« 今年のゴールデンウィーク | トップページ | 山本山 »

2013/05/09

今度は洋書の個人輸入

2013050902
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

デンマークからキューを輸入して以来個人輸入にハマっています。

そもそも今まではそこまでして海外で欲しいものはなかったのですが、ビリヤード(特にスリークッション系)は日本でのマーケットはほとんどありません。んなもんで必然的に海外に頼らなければならないのです。

さて、道具はこれ以上増やしてもアレなので次なるターゲットは「書籍」です。スリークッションには様々なシステムが存在するのですが、大きく分けて次の4種

1)世界的に認識が一致している有名なシステム
2)有名なシステムがベースだけど説明の仕方や基準が別な軸から
  構成されているシステム
3)あまり知られていないマイナーシステム
4)個別に応用開発した個人的システム

Sys

結局システムというのはあくまで目安であって絶対的なものではありません。最終的には4番目の応用も含む個人的システムを構築しなければなりません。それにはやはりいろんなシステムを見、試してみて、また別な角度からその仕組みを分析する必要もあるのです。

ところが日本ではせいぜい有名なシステムがちらっと載っている書籍のみ(それも数冊)。と、いうことでヨーロッパから海外のスリークッションのシステム書籍を輸入することになったのです。
※今回はオランダより輸入

Ceu_1

今回は3冊ほど輸入したのですが、送料がえらい高い。何度計算してもそうなってしまうので仕方なく注文。届いてその理由がわかりました。

Ceu

なんと百科事典みたくでかい!厚い!重い!

気軽に寝転がって読めるしろものじゃありません。こんだけでかくて重けりゃ送料が高いのもしかたないか。さて、書籍も揃ったことだし次は・・・・

あ、さすがに皆さんが期待していそうなビリヤード台とかは買いませんよ

|

« 今年のゴールデンウィーク | トップページ | 山本山 »

コメント

システムの勉強の為に洋書を個人輸入されるとは、すごいですー。
オランダからということは、オランダ語の本も買われているのでしょうか。

ボクのバイブルは、BYRNE'S NEW STANDARD BOOK OF POOL and BILLIARDS(日本語版)とビーパラダイスさんのThe Gateway to Pocket Billiards(もちろん日本語)なんですが、ポケットでも若干システムが必要になる場合があるので、勉強しなければと思うものの、計算とか暗記とか苦手なので、読み飛ばしちゃってます(汗)。

投稿: ishi9000 | 2013/05/10 21:16

>ishi9000さん
写真に写っている本はオランダ語かフラマン語かフランス語かよくわからない言葉で書かれているのでもう図だけで何とかしています。ほとんどの本は英語を併記しているものが多くなんとかなっています。
BYRNE'S NEW STANDARD BOOKはもう究極のバイブルですよね。応用編もいいですよ。

投稿: Shig | 2013/05/10 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年のゴールデンウィーク | トップページ | 山本山 »