2017/09/22

自転車 浦島太郎 その4

0922
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

いままでのコンポは機械式の中での汎用型なので直撃的にフレームへの影響は少なかった。ところが電動になることで

・ワイヤーのところが電線になるので取り回しの自由が格段に上がった
・電線、バッテリーの外出しは天候からの影響が大きい

これらのことから今後メインにはならないまでも着実にシェアを伸ばすであろうコンポの電動化に対応してフレームも「電線」「バッテリー」内臓するタイプに。

フレームメーカーが新しい武器に対応してしっかりと機械式と差別化した大きな変化である。ここに来てパーツとフレームを融合させて売るという概念が大きく進化したのである。

Dp

そしてそれに輪をかけて理由2である昨今のロードバイクブームによる「ガチの走り屋」の急増が自転車の買い方、楽しみ方を変えてゆくのである。

                                    つづく

| | コメント (0)

2017/09/20

壹燈舎企画公募展 「モノクロ写真館2017」

0920
撮影:同居人

連続して同居人の写真展示です(グループ展)ちなみに今回の展示のフライヤーの写真は同居人のモノ。「モノクロ写真館2017」はモノクロであれば銀塩、デジタル問わずのようですが、同居人はもちろん銀塩。プリントは古典技法。なので実際に近づけると画面上ではこんなに暗く・・・やはりプリントの質感はディスプレイでは難しいです。

壹燈舎企画公募展 「モノクロ写真館2017」
2017年9月19日(火)~9月24日(日)
http://ittosha.server-shared.com/exhibition.html


Photo Gallery 壹燈舎 (ittosha)
〒542-0081
大阪市中央区南船場2-6-21 グラン・ビルド心斎橋301号
Tel/Fax : 06-6121-6202 E-mail : ittosha@opal.ocn.ne.jp
http://ittosha.server-shared.com/
営業時間 : 12:00~19:00 (最終日は18:00まで) 月曜日は休廊

| | コメント (0)

2017/09/18

自転車 浦島太郎 その3

09182
RICOH GR

僕のF4:13フレーム時代はまだロードレーサーというバイクのカテゴリーでは「フレームセット」「パーツ」の組み合わせで自分なりの自転車を組むという文化があったし完成車販売もあったけど、

パーツひとつひとつを吟味する志向よりフレームメーカーが大量にパーツを買うことでかなり割安の完成車として売る方が(特に初心者には)より販売回転がいいという時期だったそうな。

でもその中から部品をひとつひとつ吟味するのがだいご味!という人にもその後フレームと部品のカスタマイズという道は残されていた。
 −ここまでが僕の認識範囲

F413
Pinarello F4:13

ところがその後いくつかの事象によって変化が起きる

 1、電動変速機の普及
 2、ガチでレースに出る人の増加

まず1。電動変速機が出た当初は少し「ゲテモノ」的な扱いですぐに飛びつく人はいなかった。なのでこれが出た当初は「現在普及しているフレームに対応したシステムとモーター、バッテリーの取り付け」が基本設計で、機械式の変速機からすぐにでも組換えられますよ!というもの。(僕は部品組換えを「インストール」とは絶対表現しない)

ところが昨今、プロレースでも電動が当たり前となり、この時期から売られるフレームは「電動変速機ありき」の設計が急増。パーツとフレームがかなり融合してきたのである。

注)今回の一連の書き込みは僕もしくは僕の周りの私見が多く含まれているので絶対的な解釈ではありません

          つづく

| | コメント (3)

2017/09/17

自転車 浦島太郎 その2

0917
Leica MP + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

自転車趣味を始めてそこそこ経っていた自覚はあるのだけどピナレロ買った時にはすでに時代はカーボン当たり前だったしロードブームも始まっていたので「これ買って7〜8年は経ちましたよね」とお店の親父に話したら

Shigさん、何ゆうてはりますのん!もう11年前ですよ!

と、言われ思わず「うへっ」と変な声を出してしまった。

そりゃね、買ってからホノルルセンチュリーライドにも出たしバッドボーイもGIOSミニベロも、ブロンプトンも(地味にママチャリも)買ったし今やツールなんか皆電動変速だし時代が移っているのは感じてたけどもう11年とは!

そしてお店の親父がとうとうとここ数年での自転車業界の変化を語り始めたのです。

1980

               つづく

| | コメント (3)

2017/09/12

大阪フィルムフォトウォーク 2017

0912
撮影:同居人

大阪の5つのギャラリーが共催して開催する「osaka filmphotowalk」が今年も今日から始まりました。

「osaka filmphotowalk」は昨年までの「南船場フォトウォーク」を発展させ、新たに2つのギャラリーを加え地域を「大阪」に広げたものです。
参加ギャラリーは

 ・ギャラリーアビィ
 ・ソラリス
 ・ビーツギャラリー
 ・ギャラリーライムライト
 ・PhotoGallery壹燈舎

の5つです。

大阪フィルムフォトウォーク 2017
https://fpw.localinfo.jp/

ちなみに同居人の出展は「ビーツギャラリー」。最寄りの駅は地下鉄「阿波座」。夜の9時までやっているそうです。
今回の同居人の作品は古典技法でプリントした渾身の作品とのこと。機会があれば見に行ってやってくださいな。

BEATS GALLERY (ビーツギャラリー)
〒550-0002
大阪市西区江戸堀3-7-14 大阪屋江戸堀ビル3階

| | コメント (0)

2017/09/10

自転車 浦島太郎 その1

09010
RICOH GR

ホノルルセンチュリーライド以降ガチの走りは影を潜め自分なりのペースで自転車は乗ってきたけど2度の単身赴任やら入院やら業務出向やら出入りが激しく冬は休業、シーズン中でも月に数回のライドという状態に陥っておりました。

今回の京都復帰で時間的にも余裕ができてまたちょこちょこ乗るようになってきたらこれがまた新鮮で楽しい。でもさすがにメンテをサボっていたので久々に行きつけの自転車屋にピナレロを持って行ったのでありました。
※さほど酷使していなかったので自転車そのものは綺麗なまま

Pn2017


つづく

| | コメント (2)

2017/09/06

第18回北浜白黒写真倶楽部写真展「わたしはM。」(15人のフィルムライカ)

0907
Leica M7
撮影:同居人

同居人がライカで撮影した写真が展示されている写真展です。

以下ギャラリーの案内から

第18回北浜白黒写真倶楽部写真展「わたしはM。」

2017年9月5日(火)~9月10日(日)

 

フィルムライカで撮影した手焼きのモノクロ写真展です。
ですが、ライカの歴史や逸話、うんちくを語るつもりはありません。
性能やデザイン、希少価値の高い機種を語るつもりもありません。
愛用した著名な写真家やその写真を語るつもりも毛頭ありません。
ましてや使い勝手の悪さを愚痴るなんて......
わざわざ「ライカ」の前に「フィルム」とつけなくてはいけない時代。
「いまどきフィルムライカ、しかもモノクロ手焼き、ただの自己満足でしょ」
そう、おっしゃる通りです。いいんです。そんなこと。自分が良ければ。
だって、壁に掛かってる写真がフィルムだろうとデジタルだろうと
どっちだって構わないじゃないですか。そうでしょ。
だったらどんなカメラで撮影したっていいじゃありませんか。
一言だけいいですか、「ご使用されたことあります? M型のライカ」 
            いやいや、これ以上はなにも申しません。
ライカレンズの性能をなかなか上手には引き出せておりませんが、
まぁ、いまでもこんな人たちもいるんだなぁと思ってご覧頂ければ幸いです。
作品点数: モノクロゼラチンシルバープリント 約30点(各自約2点)

 

お問い合わせ
Photo Gallery 壹燈舎 (ittosha)

 

〒542-0081
大阪市中央区南船場2-6-21 グラン・ビルド心斎橋301号
Tel/Fax : 06-6121-6202 E-mail : ittosha@opal.ocn.ne.jp
http://ittosha.server-shared.com/
営業時間 : 12:00~19:00 (最終日は18:00まで) 月曜日は休廊

| | コメント (4)

2017/09/04

同居人ズミタール

0904
RICOH GR

天邪鬼の同居人は不人気のズミタールを「軽いし」というノリで結構気にいっている様子。

でも彼女は「ズミタール」「ズミルックス」「ズミクロン」をあまり真剣に覚えようとしないのでズミタールのことを

ずみ太郎

と、呼んでいます。いやあそこそこ近いんだけど・・・・・・

| | コメント (0)

2017/08/31

帰還

0831
RICOH GR

本日東京から京都に帰還いたしました。

事前準備していたとはいえ一人で荷物の整理、部屋の掃除、荷物の搬出、ガス止めの立会い、最終管理会社との部屋状況のチェックなど午前中に集中して済ませ、12時すぎには新幹線の中。

普段はダラダラとしているですが、こういう切羽詰まった状況だといわゆる「ゾーンに入る」みたいな状況に。

今後は週末移動がなくなるので休日の過ごし方にも余裕が・・・ブログの更新もペースアップできればいいのですがw


| | コメント (4)

2017/08/30

さらば東京 その4 引っ越し前夜

0830
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

東京単身赴任最後の夜です。

まあ引っ越し前夜というのは若干物悲しさを感じますが、もう東京には未練もないしちゃっちゃとしんどい引っ越しを済ませてしまいたいという気持ちの方が強いかな。

激動の2年弱、いやあ前回の4年の単身赴任同様いい経験でした。

これからはちょっと自分勝手に生きてゆこうと思っています。

| | コメント (0)

2017/08/28

さらば東京 その3 りっくんランド

0828
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

もう出張ベース以外に東京に来ることはないと思われるのでこの週末はまだ行っていない関東のあちこちを同居人と撮影散歩に行ってまいりました。

朝霞の「りっくんランド」

Rikun

京都のウチの近くにも駐屯地があってそこに90式や99式155mmは見たことがあったのだけど10式や87式自走高射機関砲の実物は初めて。

入場無料なのでサービスの限界はあれど十分満足できる内容。ちなみに同郷人は

「戦車のことはぜんぜん知らんけど昔の大戦時の戦車の方が個性的でかっこいい感じがするわ」

うむ、なかなかわかっておるな!でもこれら最新戦車も機能美に溢れて別な意味でカッコいいのだよ。

Zenke

10


| | コメント (0)

2017/08/25

工房

0825
RICOH GR

今年もフォトウォークに出展する同居人からLINEが
※左側が同居人

Photow

単身赴任中の僕の部屋を暗室にしようとしていたのを阻止したらこんな状況に


| | コメント (0)

2017/08/17

同居人+ズミタール

2011011001
SONY NEX-5+ Summitar 50mm f2.0
※再掲載

本人は自分のものと思っているようですが、ライカM7は正しくは僕の所有物です。

でも今度開催される「ライカグループ展」に同居人はエントリーしたとのこと。まあ、それはいいんですが、同居人がライカで撮る時は普段使いのレンズ「HEXANON 60mm F1.2」を使っているのですが、ここはレンズもライカものを・・・・と提供したのが

Sumt
Summitar 50mm f2.0

ズマールも提案したけど本人の希望で可愛らしいズミタールの方を選択。このレンズに関して何も知らないようなので「このレンズの名前で検索したら作例も出てるので参考になるよ」と教えたら何やら色々調べて使った様子。

同居人曰く

「このレンズネットではめっちゃ扱いが酷いよねぇ。
  どこもライカレンズで一番安いレンズって書いとおるw」

 

「確かに不人気やなぁ。ヤフオクでもめっちゃ安いわ」

 

「でもレンズが軽くなるだけですごく撮りやす〜」
  ※普段が重すぎです

 

「絞りと思って回してたらレンズ沈胴させてしもた」

 

「変な出っ張り触ったらピント回らんように」

 

「フィルター付いてないレンズ初めてやったんで25枚もキャップ付けた
 まま撮影してもた。でも大丈夫、どうせ露光してないんでもっかい
 使えるわ」

相変わらずのドタバタです。写りへの感想は現像後に・・・・・・・

20050606
Leica M5 + Summitar 50mm f2.0
※再掲載

| | コメント (0)

2017/08/12

さらば東京 その2 カウントダウン

0811
Leica MP + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

引っ越しは月末だけど夏休みやら引き継ぎやら、送別会やらで意外と時間がないのでいまから精力的に準備している。(後半はほぼ毎日飲み会)

引っ越し代は会社持ちなんだけど見積もりは複数社取って提出しなきゃならないし、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなど会社の費用で買った家電や家具は会社の寮に別に送らなきゃならない。

カーペットやカーテンなんかも予定より早めの帰還なので捨てるのもったいないけどこれも仕方ない。他にも

・冷凍ものはこっちで食べきらなきゃ
・お酒類も引っ越し荷物では不安なので手持ちで細々持って帰るか
 こっちで飲みきってしまわなきゃならない
・ビリヤードのキューも4本くらいこっちにあるのでこれも手持ちで
 持って帰る。(複数のお店に置いているので要回収)
・時計、カメラ類も引っ越しには任せられないので手持ち

前回の単身赴任もそうだったけど家電系が結構ダブルことになる。

・ドライヤー
・電動歯ブラシ
・電気髭剃り
・アイロン
・アイロン台
・無線LANルーター

普通引っ越しというとモノが減るものだが、単身赴任の引っ越しは逆に増える場合もあるというあるある。

 

| | コメント (0)

2017/08/09

さらば東京 その1

0809
RICOH GR

帰任は9月からだけど、仕事は引き継ぎだけになったのでがっつり夏休みも取れるし引っ越しの準備を早めに始めている。

単身赴任は実家からの通勤に比べてしんどいところもあるけど、いいところもある。

・会社の近くに住まいを決められるので通勤ストレスゼロ
・限定的に独身生活が楽しめる (お小言なしに酒が飲める)
・無駄には使ってないけど電気代、水道代を気にせず生活できる
・最低限の家具に囲まれてドラマのような生活ができる
・なかなか会えない東京の友達にも会う予定が組みやすい

仕事ではちょくちょく来るだろうけどもう今後住むことはないだろうなぁ。都合社会人になって3回、10年も住んだので十分満足。

実質あと10日間の東京生活、予定つめつめで楽しむぞー!
※とはいえまだ空きはあるのでお時間のある方は個人的にご連絡をw

| | コメント (2)

2017/08/07

帰還

0807
RICOH GR

会社の都合もあり予定をかなり繰り上げて8月末で3回目の東京勤務(うち2回は単身赴任)が終了し京都へ帰ります。

後数年こっちにいるつもりで余裕をぶっこいていたんですが、急遽の帰還で結構てんてこ舞い・・・・。とはいえのべで結構な年数東京で暮らしたのでそんなに未練はないです。つか、この歳で東京はちと「もうこの人混み無理」みたいな感じもちょっとあり。

でもこれからも出張ベースでの上京は結構ありそうなので、今回お会いできかなかった方ともまた是非お会いしたいものです。

引っ越しは断捨離のいいきっかけ。がっつり処分してすっきり帰る予定。

| | コメント (0)

2017/08/02

旅のしおり

0802
RICOH GR

先日同居人と呉のとびしま旅行に行ってきた。

単身赴任旅のお約束として今回は「行きは一緒。帰りは僕は飛行機で羽田へ、同居人は新幹線で京都へ」というパターン。

同居人 「ほたら、ちゃちゃっと準備しとくわ」

と、言うのでお任せにしておいたらこんな旅のしおりがメールで送られてきた。

初日
 8:09 京都発のぞみ1号 →9:49 広島着
10:16 広島駅南口 Cホーム15番乗り場 とびしまライナー(バス)
  ↓
12:25 御手洗港着 *御手洗休憩所(観光協会)で荷物預かってもらえるか?
            *小長港までの移動確認
  なごみ亭 あなごめし  小長港2階ネロリの島カフェ
16:15 小長港(大崎下島)発
  ↓
16:27 明石港(大崎上島)着 明石港工事中のため16:37津浦港着
      *ホテル清風館の迎え
      *電気自動車で散策?
ホテル清風館泊

 

二日目
 *タクシー予約済 東野タクシー0846-62-0555 ホテル前
 9:20 ホテル発タクシー 約20分
 9:55 垂水港(大崎上島)発 山陽商船
  ↓
10:15 竹原港着 JR竹原駅まで徒歩17分 バス確認
11:08 竹原発 呉線(三原行き)   (10:47 フェリー前バス停 芸陽
バス)
  ↓
11:19 忠海着            (10:59 忠海駅下車)
忠海港まで徒歩4分 港の荷物預かりに預ける
12:00 忠海発 大三島フェリー
  ↓
12:15 大久野島着 国民宿舎の食堂で昼食 タコ香り揚げ定食

16:06 大久野島発 大三島フェリー
  ↓
16:20 忠海港着 荷物ピックアップ
16:59 忠海発 呉線(広行き)or 16:36 芸陽バス忠海駅発
  ↓                  ↓
17:11 竹原着          16:59竹原駅着
17:15 竹原駅発空港バス(ジャンボタクシー)
  ↓
17:40 広島空港
19:00 広島空港発ANA
(わし)
17:24 忠海発 呉線→ 17:49 三原着
18:26 三原発 こだま750号→18:50福山着
18:59福山発 のぞみ56号→20:16京都着

貴方、これ商売にならね?

| | コメント (4)

2017/07/26

出町柳の名曲喫茶にて

0727
RICOH GR

もはや週間「River Of No Return」ともいえなくなった更新ペースですが、引き続き続けてまいりますので今後ともおつきあいくださいませ。

さて

今まで名曲喫茶という所には入ったことはなかったのだけど先日初めて偶然が重なって入ることに。

・同居人との待ち合わせ時間が2時間ほど
・ゆっくり読みたい本が手元に
・場所は出町柳なのでコーヒーにハズレなし

ということで私語禁止の名曲喫茶は最適の場所。チャージ料は500円だけどおかわりのコーヒーは割引き。

さらにかなり豪華な革張りソファが独り占め。

実はこの後いろいろと名曲喫茶を周ったのだけど、私語禁止で気を使わなくていいのは共通だけど、座り心地最高のソファというのは強烈な要素!

こんな店が近くにあったら平日は仕事の半分をここでしたいし休日はお気に入りの本をここで読むのになぁ。

いかんせん京都にも東京にもここに匹敵する名曲喫茶喫茶は見つかっておりません。

もしいいところがあったらこっそり教えてくださいな。

| | コメント (0)

2017/07/12

「B&W写真倶楽部南船場」写真展「if・・・」

0712
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

すでにA組の展示(同居人の組)は始まっていますが、いつもの壹燈舎で

「B&W写真倶楽部南船場」写真展「if・・・」

が始まっています。今回のテーマは「if・・・」。さてどんな写真で構成されているのでしょうか。

同居人 「私の今回の写真のタイトルは「火星の庭」やねん。是非見に来て欲しいわん」

Shig  「お、なんか挑戦的なタイトルやな、見に来いっていう・・・」

同居人 「いや、気合が入ってるのはタイトルだけやねん。
     作品は無理して見に来てもらうほどのもんでもないねん」

・・・・・・結局どっちやねん

B&W写真倶楽部南船場グループ展「if」
 A組 7月11日(火)~7月16日(日)
 B組 7月18日(火)~7月23日(日)

Photo Gallery 壹燈舎 (ittosha)
〒542-0081
大阪市中央区南船場2-6-21 グラン・ビルド心斎橋301号
Tel/Fax : 06-6121-6202 E-mail : ittosha@opal.ocn.ne.jp
http://ittosha.server-shared.com/
営業時間 : 12:00~19:00 (最終日は18:00まで) 月曜日は休廊

| | コメント (0)

2017/07/04

世の中そんなに甘くない  その2

0704
Leica M9-P + Summilux 50mm f1.4 ASPH.

そこで登場するのが「中近両用メガネ」である。

「遠近両用」というのはかなり昔からあるのだけど、弟に教えてもらった「中近両用メガネ」は僕にとってはかなりの衝撃だった。

早速作ってみた。最近流行りの「安いメガネ屋さん」でプラス5000円ですぐに作ってもらえる(とはいえ特殊なので数日待たされる)。

このメガネはある意味スペシャルである。特化はしているが汎用性は一切ない。

・20㎝~30㎝の距離の資料がしっかり認識できる
・50㎝くらい離れたパソコン画面の文字もしっかり認識できる
・スマホに関しては20㎝だとしっかり見えるがそれ以上近づくと
 メガネを外した方がしっかり見られる。
 (ちなみに裸眼での最適距離は10㎝だ。マクロレンズかよ!)

ここまで特化するとパソコンでの仕事中は無双である。が、しかし!それ以外では一気に役立たずになる。

・部屋を移動するだけで中間距離以上はぼやけるので気持ち悪い
・家でパソコンとTVを同時に見ようとすると距離が微妙で使えない

なので実生活および実ビジネス上では

2つのメガネととっかえひっかえ、会議室には二つのメガネが必要。いじめのような細かいエクセル資料は裸眼で確認・・・・・・

かえって大変になってしまった(涙)

 

とはいえこれもパソコン仕事無双のトレードオフ。世の中そんなに甘くないのである。

| | コメント (2)

«世の中そんなに甘くない  その1