« 同居人イコン初挑戦語録 | トップページ | 物欲王のいいわけ ~オーバースペック~ »

2006/03/28

Road to Turkey ~メインカメラの攻防~

20060328
Leica MP + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

Mマウントカメラは「ライカMP」と「ツァイスイコン」の2台を持ってゆきそのうち1台を持ち出すと決めているのですが、どちらをメインで持ち出すかはまだしっかり決めていません。

■ライカMP
 この一年ほとんどの撮影にこのカメラを使ってきましたので一番手にしっくりきて
 いますし、操作感も熟知しています。露出合わせも苦になるものではなく、アンダー
 オーバーの調節も絞りやシャッタースピードなどで瞬時にできるので露出補正ダイヤ
 ルより手間か掛からないかもしれません。
 そして何よりグリップ付きなのでホールド感が抜群です。ただデメリットは砂嵐がな
 どでボディーにダメージを受けたときオーバーホールなどの費用がかなり掛かるで
 あろうことがネックでしょう。

■ツァイスイコン
  何といってもAEによって露出合わせが自動なのがメリットです。まだノクチとの相
  性が手探り状態なのでとにかく慣れることが必要でしょう。ボディー重量が軽くなる
  ことも行動力をあげる要因ですが、若干シャッター音が大きいのが気になるところで
  しょうか。

「慣れのMP」か「便利なイコン」か・・・・・まだどちらとも決めかねているのですが、先週末「イコン+ノクチ」コンビを試してみましたが、これがすこぶるいい感じです。希望する絞りに合わせると後はピントを合わせ、半シャッターでスピードをファインダー内でちょっと確認するだけ。なんとお手軽なんでしょう。余計なことを考えず被写体に集中できます。(謎のX氏曰く「おバカに撮れるよね」。全くその通りです)

普段の撮影は撮ること自体も楽しみのひとつで、出来上がりのみを追求しているわけではありません。ただ、滅多に行かない海外での撮影は若干「出来上がり」に軸足が移動しがちなところもあります。だとしたら相性さえあれば手間が掛からず安定した撮影ができるボディーの方がいいのかもしれません。

どちらにせよ2台持ってゆきますので、焦らず試し続けてみたいです。最終的には現地判断でしょう。もはや「メイン」と「サブ」ではなく「ジョイントナンバーワン」のツートップの様相を呈してきました。

|

« 同居人イコン初挑戦語録 | トップページ | 物欲王のいいわけ ~オーバースペック~ »

コメント

いつも使い慣れた機種で沢山撮りたい気持ちは分かり
ますが、砂嵐は困りますね。
オーバーホールは結構面倒だし、費用もかなり掛かって
しまいますね。迷いますね。
でもトルコ、素敵な所なので、ライカで沢山撮りたいし
なー。難しい問題ですね。

投稿: farfarsideK | 2006/03/29 11:20

>farfarsideKさん
イコンにはまだ慣れていないということもあるのですが、しっくりくるMPの方が気に入った写真が多いのも悩みどころです。ちょっとした心境の違いなんでしょうが、撮影なんてそういった「気持ち」の影響も強いですからね。露出補正は-1/2くらいが適正露出であることまではたどり着きました>イコンAE

投稿: Shig | 2006/03/29 12:16

はじめまして。
トルコときいて反応してみました。

トルコへは二度ほど行きましたが、砂嵐という現象はありません。
日本よりは埃っぽい地方も少々ありますが、
大丈夫だと思いますよ。

カッパドキア地方も砂ってイメージよりは
砂利といった感じです。

エジプトの砂漠のイメージとは違うので
まぁ安心してよいかと思われます。

それより注意すべきは、田舎にいくと
みんなに写真撮ってとせがまれるので
そこでいかにフィルムを消費しすぎないかという
ところだったりします。
(私はデジカメの友達に撮らせて乗り切りました)

投稿: unam | 2006/03/29 17:16

いいなあ、海外旅行。うちは新婚旅行以来一度も行ってません。ぼくの故郷(戸籍上の、ですが)に帰るとほぼ海外旅行になっちゃいますが、海ばかりなので塩分との戦いになるのが難儀です。

投稿: ありま秀丞 | 2006/03/29 18:00

先週、ハウステンボスに行ってきたのですが
GR1が入院中で、代わりに一眼を持っていきました。
ライカをメインにしようと思ってたのですが
広角をいつもGRで撮っていたため、
その代わりの一眼に広角を着けていて
結局、ライカがサブみたいになってしまいました。
カメラを絞るって結構難儀だと気がつきました。

投稿: pei | 2006/03/29 19:04

>unamさん
はじめまして。
貴重な情報ありがとうございます。エジプトほど砂は舞っていないんですね。ちょっと安心しました。カイロでは街中でも常にクチの中がじゃりじゃりしてましたから・・・。
話には聞いていましたがやはり「写して攻撃」があるんですね(笑)。私は日本では撮れない子供のポートレートもテーマのひとつなので望むところなんですが、あまりに大勢だとさすがにフィルムが持たないかも。あと「ポートレートはモノクロ」と思っているのでカラー中心と言い切った手前ちょっと揺らいでいます。もう少し悩みます。
今後ともよろしくお願いします。

>ありま秀丞さん
海沿いはほとんど行きませんのでわからないのですが、やっぱり塩でカメラが傷むのでしょうか。砂と塩・・・・どちらも難敵ですね。(幸い砂は少なそうですが)

>peiさん
そうなんですね。いろいろ撮りたいという気持ちはズームだとイメージしやすいのですが、カメラを持ちかえるとなると急にギクシャクしてしまいます。今ではズーム離れしてしましまってズームが懐かしいです。

投稿: Shig | 2006/03/29 23:14

はじめまして^0^
montonさんの所からきました!

写真素敵ですね!!
僕もこういう写真が撮りたいです。
静かな様で印象深い写真。
いいなー♪

ライカMP&ツィアスイコン、
羨ましすぎです(笑)

投稿: furuta | 2006/03/30 00:46

>furutaさん
はじめまして。
お褒めいただきありがとうございます。
京都に住んでいますと、大阪、神戸、奈良・・・と印象的な街、路地裏などが多く惹かれる被写体が多いです。東京は東京でまた独特な路地がありいずれゆっくり撮影で周ってみたいと思っています。
furutaさんのブログは写真も大きくていいですね。ウチは文章の改行が面倒なので今のレイアウトにしています。なかなか写真、文章の両立は難しいです。
今後ともよろしくお願いしますね。

投稿: Shig | 2006/03/30 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41048/9300706

この記事へのトラックバック一覧です: Road to Turkey ~メインカメラの攻防~:

» 旅行のお伴にいかが? [感染ルンです。。。]
えー、NATURABLOGによると明日一次予選通過者に連絡をするらしいです。はたして桜は咲くのか散るのか。0.02倍率ですし、散ると書いたはらたいらさんに全部!さて、日頃お世話になっているエンゾ〜さんは新婚旅行でイタリアへ、Shigさんは黄金週間にトルコへ旅行にいかれる...... [続きを読む]

受信: 2006/03/30 10:19

« 同居人イコン初挑戦語録 | トップページ | 物欲王のいいわけ ~オーバースペック~ »