2019/05/24

骨折五島列島 その2

190524
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

骨折の場所は福江島の頓泊(とんとまり)海水浴場。僕はちょっと離れたところにいたので転倒現場は見ていないのだけど海岸のスロープのところでいきなり滑って転倒し手をついてしまったとのこと。
手首は腫れているわけでも変な方向に曲がっているわけでもない。痛いというより痺れているといった感じらしい。とはいえ素人判断はまずいのでまずは病院探し。片っ端から近い順に電話をかける。でもどの病院でも

「どちらにせよ移動に時間がかかるので一番大きい五島市の中央病院に
 行かれる方がよいですよ」

との返事。本人は撮影場所のルートから外れるので心外のようだったが、どちらにせよ今の状態で撮影はできないし、万が一骨折とかだと初期対応が肝心なのでもう一度出発点の五島市に戻ることに。

さすがに島で一番の総合病院。下手な本島街中の総合病院よりでかいし綺麗。事前に状況を説明していたので早速レントゲンと診察。

お医者さん 「こりゃ折れてますね」

へ?骨折?やっぱり大事を取って診てもらってよかったですわ。まあ、骨折といっても手術が必要なくらいクラッシュしているわけではなく、ひびが貫通しているといった程度だったのでまずは添え木(といっても最近は簡易ギブスのような石膏で固めるタイプ)をして旅行を乗り切ることに。(その時の様子が前回の記事での三角巾の写真)

お医者さん 「骨折はしたてが重要なので絶対負荷をかけないように」

ということで旅行2日目は午後以降はほぼ骨折騒動で終わってしまったわけです。とはいえ同居人は

「明日からは予定通り旅行のスケジュール、ガンガンこなすぜぇ!」

と、モチベーションの落ちる気配もなし。なんなん?w

                 つづく

| | コメント (0)

2019/05/19

骨折五島列島

190519
RICOH GR

五島列島旅行に関してひとつ皆さまにお話ししていなかったことがございます。実は・・・・・

3泊4日の行程2日のお昼に同居人は海辺のスロープで転倒。
左手首を骨折いたしました。

Ko002
骨折直後

骨折の治療は一ヵ月くらいかかりますので初期の段階で記事にするといらぬご心配をかけるかと思い、全治してからの記事化です。(同居人了承済)

旅行中の骨折、それもそれなりの離島。不運な出来事ではありましたがそれなりに幸運なこともありました。

<不運>
・島には病院があちこちにあるわけではなくさらに一番辺鄙な
 ところで転倒骨折
・旅程2日目お昼ということもあり旅行も序盤での事故
・案の定ツァイスイコン破損(何回目や)
・左手首ということもあり撮影に大いに支障(つか旅行そのもの大丈夫か?)

<幸運>
・移動がレンタカーということもあり移動の自由度が高かった
・初骨折にも関わらず同居人がかえってウキウキした感じ
   →旅行を中止して帰るなんて微塵も考えなかったらしい
・ツァイスイコンの修理は4回目でもう慣れたもの
・手首も厳しいけどこれが足の骨折とかだとさすがに帰るしかなかった
・離島で病院は少ないけど中央病院は逆に医療設備が集中してレベル高
・島の皆さんが親切でいろいろと手助けしていただきました
・その後の撮影はコンタックスT3の片手撮影およびローライを僕が撮影
 するという代理撮影で乗り切る

Ko001
現在はすっかり治ってギブスも取れました

 

               つづきます

| | コメント (4)

2019/05/17

映画「キングダム」

199517
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

原作ファンなので観に行ってきました。

ま、がんばって作ってるな、という感じでお金を損した気持ちにはなりませんでしたね。こういった映画は原作が漫画であればよほど解釈を変えないとこうなりますよね。

Kingdom

つまり楽しむべきポイントはほとんどキャスティング。代表的なのは「20世紀少年」とか「のだめカンタービレ」かな。漫画原作に忠実に描こうとすれば実写で漫画を超えることはほぼないでしょう。なので今回はかなりハードルを下げての鑑賞だったので僕的に不満はほぼないです。むしろ

−薄化粧とぶっきらぼうの河了貂(橋本環奈)すっげぇ可愛かったし
−お色気担当の長澤まさみ楊端和(長澤まさみ)申し分ないし
−やられキャラなのに一番いい感じだった左慈(坂口拓)に驚いたし
−成蟜役できるのこいつ(本郷奏多)しかいねーしw

賛否の分かれるところでは王騎将軍(大沢たかお)でしょうが、この難しい役どころとしては十分及第点かと。(次、龐煖どうすんだ?)

ま、とにかくだ、長澤まさみがいい感じなうちに次回作撮っちゃってください。

Nagasawa

あと、こういう映画は人に勧められて観るものではなく自己責任で観てくださいねw

| | コメント (0)

2019/05/14

五島列島 五島うどん

101514
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

五島列島に行ったらやっぱり五島うどん!ということで早速食べたのですが、その店には

「日本三大うどんのひとつ」と表示が

ん?うどんといえば「「讃岐うどん」「稲庭うどん」は思いつくけどあとひとつが「五島うどん?」そ、そうなのか?

実際のところ「三大うどん」には諸説あって「讃岐うどん」「稲庭うどん」が当確らしいのだけど残るひとつの席は

「五島うどん」
「水沢うどん」
「氷見(ひみ)うどん」

が有力なのらしい。ところがどこも決め手に欠き、地元では最後の席はウチやでぇ!!っていうよね、とーぜん。世間では泥仕合いに決着は面倒なので「三大」でまとめずに「五大うどん」でまとめているようです。(まめ知識でした)

五島うどんは椿油の入ったつるつるの食感が特徴。でもこのつるつるは口に入れるまでもかなりデンジャラス。そう、箸でつかむのがめっちゃ難しい。ま、うなぎを箸で掴むようなもんですわな。なので地獄炊きなど取り箸で取るのでなくトングを使わないとテーブルにぶちまけてしまいます。この点のみお気をつけください。

Gotou

ちなみに五島うどんを伝統的な手作り方をするととんでもない手間がかかる。お店に貼ってあった製造図説に見入ってしまいましたよ。

ちなみにこんな感じ 
https://www.goto-udon.jp/about/procedure/

ご当地で食される時はしっかり製造方法を見てからがよろしいかと。

| | コメント (2)

2019/05/12

五島列島 レンタカーHONDA N-ONE編

0511


RICOH GR

五島列島2つ目の島、中通島のレンタカーは赤いHONDA N-ONEでした。

電気自動車には、苦労したのでやはり通常エンジン車は安心するものです。(スマートキーには慣れなかったけど)

軽自動車は以前の代車のeKワゴンでひどい目にあっているのでまったくもって期待していなかったのだけど・・・・・

これ、すっげぇいいじゃん!

HONDAの営業マンから「N-ONEのターボは力強くてATでもパワーが安定していいっすよ」とは言われていたけどターボじゃないノーマル車でもこの安定パワー。足回りも軽としては十分!いつ軽ATの不安感がほとんどありません。

ジジイになったらアシ車として自動運転になったこいつに是非乗りたいと思う。(僕が軽自動車を褒める日が来ようとは)

| | コメント (2)

2019/05/07

五島列島 島を舐めてはいかん

0507
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

今回の五島列島、乗り継ぎの時間合わせの関係もあったのだけど

行き・・・・飛行機
帰り・・・・船&電車

という変則行程。飛行機の時間の都合もあったのだけどこうなった一番の理由は

同居人 「『かもめ』に乗りたい!それも白い方!」

Kamome

との主張によるものが大きい。僕は「かもめ」といわれてもスッとイメージが湧かないが鉄っちゃんの同居人には譲れない選択肢らしい(それも白い方とか何?)

それはそれでいいと思っていなんだけど結局この行程をこなした結果がこれ

行き・・・・自宅出発06:00 ⇔ 五島列島着13:30  7時間30分
帰り・・・・五島列島出発13:00 ⇔ 自宅着22:30 9時間30分

海外旅行かよ!まあ移動そのものも旅ですし、「かもめ」と「みずほ」に乗れた同居人はご満悦ですが、次行く時は行きも帰りも飛行機したい!(なかなか届かない僕の意見)

| | コメント (0)

2019/05/05

免許返納

0505
Leica MP + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

あ、僕が今すぐってわけじゃないですよw

でも病気で2年間運転しなかった(できなかった)経験からいうと

復帰した時はめちゃくちゃ運転が怖かった
自分でも運転運転下手やな、と再確認
もう飛ばせないし、慎重にしか運転できない
車がない2年間の生活も経験できた

車は好きだけど、この先ちょっとでも不安を感じたら即効返納しようと思っている。なのでいろんな事情があるのはわかるけれど、免許返納を頑なに拒むご老人の気持ちがまったくわからない。百歩譲ってMT車か自動ブレーキ車に乗ってください。

プライド?拠り所?は?運転免許が?

僕なんか老害まき散らしそうな要素はたっぷりあるけど、こと車に関しては絶対老害にはなりたくないな。

| | コメント (2)

2019/05/02

五島列島 レンタカー電気自動車編

190502
RICOH GR

五島列島は島と思って舐めていると大変な目にあいます。これが結構大きい。中通島なんか形こそ細いけど周囲の郷里は278.8 km、琵琶湖よりずっと長いです。

効率よく回ろうとするとレンタカーを借りるのが一番。そのあたりは定番らしくてレンタカーの環境はかなりの充実ぶり。特に環境を考慮して電気自動車へのアプローチはかなり積極的で普段はレシプロエンジン原理主義者の僕も福江島では初めての電気自動車にチャレンジ。

車は三菱『i-MiE』。発売当初の車両本体価格は税込398万円、EV補助金を適用すると実質負担額は284万円。 島ならではの導入は充電スタンドを島に合わせて設置できること。よほど無理しないかぎり電池切れは起こさないインフラである。

さて、実際電気自動車を運転してみると・・・・・

運転、全然慣れねぇぇぇぇ。で、ちょっと慣れたと思ったら日程終わりかよ!

とにかく電気自動車ならではのお作法がここまであるとは

 ・エンジン音がないので最終電源を落とすのをつい忘れる
 ・エンジンスタートボタン式スマートキー、全然慣れねぇ
 ・下り坂で充電できるのはいいけど登り坂でガンガンメモリが減る
 ・充電にすっげぇ時間がかかる。観光途中だと結構ストレス
 ・正直パワー不足。上り坂は結構きつい
 ・車のせいじゃないけど、充電が一回あたり300円なので(レンタ
  カーなので)ビビってこまめに入れるとかえって割高

 

でも悪いことばかりではない。

 ・以前代車で借りた三菱のeKワゴンはとんでもない足回りだったけど
  こいつの足はまるで欧州車のような粘り腰、なぜ軽にこれができない?
 ・モーターが小さくてすむのか社内は広い。少なくともFiat500よりは
  断然広い!
 ・モーターなので出足はいい。いや、むしろ良すぎるのでATに慣れて
  いない僕は常にエコモードでトルクを下げるはめに
 ・賢く乗ればそこはやっぱり電気自動車移動手段としてはかなり経済的

まあ、貴重な経験でした。もう人生で二度と電気自動車を運転することはないでしょうし(ディスってるわけじゃないっすよ)

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/04/28

同居人グループ展「平成スーベニア」

190428
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

東京出張やらGW前の追い込みやらで少し間合いが空いてしまいました。

まだまだ五島列島ネタはあるのですが恒例の同居人グループ展のお知らせです。

今回の会場は新しくオープンした「BE=Lab&Gallery」。もともとレンタル暗室で同居人が使っていた場所に新しくギャラリーが増設されたとのこと。なので場所はしっかりご確認を。

 

第23回 北浜白黒写真倶楽部 写真展
平成スーベニア
BE=Lab&Gallery アクセスはこちら
Map

| | コメント (0)

2019/04/20

五島列島 旅のしおり

190420
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

旅行前には公開できなかった今回の五島列島旅行の旅のしおりです。毎度のことながら制作は同居人。

Img_3376

Img_3377

Img_3378

Img_3379

教会を10箇所以上も回る行程、それもレンタカーを借りての不安定な移動手段にもかかわらずほぼ予定どおりこなせました。

今回も僕は運転手に徹しましたよw

| | コメント (2)

2019/04/16

絶景五島列島

19041602
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

 

地元の人もあまり見たことがないという見事な夕日。

 

Summilux 50mm f1.4 ASPH.だったためフードが浅くレンズに水滴がついてしまったのが残念だけど、「日本カメラ」に出すわけじゃないし僕的には全然おっけ〜。

| | コメント (2)

2019/04/15

圧巻五島列島

190414
RICOH GR

 

生まれも育ちも岡山なので瀬戸内海で海とか島とかには慣れていたのですが、五島列島は圧巻でした。

 

よく「絶景ポイントはここ!」みたいな紹介があるけれど、五島列島はどの島もどの地点もすべて

 

絶景!絶景!また絶景!!!

 

ほんでもって海が南の島並みに青い!これはかなり意外。島の方達もみなさん親切で素朴で優しい方ばかり・・・・。

 

でも島全体の存在に宗教の歴史が絡んでいるだけに教会巡りも一般的な観光とは違った気持ちで周ることになります。これも今までとは違った印象の旅になった大きな要因でしょう。

 

 

 

190402
RICOH GR

| | コメント (0)

2019/04/10

五島列島

190410


Zeiss Ikon + HEXANON 60mm F1.2
撮影:同居人

明日から3泊4日で五島列島に旅行に行きます。

行きは飛行機で帰りは新幹線という変則メニュー。旅の計画としおり作成はいつもの通り同居人です。

フリーランスになってからまとまった日数での旅行は空いている平日に、GWなんかの混んでる時期は家でまったりしながら自分のお仕事を(クライアントさんもお休みなので外でのお仕事ないし)。

ちなみに五島列島の予習のつもりで遠藤周作原作の映画「沈黙-サイレンス-」を見たのだけど多分すごい偏ってイメージができてしまった気がするw

それでは行ってまいります。

| | コメント (4)

2019/04/07

一週間経って

190408
Zeiss Ikon + HEXANON 60mm F1.2
撮影:同居人

 

一週間経って落ち着いた頃合いに「令和」投稿です。

 

大方の予想を裏切った方向の新元号だったので「ふむふむ」というより「おおおおぉ」という感じで、菅さんが額縁を立てるまでの短い間合いでは変換できませんでした。

 

まだ全然慣れないし実感はわかないけど(まだ平成だし)、早く使ってみたいとわくわくしております(結構新鮮で気に入っている)。「愛と平成の色男」という映画があったけど「愛と令和の色男」ではなんか違う感がある・・・・令和を絡めてどんなネーミングが出てくるのでしょうか、それも楽しみです。

 

Hiko

| | コメント (0)

2019/04/03

メガドライブ再び

0403 CONTAX T3
撮影:同居人

 

かつて僕はゲームオタクでありました。

 

全てのゲーム機、コントローラー(特に格闘技用)を所有し暇さえあればゲーム、ゲーム・・・・会社からの帰り道はゲームセンターをハシゴし、家に帰れば飯を食いながらゲーム。本来コントーラーは両手を使うモノだったのですべてのボタンが片手で操作できるスティック型ボタンを左手に持って右手で飯食ってました。

 

数あるゲーム機の中でもひねくれ者の僕はファミコン、スーパーファミコンではなくメガドライブ派。その僕に対応してくれたかのようにメガドライブがミニとして復活です。

 

でも、メガドライブ派の中でも僕はさらにマイナー派だったため、今回先行で発表されて10タイトルの中でまたやってみたいのは「ぷよぷよ通」のみ(涙。

 

Mega 合計40タイトルとのことなので残り30タイトルに期待だけどさて、どうなることやら。

| | コメント (6)

2019/03/26

壹燈舎開設10周年記念企画展「with」

0326   
Zeiss Ikon + HEXANON 60mm F1.2
撮影:同居人


恒例の同居人出展グループ展の案内です。


場所はいつもの大阪「壹燈舎」さん。お近くにお寄りの際にはぜひ!
※だんだん紹介がぞんざいに・・・・


2019年3月27日(水)~3月31日(日)
壹燈舎開設10周年記念企画展「with」


Photo Gallery 壹燈舎 (ittosha)
〒542-0081
大阪市中央区南船場2-6-21 グラン・ビルド心斎橋301号
Tel/Fax : 06-6121-6202 E-mail : ittosha@opal.ocn.ne.jp
http://ittosha.server-shared.com/
営業時間 : 12:00~19:00 (最終日は18:00まで) 月曜日は休廊

| | コメント (0)

2019/03/19

寝るだけの時はここが常宿

0318
CONTAX T3
撮影:同居人
お値段は若干駆け引きが必要で一週間前だと7500円だったのが3日前だと5400円(税込み)まで下がることがある変動制だ。粘り過ぎると予約できないこともあるのでそこはもはや勘でw。

カプセルホテル系「ファーストキャビン」のメリット&デメリットは以下の通り

<メリット>
・ホテル専用のビルが必要ではないので駅近ビルの中にあることが多い
・高級感、清潔感は下手なホテルよりずっと綺麗
・フロントにコワーキングスペースがあるところが多い
・通常のホテルの部屋での仕事よりはかどる感じ
・カプセル型でない「部屋タイプ」なら空間としては必要にして十分
・なんといっても大浴場。ユニットバスとの差は歴然

<デメリット>
・館内でお酒の自動販売機がない
・入り口はカーテンなのでセキュリティ的には金庫頼り
・トイレは共用なので歩いて行かねばならない(綺麗だけど)
・テレビはヘッドホンで聞かなければならない
・いびきは聞こえるし、こちらのいびきも申し訳ない

新感覚の新しいイメージのホテルなんだが、そこはやっぱりカプセルホテル。こればっかりは価値観の違いで評価は分かれるところなんだけど疲れて寝るだけの場所が通常ホテルの半額と思えば自営業からするとポイントは大きい。

こういったところに抵抗感のない方は一度是非ご体験を!

| | コメント (2)

2019/03/15

宿泊地探索

0315

交通費に関しては効率を考えると新幹線一択。そうすると一番やっかいなのが「宿泊費。数千円の差が重なると結構痛い。かといって雰囲気の悪い場末の安宿も気が滅入る。標準的なホテルなら泊まり放題だった会社勤めの時には考えなかった苦労である。

ここは悩んでも仕方ないのでいかにコストパフォーマンスが高いホテルを安く予約できるタイミングでできるかをむしろ楽しむようにしている。

そもそも遊びに来ているのであればホテルのサービスクオリティは気になるけど出張時の宿泊だとだいたい遅い時間まで会食の場合も多く基本風呂入って寝るだけ。だとすると意外にポイントとなるのが「お風呂」。

通常のユニットバスはどこも似たり寄ったりだけど「八重洲スーパーホテル」や「アパホテル」は大浴場があるので結構常宿にしていた。でもここ数年で値段も上がり立地もいいことから予約もぎりぎりだとほとんど取れない。

近くでいくつか別のホテルに泊まったけど「大変満足」というところはなかなか見つからない。と、いうことで今まで食わず嫌いで避けてきたカプセルホテル系の「ファーストキャビン」に注目してみた。ここはホテルじゃないので部屋には鍵がかからない。仕切りも薄いし入口はアコーディオン。ファーストクラスは一応歩ける床とテーブル付。ものは試しと泊まってみると・・・・

お、割といいんじゃね?

という感じだ。

Img_3308

        つづく

| | コメント (3)

2019/03/10

1年経過

190210
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

最近執筆業務が多くてブログの更新が滞ってしまいました。

去年の3月1日に独立してほぼ1年。30年以上サラリーマンしてた僕としては刺激的な1年だったけどなんとなく自分なりのスタイルができつつあるし2年目はまた違ったアプローチもしようかな、とも考えてます。

会社を立てたとはいえ現段階ではひとり社長会社なので実質個人事業者のフリーランスと形態はなんら変わりはない。

長年勤めた小売り系の会社では利益を生み出す仕組みである「PL」に関して一番重要なのは「原価」であった。

固定費系は読めるし、変動費も売上げに比例するのであまり気にする必要はない。販売価格に関してはもはやブランディングと意志の問題なのでこちらの手の内にある。と、なると原価管理は「利益」をもたらす重要なポイントである(あくまで計算上ね)

ところが個人で動く個人コンサルは基本

原価=人件費

なので基本的に原価を気にする必要はない。と、すれば利益に直結する要素は

売上げ ⇔ 販管費

となる。具体的にいうと経費もろもろである。その中で会社勤めではほぼ気にしなかった「長距離交通費」と「宿泊費」の割合が半端ではないのである。

               つづく

| | コメント (0)

2019/02/28

悲しいとき〜

0228
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

くしゃみは手で受けると触ったところに広がってしまうのでよくない、という情報が出回っています。肘で受けると拡散も少なくなるというのは理にかなっています。でもね・・・・・・・・・

五十肩で肘が口まで来ねぇえんすよ!!!!

歳を取るってツライ・・・

| | コメント (2)

«使いたくないが得した気分のお話 その4