« 趣味車奇譚 ~タマが外れる~ | トップページ | 赤の凝縮 »

2006/01/07

趣味車奇譚 ~意味のない保険~

20060107
Leica MP + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

私たちが「タマ」だの「ポンコツ」だの言い合っている間にガソリンスタンドのお兄さんは手早く壊れたタイヤを外しスペアタイヤの交換作業を進めています。

店員 「あれ?このスペアタイヤはまりませんね」
Shig  「え?そうですか?・・・・・・あっ!しまった!」

実は本来の91年式ミニクーパーは12インチのホイールなんですが、私のミニは10インチのレーシング用のマグネシウムホイールにドレスアップしていたのです。
※本来クルマのドレスアップといえばホイールのインチアップなのですが
 ミニの場合は現在の12インチから開発当時のオリジナルサイズの10イ
 ンチにサイズダウンすることがドレスアップなんです。

店員 「このスペアタイヤ、このナットでは締まりません・・・・」

10インチホイール用のナットではスペアタイヤは装着できないようです。私は全く意味のないスペアタイヤを何年も積んで走っていたのです。まやかしの保険をずっと掛けていたようなものです。(なんちゅうこっちゃい)

ミニの純正ホイールナットを売っている店など近くにはありません。さて、どうする?
このままでは自走できませんから、今日はいったんこのスタンドに預けて、明日ミニの専門店で純正ホイールナットを購入してまたここでホイールをはめてもらう・・・・・それしかないか・・・クリスマスイブなのに・・・。
悪あがきのように最後の望みをかけて店員さんに頼んでみます。

Shig  「申し訳ないんですが、潰れたタイヤにもう一度空気を入れてみてくれませんか」
店員 「タイヤもホイールも相当ダメージ受けてるからねぇ。空気洩れると思うよ」
Shig  「そこんとこ、駄目もとでよろしくお願いします。」
店員 「んじゃやってみるけどね。どうかなあ」

渋々ながら店員さんはホイールに引っかかっているだけのタイヤに空気を入れにかかります。しばらくはタイヤの形を整えるのに手間取ってましたが、なんと空気が入りだしました。

Shig  「神様、キリスト様、ありがとうございます」

こういうときだけ信心深くなる典型的な日本人を自覚しつつ喜びは隠しきれません。その後パンクのチェックをしたのですが、おかしなことに空気漏れが見つかりません。

店員 「おかしいですねぇ。パンクではなさそうです。タイヤの劣化によるスロー
    パンクチャーですかね。安心はできませんよ」

クリスマスの夜にややこしい注文に応えてくれた店員さんにしっかりお礼をして兎に角走れるようになったミニを恐る恐る発進させます。
謎の空気漏れ。いつまた急に空気が抜け始めるかわかりません。次に止まったら今度こそ置いて帰らなければならないでしょう(JAF入ってないし)。

タイヤの感触を確かめながら慎重に家路につきます。やっとこさ帰宅したときはもうへとへと。幸いにもタイヤの空気はまだ正常でした。と、いうことで去年のクリスマスイブはガラガラの美容院で散髪した後ドタバタと過ぎていったのでありました。

<後日談>
※その後調べてもらったところ原因は「イタズラ」の可能性が高いそうです。
※ただ、5年も履きっぱだったタイヤも大事を取って交換することに
※「JAFに入るまでは絶対乗らない」(同居人談)

|

« 趣味車奇譚 ~タマが外れる~ | トップページ | 赤の凝縮 »

コメント

こんばんわ。
先日から読んではいたのですが
コメントとオチ(?)が一緒になってしまうと困るなーと
思って控えておりました。
というのも、私は数年前新車だったにもかかわらず、
発電機のベルトが空回りしてバッテリーが上がってしまいストップ。
夜中だったので、友人のつてでJAFを呼んで
待つこと一時間。
やっと来たJAFに乗ってたのは、小中学校の同級生というオチ。
さすがにコレは素人で判断できるものではなかったのですが
できるだけ、英国人みたいにバックヤードビルダーのかけらでも
身に着けたいと思ったのでした。

投稿: pei | 2006/01/07 22:13

とりあえず一件落着でしたね^^良かった良かった。
旧車に乗っているといろんなことが起こります。それを含めて楽しめるかどうか。。。
便利なだけが幸せとは限りません。車もカメラも。。。
しかし、同居人さん・・・・ほんま面白いですね^^

投稿: echoizm | 2006/01/08 04:13

免許を取って30年、5年毎で乗り換えていくワタシはJAFの優良会員ですがこれまでただの一度もお世話になってません。(苦笑)上納金だけきちんと納めるそういう意味では超優良会員なんですが・・・。一度くらいお世話になってもいいかなあ~と思いつつ、そういう場面になったら、きっと焦るんだろうなあ~と。

でも今回のShigさんのようにこだわりのカスタマイズしてる場合、JAFは素早く対応出来るんでしょうかねえ~。興味ありますね。

投稿: itamura | 2006/01/08 12:29

>peiさん
オチらしいオチがなくて申し訳ありませんでした。
ちなみに今でもまだ空気は抜けていないのですが、そろそろキチンと整備してタイヤ交換しないと安心した頃にまたペチャンコになってしまいそうです。
ミニには乗っていますがメカにそんなに詳しいわけではありませんし、オイル交換もお店に任せています。自分だけでなく周りの安全も考えるとクルマというアイテムは「プロが整備すべきもの」と思っています。

>echoizmさん
まあ、クリスマスの寒い夜にトラぶってもまずは「ボケとツッコミ」だけは忘れない。関西人ですなぁ。
トラブルもひっくるめて楽しむのが旧車ですが、やはり実用物でもありますので限界もあります。旧車は降り時が難しいですね。

>itamuraさん
私も過去5年くらい入っていましたが使ったのはバイクに乗っていた時でした。(高速道路のど真ん中で電気系トラブルでエンジンかからず)
ミニでのトラブルは基本的に専門ショップでないと無理な場合が多いのでJAFに来てもらってもタイヤ交換か引っ張ってもらうくらいしか期待していません。

投稿: Shig | 2006/01/08 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41048/8048621

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味車奇譚 ~意味のない保険~:

« 趣味車奇譚 ~タマが外れる~ | トップページ | 赤の凝縮 »