるなー>RICOH

                           つづく

| | コメント (5)

2013/10/23

Ju87 シュトゥーカ

20131023_2
Leica M7 + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

僕の好きな飛行機のひとつに「ユンカース Ju87 シュトゥーカ」という飛行機がある。これは先日紹介したA-10は鬼神パイロット「ハンス・ウルリッヒ・ルーデル」つながりでもあったりする。

Ju002

Ju001

実はかつてロンドンの「イギリス空軍博物館」に行った際実物の「Ju87 シュトゥーカ」を見た事があるのだけど、これが想像以上にデカい!翼も分厚い!当時の戦闘機に比べると約1.5倍の大きさもあり、これは同じ逆ガル式の九九式艦上爆撃機も同じくらいの大きさがある。

さて、ここからが本題なのだけど、同盟国であったドイツと日本の技術交流はかなり盛んで実際に三式戦闘機飛燕はドイツの液冷航空エンジンDB601を国産化したハ40を搭載していたし、橘花はジェット戦闘機メッサーシュミット Me262、秋水はメッサーシュミット Me163にほぼそのままだ。他にもBf109やFw190の実機が日本に送られていたという話は聞いたことがある。マニアの方であればもっと他の機種が輸入されていたことを知っているのだろうけど、僕の認識はここらまで。ところが先日思わぬところで「 Ju87 シュトゥーカ」の記事を目にする事になる。

Ki001

Su001

第二次世界大戦中、旧日本陸軍が研究用に輸入したドイツ・ユンカース社製の急降下爆 撃機「Ju87」が滋賀県東近江市にあった八日市飛行場に配備されていた可能性を示す写真が、同市の滋賀県平和祈念館で確認された。同館によると、 Ju87は国産機製造に生かされたとされるが、配備先など不明な点が多いといい、専門家は「当時の国産軍用機開発の実情を知るうえで貴重な発見だ」と評価 している。
※産経新聞

Ju003

「 Ju87 シュトゥーカ」日本におったんかいな!。さらにこの記事からするとこの Ju87が琵琶湖上空を飛んでいた可能性が大ということ・・・・。おお、なんと胸熱な!

滋賀県平和祈念館?近江市には何度も行っているのにぜんぜん知らなかったやって、いうか

八日市飛行場をテーマに開いた企画展でこの写真を展示したところ、複数の見学者から「ドイツ製の急降下爆撃機が写っている」と指摘があり、調査していた

第一発見者はヲタクとなw。まあ、知らん人からすると古い軍用機としか認識せんわなぁ。ああ、見たかったな・・・・

※この記事は書こう書こうと思って機を逸してしまいちょっと話題的には古めです

| | コメント (3)

2013/10/21

物欲はどこへ?

20131021
Leica M9-P + RICOH GR21 f3.5

最近物欲が妙に湧かない。

すでに「損」とか「得」とかでは考えないようにはなっているので、これは単に幸せ感が発動されるモノがないということか。

そりゃあ、いいなと思う「時計」とか「自転車」とか「服」とかもあるけど

ぜってー欲しい!
寝ても覚めてもそいつのことばかり考えちまうぜっ!

ってなブツがない。若干その理由を考えてみたら実は僕はもともとコレクション的なものにはあまり食指が動くタイプではない。モノにはそれを使って「~する」という行動とセットになっての幸せを求めてきた。

そして最近その幸せになるための「~する」そのものはあるのだけど、どちらかというと比重がモノより「どうやって~する」とか「どこまで~する」の行動重視になっているようなのだ。

でも一番大きい要素はもはやあまり新しい「~する」が増えない現状、すでにその周辺のブツが本人の理想レベルまで揃ってしまった感がある。

もちろんカメラやレンズにはもっと高価なものやいろんなテイストのものもあるだろう。でも僕自身が行動として幸せになれる範囲ではすでにおなか一杯の状態なのだ。まあ、これがオーディオの世界となるとまた違ったかもしれないのだけど・・・・・・

これは自転車にしても、車やビリヤードにしても現状では同じ状況。でもじゃあ一生こんな物欲に枯れた状態ずっと続くかというとそれもないだろう。すでに今ではないけど近い将来復活してもいいな、と思える趣味がいくつかある。そうなるとまたいちから周辺ブツを揃えることになるだろうから、そんときゃもう物欲全開は必至だろうw。

そういうことを考えると今はこういう状態でかえってよいのかも・・・

| | コメント (2)

2013/10/20

艦コレ難民

20131020
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

今まで全くスルーしていたのに一旦興味を持ってしまうと俄然やりたくなってしまった「艦コレ」

ところが希望者殺到のためかサーバーは満タン。今は新規参戦に制限がかかっている状態。そうなるとさらにやりたくなるという悪循環。まあここは気長に待つしかないか。

20131020_210247

20131020_210311


いろいろ調べてみるとまだ有名艦でも登場していない艦もありそうだ。小学生の頃ウォーターラインシリーズで作った軽巡「矢矧」、駆逐艦「秋月」もまだないや。

待っている間にどの艦(娘)にするかあれこれ考えておこう。

| | コメント (3)

2013/10/19

ひよこじゃないわよ

20131019
Leica M7 + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

ラバーダッグのお出迎えクルーズが中止になってしまったので同居人は昨日あひるちゃんに会ってきたようです。でもそこで・・・・・・

同居人 「あのな、今日行ったら幼稚園児が沢山きててな、

     『あ、ひよこちゃんや!ひよこちゃんや!ぴよぴよぴよ!』

     とか言いよんのよ。さらにそれを見ていた親が何も注意せんのよね!

     ラバーダッグはあひるよ!あひる!

     ホンマに最近の親のしつけはどうなってんの!!!!!」

最近の親のしつけに対する憂いに饒舌な同居人でした。

A001

A002

| | コメント (2)

2013/10/18

ライカの白いやつ

1018
Leica M9-P + RICOH GR21 f3.5

過去いくつかのパナソニック製コンデジに赤いライカマークを付けただけとか、一部のパーツを取り換えたり色を変えたりしたものを「ライカコンデジ」として発売してきましたが、今回のライカCは中身はともかく外見のイメージをしっかりライカに合わせてきた感があります。

こういった商売を「コスい」と言ってしまうのは簡単だけれども、ここまでブランディングを崩さずにデジタル化に対応したライカはやはり企業としては凄いと感心してしまいます。(いくら立派な高説を垂れてもビジネスとして失敗すれば消えゆくのみだし)

実質ホワイトモデルっぽいライカCのライトゴールド、こういったカメラをさりげなく鞄から出してパシャっとやったらカッコいいだろうなぁ。

さて問題はそのためにこの金額を出すかどうかだな

Leicac


| | コメント (2)

2013/10/17

プラハの百式

20131017
Leica M7 + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

金色の自転車って日本で乗ると多分痛い感じなんだろうけどプラハの街中で美しい女性が乗るとなんか映えてしまうのが不思議だ。

ちなみにまだ買っていないiPhone5s、ゴールドにするかグレーにするかまだ悩み中。ゴールド、ちょっと派手かなぁ・・・・

| | コメント (0)

2013/10/16

ネットネタ拾い

20131016
Leica M7 + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

こういうネタ連鎖はTwitterでも「#」付でよくやられてはいるけど一般人込のTwitterよりも強者揃いの2chの方がやはりレベルは高いと思う。

<ことわざの最後を撃たれるにすると銃社会になる>

◎ 頭隠して尻撃たれる
さすが銃社会

◎ 仏の顔も三度撃たれる
さすがの仏もキレるやろ

◎ 慌てるこじきは撃たれる
こじきまで・・・・・・

◎ 千里の道も一歩から撃たれる
出鼻からかい!

◎ 人生万事塞翁が撃たれる
巡り巡ってやっぱり撃たれるのか

◎ 一難去ってまた撃たれる
もうループ状態

◎ 三人寄れば撃たれる
知恵出す暇もなしか

◎ 美人は3日で飽きるがブスは3日で撃たれる
こういってしまうとみもふたもないよなぁ

◎ 飼い犬に手を撃たれる
犬社会まで銃が

◎ 働けど働けど撃たれる
辛すぎ・・・・・

◎ 天井から撃たれる
目薬だと外れるんだが

◎ 風が吹けば桶屋が撃たれる
なんと理不尽な

◎ 猿も木から撃たれる
銃社会の極み

 

| | コメント (5)

2013/10/15

饒舌な標識

20131015
SIGMA DP1 Merrill

もう僕の情報処理能力では運転しながらこの標識を理解しつくすことは不可能と思われます。

| | コメント (0)

2013/10/14

我が家のアニメ事情

20131014
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

基本的に萌え系アニメは観ない。(個人的にまったく萌えないし)ただ、元ヲタとしてはアニメそのものに拒絶反応をしているわけではない。

近年我が家で観ている(観ていた)アニメは以下の通り

◇ガールズ&パンツァー
萌え系バリバリではあるけど戦車を見るために萌え要素を無視して鑑賞。同居人は「気持ち悪いいから私のいる時には観ないで」と断固拒絶。

Watamote_8

◇宇宙戦艦ヤマト 2199
そもそも観る気はまったくなかったのだが、会社の同僚に熱烈ファンがいて「Shigさんが観てくれなきゃ他に誰も観てくれず会社で話ができないので後生だから観てください」と懇願され渋々鑑賞。
毎回感想を聞かれるので答えられるくらい注意しながら実はパソコンをいじりながら時々画面を見る程度だったかな。

Watamote_5

◇しろくまカフェ
これは同居人が大ファン。僕はまあ、つられて観る程度なんだけどグリズリーのいじられ方は好き。エンディングでは登場人物すべてのバージョンがある贅沢な作り。アニヲタの世界ではどういう評価だったんだろう・・・・

Watamote_4

◇悪の華
ネットで話題になったので一応観た。申し訳ないがあまりの画面進行の遅さに時々早送りする邪道な観方ではあったけど。内容はともかくエンディングは秀逸だろー
※内容的にはもっとえげつないかと思ってた

Watamote_2

◇進撃の巨人
まあ、原作ともども二人ともファンなので。でもあまりにアニメの質が高く、これを機に原作漫画本を買ったら「うへぇ」となった人もいるのでは?実はまだ録画を貯めたまま全部観きってはいない。
※相変わらず同居人は巨人が出てくる度におおはしゃぎ

Watamote_3

◇団地ともお
スピリッツを買っていた頃読んでいたので原作はすでに知っていた。まさかこれがアニメになって半年以上放映されるとは・・・・。
ペーソス溢れていい話ばかりなんだけど、いまいち「誰得?」なアニメ。我々二人は大好きなんだけど世間一般でなぜ「ともお」なのか今だに謎。
※周りに知っている人もいないし

Watamote_1

こんな感じだけど最近こっそり時々見ているのがこれ。夜中に録画を見て不覚にも笑ってしまうことが・・・・

Watamote

| | コメント (0)

2013/10/13

写真展 「〜な人」

20131013
Leica M7 + RICOH GR21 f3.5

同居人がいつものナダールさんで写真展に出展します。(以下案内)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

大阪・北浜にあるモノクロ専門レンタル暗室「B工房」に集まった人たちで、
2010年10月「北浜白黒写真倶楽部」は結成し、初めて展示会を開催しました。

その後、定期的にグループ展を行ってきましたが、
今回はちょうど10回目のグループ展となります。

その節目に選んだテーマは「人」です。

これまで多くの写真家によて様々な人物写真が撮られてきましたが、
いまでも新たな試みがなされている最も興味深く、また難しいテーマのひとつです。

今回参加する約20名の作家たちは普段ほとんど人物を撮りません。
そんな人々がレンズを通して人と向き合い、
そしてその人の中から何かを引き出すことが出来たとき、
きっと新しい表現の可能性を感じる事が出来るのではないでしょうか。

モノクロ写真で表現される、それぞれの「人物写真」。
どうぞご高覧下さい。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------


Nahito

場所:心斎橋ナダール
http://nadar.jp/osaka/

2013年10月15日(火)~ 10月20日(日)
open 11:00 - close 19:00

| | コメント (0)

2013/10/12

チェコの変態芸術

20131012
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

変態芸術と言ってしまうとケナしているように聞こえるかもしれませんが、これは最大限の賛辞でもあります。

チェコでは中世からの建築芸術やクラッシック音楽、人形劇、工芸品などの古くからある伝統的な芸術も街に溶け込んではいますが、一方で現代芸術の領域だと他をかなり圧倒する変態ぶりです。


以前紹介したシュヴァンクマイエル
Yan


街で見かけるシュールなディスプレイ
Aka


カンパ美術館の赤ちゃんオブジェ
Ob


さらに社会主義時代に建てられた公共のTV塔にもこの赤ちゃんが這い上がる姿が(ニャル子かいっ)
Hai


モダニズム建築もやっぱり変
Dan


美術館で展示のあったこのテーマも作品はかなりタブーの世界のもの(ちょっとここでは書けず)。チェコに芸術家が集まる理由はこういう多面的なところから来ているのかもしれません。


| | コメント (0)

2013/10/11

鵺の鳴く夜は恐ろしい

20131011
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

まだまだ暑い日が続きとても秋とは思えない気温ですが、夜になると少しマシで裏の戸を開けているとたまには涼しい風も入るようになってきました。

そんな夜、ウチの裏庭から怪しい鳴き声が聞こえてきました。文字では表しにくいのですが、

ぎょえっぎょえっぎょえっ

ってな感じ。カエルのような鳴き声ですが近くの田んぼではなく裏庭からの鳴き声、意外と秋の虫も迫力のある音を出すので虫の声ともとれますがあまり聞いたことのない鳴き声・・・・・・

同居人 「たぶんあれは『鵺』やわ
     ぬ~え~の鳴く夜は~お~そ~ろ~しぃ~」

いや、ふつーに考えて鵺はウチの裏庭にはいねーし。それに最近の子はそのコピー知らんと思うし・・・・・・

| | コメント (0)

2013/10/10

モバイルその後

20131010
Leica M7 + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

モバイル体制の再編の第一歩として想定より運用が上手くいっていないモバイルルーター(docomo L-03E)を先日解約し、現在は

◇au iPhone5   ネット閲覧の主力機器

◇docomo Blackberry 9900  ネット機能はく奪。電話専用機

の二本立てになっている。

※本来半年で解約すると本体代金+違約金ですごくもったいないことになっているはずのルーターもキャンペーン期間中に購入したため本体1円+ヨドバシポイント20000ポイントだったので解約違約金1万円を払っても結果トクしてしまうという申し訳ないことに・・・・・

さて、これから私はどうしたいかというと

・いろんなところで連絡先にしているドコモの電話番号は継続したい
・リスクはあるものの一旦携帯を1台に集約したい
・集約するならiPhone一択

と、なると選択肢は以下の2通り

◇docomoキャリアを選択した場合
・au iPhone5 解約 → 本体を中古として売っぱらう
・BB9700をiPhone5sに機種変

◇auキャリアを選択した場合
・au iPhone5 解約 → 本体を中古として売っぱらう
・BB9700をau iPhone5sにMNP
 ※BB9700は本体支払済

ドコモにこだわらなきゃMNP特典のつくau集約が圧倒的にお得なんだけどなぁ。ここからはキャリアのスペックと好みの要素になるんだけどこのあたりはまだ悩ましいところ。

そんな矢先、先日iOS7に変えてから気分が一新してしまって

iPhone5sにしなくてもなんか新鮮で楽しいよね♪

てなことに。auの本体分割の割引が進行中なのでここで焦る必要もないということで、iPhone5s本体が当たり前に出回ってくるであろう年末辺りまでゆるゆる様子を見ようかと思っております。(初期トラブルも解消されてそうだし)

 

| | コメント (0)

2013/10/09

あだ名じゃないんだから

20131009
Leica M9-P + RICOH GR21 f3.5

中日の来期の体制が

落合GM
谷繁監督

という布陣になりました。(実は私は中日ファン)

このニュースを見た同居人が

同居人 「え?谷繁って谷口繁男さんとかじゃなかったの?」

どうもキムタクとかクドカンの類いだと思っていたようです。

でもな、森繁 久彌だって「森田繁男」じゃないし・・・・意外と省略形少ないぞ

| | コメント (4)

2013/10/08

あひる

20131008
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

今年もラバーダッグが大阪にやってきます。

A001

A002

A003

同居人はラバー・ダックを出迎えるクルーズに申し込み、カメラとレンズを磨いて楽しみにしていたのですが・・・・・・

台風が日本に近づいてきたためにこんなメールが。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ラバーダックお出迎えクルーズに応募いただいた皆さまへ

 

この度は、ラバーダックお出迎えクルーズにご応募いただき、ありがとうございました。

 

まことに残念ながら、台風24号の影響により、あひるちゃん出発に向けての事前準備ができず、台風通過後の風の影響を考えて、あひるちゃんの移動が中止になり、それを受けて、パレードクルーズも中止せざるを得なくなりました。

 

楽しみにしていただきましたのに申し訳ありません。
全国より多くのみなさまにお申込みいただき、改めてあひるちゃんの人気を確認しました。スタッフも残念でなりませんが、あひるちゃんのことを考えるとしかたありません。

 

なお、水都大阪フェスには、予定通り11日より元気に登場してくれる予定です。あひるちゃんと会場でお待ちしています。

 

水都大阪パートナーズ

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

おかげで今僕は八つ当たりの対象となっています(涙

| | コメント (0)

2013/10/07

プラハ旅行中締め

20131007
Leica M7 + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

まだまだフィルムのスキャンも半ばだしプラハの記事もまだまだ続きますが、ほぼひと月経ったということで一旦中締め的にまとめてみようと思います。

◇プラハの印象
実はあまり実態を調べずに行ったものですから正直イメージとのギャップが大きかったです。どちらかというと暗めのイメージでした。でも行ってみると元社会主義国的な陰鬱な感じはなく、ヨーロッパのエッセンスが凝縮したような落ち着きの中にも色も溢れ非常に気持ちいいバランスの街だったように思います。

◇チェコ人
5日間という短い期間だったので本当にその期間での印象ですが、チェコの人って日本人のようにシャイな部分が多くあって非常に親近感を覚えました。また女性も本当に美しい人が多くそれはもう目の保養をさせていただきましたw。モデルさんのような方が沢山いたのですが、決して派手な感じではなくどちらかというと地味で清楚な美人タイプ。隠し撮りをする勇気もなかったのでチラチラ見るのがせいぜいでしたが・・・・・

◇ビール
なんといってもビール消費量世界一の国。朝からのメートルの上がり具合は新世界に引けを取りません。仕事のある平日でもランチ&ビールは当たり前。値段もお洒落なレストランでもジョッキ200円。量販店で買えば350ml缶で80円とか。ちなみにコーラはビールの倍くらいの値段。ああ、ビールのことだけでもチェコに住むのは悪くないと思えるくらい。

◇チェコ料理
想像していたよりずっと美味しかったですし、何と言っても安い。特にジビエ系のお肉も上手く調理されていて抵抗なく食べることができます。ただ、味付けの傾向が結構似通っているので朝、昼、晩と食べていると4日目くらいでさすがにちょっと飽きてきました。この辺りが10日いても地元料理に飽きなかったトルコとの違いですかね。

 

| | コメント (0)

2013/10/06

進撃の巨人 in プラハ

20131006
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.  SIGMA DP1 Merrill

今回のフラハ行のひとつの目的がコレ。ただ、大きく想定外なことも。

足を上げてジャンプするのが危ない歳に・・・・

「ジャンプくらい」とタカをくくっていましたが、石畳の上でジャンプすると着地に思っていたより大きな衝撃が腰に。ええ、自分が腰痛持ちだったことをすっかり忘れていたのです。

と、いうことでジャンプにチャレンジしたのは一度。さらに光の関係で人物と町並みの露出が合わずに結局合成なしでは調整できませんでした。

まあ、現地で「進撃の巨人ごっこ」ができただけヨシとしましょう。こちらは同居人の「やっぱり巨人をやらせて!」というリクエストで写したもの。

Kyo
うなじを防御する女型1.6m級巨人の図

| | コメント (8)

2013/10/05

チェコのカフェ文化

20131005
Leica M7 + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

チェコ、特にプラハの喫茶店の黄金期は19世紀末から20世紀初頭にかけての時代、ウィーンやパリへの対抗意識もあったようですが今でもてプラハのあらゆる場所で当時の優雅さを受け継いでいます。

朝は決まってカフェでの朝食。一番の有名店は黒い聖母の家に入っているキュビズムの喫茶店グランカフェ・オリエントでしょう。(実は生姜湯のお店はここ)

またカフェ・サブォイにおいては開店前から人だかり。最初の方に並んでいたのですんなり入れるかと思いきや

ご予約は?

とのこと。何とか空いている席に座れましたがカフェの開店時に予約が必要とは・・・・。

とはいえ、スイーツとともにお茶するもよし、ビールを飲むもよし。プラハ巡りの醍醐味はやはりカフェでしょう。

| | コメント (0)

2013/10/04

プラハの歩き方 ~貴重な小銭~

20131004
Leica M7 + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

以前どこかで

720円の支払いに1000円札と20円を出してキリのいい300円のおつりをもらうようなことは海外ではあまり行われていない

と、いうようなことを聞いたことがあるのですがチェコでは小銭の扱いに関してかなり細かいです。

とにかく小銭を出したくないと思っているのか320コルナでも380コルナでも500コルナ札を出すと「20コルナないのか」「80コルナないのか」と端数を要求されます。

チップの文化もあるので460コルナくらいだと500コルナ札を渡してサンキュー&ニッコリでスマートにすむのですが、ややこしいのが420コルナとかの時。さすがに80コルナではチップとして多いので一旦500コルナ札でお釣りをもらった後40コルナくらいをチップとして渡そうとしても、

えーー500からお釣りがいるの?20コルナないの?お釣り渡したあとチップくれるの?

みたいに一気に不安顔になります。チップの問題を除いても基本的に小銭をレジから出したがらない文化があるようです。
※両替のためにジュースとか買って1000コルナ札なんか出したらめっちゃ不機嫌にw

そんなこんなでため込んだ小銭も端数清算のたびに財布から出てゆき、いつも小銭不足状態に。そんな時に

トラム 3日乗車券 自動販売機 330コルナ 支払コインのみ

に出くわした時には

そんな小銭あるわけねーじゃん!!!!

てなことになります。(トラム券は売店で買うべし)。日本だとどうしても小銭がどんどん貯まってゆくイメージがあるのだけど、チェコに来てからはいかに小銭を使わず、かつ効率的に小銭でお釣りを受け取れるかを意識しなければなりませんでした。

教訓
チェコでの小銭運用は計画的に

 

| | コメント (4)

2013/10/03

プラハの歩き方 〜チップ〜

20131003
Leica M9-P + RICOH GR21 f3.5

海外にチップ文化があるのは認識しているのだけど、チェコはその辺りかなりチップにこだわりのある国にひとつだろう。

レストラン、カフェいずこもレシートにはサービス料は含まれておりませんの文言と、わざわざ読み上げる店員。

カード支払の際も10%サービス料乗せていいですか、と聞かれる。もう面倒だから最初から10%足してくれ、と言いたくなる。

あげくのはてに303コルナに対して500コルナ札を出すと

おつりはチップでいいだろう?

と、無茶苦茶を言い出す始末。まあ、すべての店がそんな感じではないけどしっかり、ちゃっかりしている印象は否めませんなぁ。

| | コメント (5)

2013/10/02

画面を開いてびっくらこいた

20131002
Leica M7 + RICOH GR21 f3.5

たまたま(?)覗いた掲示板で戦艦大和の話題から派生してやれ

「扶桑の方が美しい」とか

「一番バランスが取れているのは戦艦ではなく重巡で鳥海サイコー」とか

書かれていたので僕の中の最高はやっぱ「長門」だよな・・・・

Snagato

とネットで「長門」の写真を確認しようと思って検索した結果がコレ↓

Naga

世の中はホンマに萌え萌えだらけかよっ!
※長門さん嫌いじゃないけど

気を取り直して「高速戦艦金剛もいいよね」と検索したら

Kongo

な、なんじゃこりゃぁ!!!ああ、これが噂には聞いていた「艦コレ」ってやつか?しかし金剛でこれかよ。

こうなると他の艦船も・・・・と、比叡を検索すると

Hiei

ほっ、こっちはまだ浸食されてないや・・・・しかしまあ、久々にびっくりしたわ。

| | コメント (2)

2013/10/01

何撮ってんの?

20131001
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

プラハに限ったことじゃありませんが、海外でゴミ箱とか電柱のボロボロのポスターとか工事現場の瓦礫とかを撮影しているとよく「こいつは何を撮っているのだろう?」という顔をされます。

たまーに現地の言葉で「何撮ってんの?(多分こういっている筈)」と聞かれるのですが、にっこり笑って「いやあ、これですよ、コレ」といってゴミ箱を指さすと決まって

┐(´д`)┌


な顔をされます。でも、もう何か慣れちゃったかなw

| | コメント (3)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »