« イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 | トップページ | 50mm Returns »

2005/09/19

Welcome 外付けファインダー

20050919
MINOLTA CLE + RICOH GR21 f3.5

RICOH のGR21レンズを買ってから外付けファインダーを使うことが多くなりました。当然M5、MP、CLEには21mmのファインダー枠はありませんから広角の構図を撮るにはどうしても21mm専用のファインダーが必要になります。

ただ、M5、MPに装着した場合シャッターを押すまでの儀式が若干やっかいです。私の場合以下の手順

1)21mmファインダーで被写体の撮り方を決定
2)本体ファインダーを覗き「露出」を合わせる
  ※ところが21mmファインダーを覗いていたので鼻息でファインダーが曇るときあり
3)本体ファインダーでピントを合わせる
4)もう一度21mmファインダーで最終フレーミングをする
  ※この段階で被写体がいなくなっていることも何度かあり(涙)
5)シャッターを押す

このようにふたつのファインダーを行ったり来たり・・・慣れるまで撮影リズムが若干とりにくのです。そこで最近ではCLEに装着することが多くなってきました。CLEだとピントにシビアな時以外は目測で距離を測り、ほとんど21mmファインダーで覗いてシャッターを切ります。露出が自動なだけで相当ショートカットということですね。

外付けファインダーはさすがファインダーに特化しているだけあってその視界のヌケのよさは内臓ファインダーの比ではありません。覗いているだけでうっとりするファインダーばかりです。最初は鬱陶しかった外付けファインダーですが、今はすっかり気に入っています。

さて、話題のGRデジタルですが、光学ファインダーが内臓されていないという点で大きく評価が分かれているようですが、ワタクシの意見としては

-ないものはないものとして割り切ったらこれはこれでいいかも
-コンパクトデジタルカメラ+各種外付けファインダーなんて個性的
-ほぼ全自動のデジカメで外付けファインダーは面倒ではない
-むしろデジタルカメラ+ヌケのいい専用ファインダーってすごくいいかも

携帯性?外付けファインダーがなくても撮影できますし外付けファインダーを携行するくらいどーってことないです(私は)。とても致命的欠陥には感じていません。

ちっちゃいボディーにライツのクラシックなファインダーなんかミスマッチ的でかっちょいいっ・・・・。

モノ的楽しみ方も広がりますし、新しい感覚で撮影することのプラスαがあればいいなあ。(でもライツの21mmファインダーは高いや(涙))

※今日の写真は激しくゆがんでいますが、21mmって気を抜くとこうなるというよい事例です(汗)自戒をこめて修正なしで掲載しました。

|

« イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 | トップページ | 50mm Returns »

コメント

外付けファインダー、使ったことが無いので話を聞いていても楽しいです。
鼻息があたるって(笑)。でも、それは実際にはきついかもしれませんね。
ただ、広い広角ではファインダーの明るさは結構役立ちそうですね。
デジタルの狭いファインダーにもちょっとつらさを感じてます。

投稿: ベルボン | 2005/09/19 20:28

Shigさん、こんばんは

私も外付けファインダーは好きですね。
なんといいますか…特別な世界を除いているような錯覚を覚えます。
Biogon 21mm F2.8 Gマウント用に付いている外付けファインダーもLeica 35mm用ファインダーも、写欲を沸かせる見え具合で気に入っています。
ただBiogon 21mm用は重くて3fに取り付けるとバランスが悪くなり手首が疲れます。
GR Digital用の外付けファインダーはどんな見え具合と重さでしょうね?

投稿: a_hase | 2005/09/19 23:33

広角は28mmなのでM2ならファインダーのちょっと外まで、
M3ならファインダーのずいぶん外まで写っているんだろうなと思いながら撮っています。
写したいものがファインダー内にあれば
後はレンズが写したいところまで写ればいいや。というすごく大雑把な性格です。
21mmを使い出せばファインダーが欲しくなるかも。(爆)

P.S. GR DigitalのインプレはやはりShigさんに任すことにし、
僕はZeiss Ikonに行きます。(宣言!)
やっぱりフィルムを使うカメラが...
しかし発売日のアナウンスが無いなぁ。

投稿: mimi | 2005/09/19 23:36

>ベルボンさん
デジタルは一眼でもファインダーが難ですよね。外付けファインダーは私も最近からなんですが、結構いいです。でもライツの細い枠が見えるタイプのを覗かせてもらってからいつかは欲しいと思っているんです。

>a_haseさん
GR21に付属しているファインダーもちょっと大きいです。GR Digital用の外付けファインダーは写真を見限りでは少し大きい上にデザインも・・・。最終的には実物を見て考えますが、28mmのライツの出物を気長に探そうかな・・・と。

>mimiさん
28mmだと実はそんなにファインダーの必要性を感じていません。問題は21mmワイコンを付けた時ですかね・・・・21mmって全然別世界ですから覗くまでイメージがわきません。
Zeiss Ikon行っちゃってください(笑)いろいろと評価も分かれているようですが、私は結構気に入っています。CLEがいよいよ駄目になってしまったら私も行きます(笑)(やっぱりM7はちょっと高い)。

投稿: Shig | 2005/09/20 00:03

こんばんは。
うちの誰も読まないブログ(T T)に訪問頂きありがとうございます。
外付けファインダーは慣れるまでなかなか大変です。僕が使っているカメラはバルナックタイプなのでことさら見づらく苦労してます。最近は目測カメラを使っていて、結構気に入っています。バルナックタイプでも目測重視でいこうかと思ってます。
ところでGR Dの外付けファインダーは銀塩のがそのまま使えるのですか?EPSON RD-1のように専用タイプなんですか?(欲しくなるといけませんから、なるべく情報入れないようにしているもので・・・)

投稿: notone | 2005/09/20 00:20

Shigさんこんばんわ!
外付けはこれもまた沼のような世界が広がっていますね。私もGR21mmはもっぱらAE機で使っています。どちらかと言うと細かなピントや露出よりもコンポジションのほうに気持ちが行ってしまうレンズですよね。

私のCLEはもうシャッターが少しグズリだし、コニミノのサービスに聞いたところ、シャッター調整程度はOKで、電子系だとまったく修理不能だそうです。噂には聞いていましたが超お気に入りなのでやはりがっかりです・・・。ツァイスイコンも魅力的なのですがCLEのサイズと重さがジャストフィットしてしまい、なんとも悩ましいもんです。

それから外付けファインダーの心配までさせるデジカメはR-D1とこのGRDだけですね。今のところ(笑)。

投稿: itamura | 2005/09/20 19:48

>notoneさん
バルナックはさらに手間がかかってしまいそうですね。割り切って感覚で撮るのもよいかもしれませんね。
GR-Dのホットシューは汎用的な規格だと思います。ですから銀塩用もそのまま使えると思います。EPSON RD-1はレンズと実際の画角の差を補正する意味で専用ではないでしょうか。すみません、これに関しては自信ないです。

>itamuraさん
シャッター調整、よかったですね。私も修理不可能というのは知っての購入ですから覚悟はしていますが、できるだけ長く稼動してもらいたいものです。
今ではGR-Dと外付けファインダーの組み合わせで撮影することを楽しみにしています。内臓光学ファインダーがないと嘆いている人のどのくらいの人が外付けファインダー経験者なんでしょうかね。

投稿: Shig | 2005/09/20 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Welcome 外付けファインダー:

« イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 | トップページ | 50mm Returns »