« RICOHFLEX 登場 | トップページ | モノクロしばり »

2008/11/24

RICOHFLEXというカメラ

20081124
RICOHFLEX Holiday ANASTIGMAT 1:3.5/8cm

発売:昭和31年
発売価格:4900円
シャッター速度: B 1/25 1/50 1/100
レンズ: ANASTIGMAT  1:3.5/8cm

他のモデルには1/500まで切れるのもありますがコイツは100まで。こりゃ晴天には使えないな。シャッターチャージもクランクをどうのというものではなくレンズの横のレバーを軽く「クンッ」と上げて今度は逆に「チョン」と押す。
※これはお店で教えてもらわないとわかりませんでした

Rf02
シャッター音は限りなく無音に近く、音の小さいライカのそれのさらに数分の一。ま、音質は限りなく軽いですがね。

Rf01
シャッタースピードと絞り

Rf04
フィルムの巻上げは完全手動。窓を見ながら適正位置まで巻き上げます。多重露出もやり放題。

Rf03
フィルムマガジン。フィルムの扱いはハッセルやローライと同じだけど、なんともまあシンプルなことで。どうしても1/100で晴天時に撮影した時はこのマガジンの穴の部分にNDフィルムを貼るといいのだろうけど・・・・・・さすがにそこまではしないか。

Fr05
RICOHFLEXの特徴のひとつ、透視ファインダー。

世界中で発売されたローライコピーのひとつでありながら、その作りや方向性はかなり一般向けに作られた大衆機。構造を限りなくシンプルにすることは決して手を抜くことではないというお手本かな。

ま、コレとローライは別腹ということで・・・・・

|

« RICOHFLEX 登場 | トップページ | モノクロしばり »

コメント

こんばんわ〜。

リコーの二眼レフ、お噂はかねがねでした
が、あまり作品にお目にかかったことが
ないので新鮮です。写りも秀逸そうですね。

レンズまわりにあるギア(?)がとても
気になる(かわいい)のですが、ピント
と連動しているのでしょうか???

投稿: boriko | 2008/11/24 23:53

>borikoさん
旧い大衆機ですからもっと眠い感じに写ると思っていたら意外や意外、ちゃんと写ってくれてます。ピント合わせもシンプルで上のビューレンズで合わせたピントを歯車で直接カメラレンズに伝えてピントを合わす仕組みです。かわいいっすよ(笑)。

投稿: Shig | 2008/11/25 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RICOHFLEX 登場 | トップページ | モノクロしばり »