2020/02/14

そこまでいわんでも

200214
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

引越しして3ヶ月になろうかとしていますが、いまだに駐車場以外の外構はまったく手付かずです。

Gaiko

予算超過で中途半端な外構にしたくなかったのもあるんだけど、図面イメージより完成に近づいて意外に庭が広いことが実感できたので設計図だけで後戻りのできない工事はしたくなかったというのが本当のところ。

実際生活してみて少しずつどんな庭にしたいかのイメージが湧いてきたのでそろそろ手をつけようかな、と思い始めたところ・・・

新聞の集金のおばちゃん
「外構をしちゃいけないとか制限があったんですか?」

町内会費を取りに来たおばちゃん
「外がほったらかしなのでもう住んでいるとは思わなかったわ」

工務店のおっちゃん
「まだそのままなんですね・・・・・」

ええやん!そんなに新築時に庭がないとあかんの?

ほっといてんか!んもうw



| | コメント (0)

2020/02/08

ばるみゅうだ

200208
RICOH GR

プチブルの象徴のようなバルミューダトースターが我が家に来た。

Bm


(たかが)トーストを焼くのにこんな高いものは買う必要はない!と今まで買ってこなかった。トーストは基本的に両面焼きのコンロのグリルで十分こんがり焼けていたからである。

ある、といったのはそれが過去のものになってしまったから。今回新築の際にシステムキッチンを入れたのだけど、他のところがお金が掛かってしいキッチンに関しては「グリルが片面焼き」というスタンダードクラスにしなければならなかったのだ。

もう一段上げるとプラス10万円、さすがに予算を切り詰めている中で両面焼きにするだけでプラス10万円はありえない。そこで渋々片面焼きでトーストを焼いていたのだけどこれが結構面倒。

ではなぜここでバルミューダなのか。答えはタイミングがよかったから。同居人が長年使ってきたクレジットカードのポイント交換でバルミューダが設定されていたのである。クレジットカードでもらえる品物なんてどれもしょーもないものばかりだけど、バルミューダなら許したるわ!ってなことで実質0円で我が家に来たという感じだ。で、トーストは格段に美味しく焼けたかって?・・・・


まあまあである
 (コンロの両面焼きの方が直火で美味かった)




| | コメント (2)

2020/02/02

旗竿駐車場の必需品 カーブミラー

200202
iPhone

懸案だった自宅駐車場出口の視野確保だけど、引越し後やっと具体的に動くことができた。取り付けまではまったく見えない状態だったのでそれはもうおっかなびっくりゆるゆると

ごめんやっしゃ!ごめんやっしゃ!

と、顔を出していたわけだけども・・・・・。さてカーブミラーとなると問題は取り付け位置と効果なわけだ。やっかいなことに土地となるとお互いなぁなぁではいかず基本的には不可侵でなければならない。確認したところまず

両側のブロック塀だがこれは左右とも相手側の所有物

であることが再確認。ということはカーブミラーを塀に取り付けるわけにはいかない。まあ、これは事前に分かってはいたので駐車スペースの右側には後でポールが立てられるようにスリットを入れておいた。

Kkk

で、左側だがこちらも塀には手出しができないが目隠しのためにに立ててあったフェンスはこちら側土地から立てているのでこちらの所有物になる。と、いうことはフェンスに加工すればカーブミラーが取り付けられるということだ(これはラッキー)。こちらまで相手所有ならもう両側敵陣なわけでお手上げだった。

実際に車に乗って視線を確認するとこれまたラッキーな状態であることが発見できた。カーブミラーの性能はかなりなもので左側に取り付けたミラーの視野はかなりひろく完全に隠れていた右側の視野は完全確保。車から人、自転車まですべて確認できて安心だ。

問題は直接ミラーが設置できない右側塀からの左側視野なんだが、これまたフェンスの開きスペースから10m先くらいまで直接目視できることが判明(あくまで車に乗っての視点だが)。

Cm

何度か試したところ実はこの状態でもなんの不安もなく車を出せることが確認できたので左側のスリットのわざわざポールを立てる必要はない。いや、これは助かった。ということで大金払ってフロントカメラ、なんてのも考えたわりに2000円くらいのカーブミラー設置で数ヶ月悩んでいた問題があっさり解決。

フェンスへの取り付けも金属用ドリルビットで徐々に穴を開け取り付けたのだけど今まで借家だったので家をいじるというのが初めてでこれも快感。まあ、これからもあちこちと徐々にカスタマイズできればなと思っている。

| | コメント (4)

2020/01/27

旗竿駐車場の必需品

200127
RICOH GR

人間だって雨具やスウェットのフードを被ると極端に視界が悪くなる。さらに車の運転となるとボンネット、ピラもあるためT字路では極端に周りが見えません。

Img_4064
Img_4063

案の定ウチの旗竿地から前の道路(人も車も結構通る)に出るときは正直かなり危ないのです。まず考えたのはカーブミラーの設置なのですが、これもそう簡単にはいきません。問題は

 ・どこに取り付けるか
 ・塀の所有権がウチか隣か

そうなんです。公共の場所や他人の土地や所有物に勝手にミラーを取り付けるわけにはいきません。どのくらいのミラーがどこにあればよいのかも工事が終わってみるまでは検証もできない状態です。なので次に考えたのは

フロントカメラをつけてみてはどうか?(この際ついでにバックカメラも)

というアイデア。調べてみるとこれが結構やっかい(涙

・バックカメラシステムはいろいろあれどフロントカメラシステム は意外に一般的ではない

・ほとんどの商品がすでにバックカメラおよびナビシステム
 が付いていることが前提の商品

・モニターさえついていないウチのフィアットはナビシステム
 を今さら付けるかモニターと直結するかの二択

・さらに車用品量販店では外国車には取り付けてくれない

・部品を買って一般車屋さんで付けてもらうと結構なお値段に
 なってしまう。

・そこまでしてフロントカメラにこだわる必然性は全然なし

と、いうことでさんざ調べた結果フロントカメラ案は却下。新居に引っ越し後そこからカーブミラーを検討することに・・・・
                   つづく




| | コメント (2)

2020/01/23

お疲れ様!「STAR WARS」

200123
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

最後はやっぱり見届けてやろう・・・・

これがさんざケナしてきたディズニー以降のスターウォーズの最終章を見に行った理由だ。

Sw9

内容は・・・・もう何も言うまい

ま、内容は置いといて、「で、観に行ってどうやったん?」ってことだが、

高校生の時初めて映画館で観てから早や43年、リアルタイムで観続けたシリーズの完結に立ち会えたのはそれなりに感動はしたのだ。紆余曲折あれど思春期から壮年まで同じように年月を重ねてきた感慨はあった。

特に最後まで完走したR2-D2C-3PO、チューバッカとは「お互いお疲れ様!」と言いたい気分だ。ルークが死んだときはなんとも思わなかったが、今回レイア姫が死んだ時のR2-D2、チューバッカの姿にウルっときた。

ディズニーも晩節を汚すくらいシリーズ後半滅茶苦茶にしてくれたけど、最後の最後で個々のシーンでは過去作へのリスペクトもあり、まあ許してやろう(どこから目線)これからもスピンオフ作品は出るだろうけど余程のことがない限り映画館で観ることはないだろう。なので今回をもってスターウォーズの映画館鑑賞も最後となる。僕にとって

「最後を見届けた」だけでなく「もう観に行かなくていいんだ」

という複雑な気持ちではあるが妙にすがすがしいのだ。「スターウォーズシリーズ」お疲れ様でした。そしてありがとう!

| | コメント (0)

2020/01/14

FIAT TwinAirエンジン生産終了

200114
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

アバルトに行かずに素のFIATを選択した最大の要因である2気筒エンジン「TwinAir」、この度生産を終了し世の中の小型エンジンの主流である3気筒(ハイブリット構想)に移行するようだ。

そりゃ時代の流れからするとそうなんでしょうが、皆そっち向きます?他車との差がどんどん見かけだけになってゆくこの傾向どうなんだろ。

独自発想すぎたロータリーエンジン、排気ガス規制で消えざるをえなかった2ストエンジン、トヨタの影響で縮小された水平対向エンジン・・・・なくなる理由はもっともだけど面白くて個性的なエンジンはどんどん消えてゆく。

もう死ぬまでに新しく乗れる車はもうあまりないだろうから、せめて自分で運転できるうちは運転して楽しいエンジンの車に乗ってゆこうと思う。

引き続き「NA V6 VTEC」と「TwinAir」とは長い付き合いになりそうだ。

Na1
Ta







| | コメント (2)

2020/01/12

画期的発明品使用実感「ネジザウルス」

200112
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

今さらだけど実際に使ってみてその効果の絶大さに失神しそうになったモノをご紹介します。コレです↓↓↓

Nz01
ネジザウルス

最初にこのペンチを知ったのは結構前の所ジョージ「世田谷ベース」。要はネジ山がつぶれてしまった問題解決ツールです。
いままで僕がそういう時使っていたのがハンマーで叩いてネジを回すインパクトドライバーだったのだけど、(バイクをいじっていた時なんかは結構使ってた)。この「ネジザウルス」、仕組みは簡単で掴みの部分の筋が縦に切られているだけ。一見

こんなんでネジ山の潰れたネジ回るんかいな

と、思うでしょ?これがね、ネジの頭掴めば締めるのも緩めるのも楽々OKなんすよ。仕組みはこちら

Nz02
Nz

これがあるとネジ山潰れを怖がらず電動ドリルを使えるし、ぐっと作業効率が上がります。(特に今回新居の全カーテンレール取付の時大活躍)

日本発のツールだけど世界中で絶賛されているようです。使用したのがつい最近なので今さらながら興奮しているわけです。

しかし、すげーよな。ちょっと発想するだけでこんな画期的な効果が出るなんて・・・ぜんぜんハイテクじゃねーし。世の中またまだシンプルでアナログな素晴らしいアイデアが転がっているに違いない。

いやあ、マジすげぇっすよ!

| | コメント (0)

2020/01/07

旗竿地駐車場問題の結果発表

200107
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

工事中は試しに車を入れることもかなわず、寸法的には入るものの物理的に運転手側からは出られないぎりぎりの寸法だったウチの「駐車場予定地」。

Hatahaba_20200107191801



もし実用的でなかったら

 ・NSXだけでなくFIATも月極駐車場を借りる
 ・駐車場に合わせてさらに車幅の狭い車に買い換える

という究極の二択をせまられるところでした。しかして結果は・・・・・・

ぎりぎりセーフ!!!ギリギリせーふ!!!!(嬉しいので2回言います)

200107a

200107b

200107c

人の動線は狭くはなるけど自転車の出し入れにも問題はない幅だし(バイクだとちょっと厳しめ)通りにくさは精神的に不審者への牽制としての効果もあり。

バックで入れるには夜とかちょっとビビるけどこれも慣れ、運転手側のシートを目一杯後ろまで下げれば助手席側からの乗り降りもさほど苦になりません(敷地内なので人に見られないし)。

これで当面車の乗り換えの必要もないし駐車場代も一台分浮く!

ああ、よかった・・・・いや、マジでほんまによかった(涙、涙、涙

| | コメント (2)

2020/01/05

あけましておめでとうございます

200105
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

あけましておめでとうございます
   今年もよろしくお願いいたします

さて、今日でちょうど引越して一ヶ月経つのですが・・・・・

最後の最後で荷物がしっかり片付ききれていません。引越し時にかなりの量の「モノ」を処分し、新居では屋根裏収納もウォークインクローゼットも増設し荷物対策はしっかりしたつもりなのですが、「モノ」が収納しきれないのです。

要は24年間かけていろんなものが最適な位置に効率よく収まってきたため、一旦それをほぐしてしまうと同じように収まらないのです。まあ、完成したジグソーパズルをバラしてしまうと嵩張るみたいなもんです。

ここはもう一段ギアを入れて「やっぱりいらないモノ」を処分してゆくのがよいでしょう。ミニマルな生活を目指すわけではないのだけど「モノ」に振り回される生活からは脱却したいものです。




| | コメント (2)

2019/12/31

今年もありがとうございました

19004
撮影:同居人

気がつけば前回17日の更新から約2週間未更新でした。(気がつけば大晦日)

24年ぶりの引越し、KISSのコンサートなど大きな山場と越えなんか気が抜けたということもあるのだけど、住所変更手続きや家具の入れ替えなど引越し後にやることもかなり多く私の限られたキャパはそちらに振られていたようです。

まだ荷物が完全に片付いたわけではないのだけど、なんとか新しい生活のペースも掴みつつあり、ぼちぼちと落ち着いてくればいいかな、と思っています。

さて、年末恒例の自分写真ですがこの一年同居人と一緒に撮影に出る機会も減ってしまいあまり枚数はありませんがお届けします。

本年もどうもありがとうございました。

来年もゆるゆるとお付き合いくださいませ。

19003
同居人が旅行中に骨折したので代理でローライ撮影

19005190061900119002
五島列島の電気自動車レンタカー。電気残量を気にしながらの運転は辛かった・・・








| | コメント (0)

2019/12/17

KISS!KISS!KISS! 再出撃

191216_20191217002101

KISSといえばジーンとポール以外のメンバー交代も行われていたため初来日を逃した僕はオリジナルメンバーでの公演は諦めていたのだけど、1997年来日時には本当に急きょオリジナルメンバーに変更。リードギターがブルースからエースに、ドラムがシンガーからピーターに交替しメイクも復活!

この時の大阪公演に行けたのは本当に幸運だったと思う。(メンバーが変わってもクオリティは変わらないところがKISSではあるけど)

さて、今回の『END OF THE ROAD WORLD TOUR』であるがどうしても気になるのが曲の構成と演出だ。アーティストとしては過去の曲だけではなく現役のミュージシャンとして新しめの曲を演奏したがるのが常だ。

ところが過去KISSに関しては初期の曲のインパクトがあまりに強く、また青春の思い出補正も入ってどうしても人気があるのはオリジナルメンバー&メイク時代のものになってしまう。果たして今回は・・・・

ファン垂涎の構成でしたよ!演出も今まで以上に凝っていて派手!東京ドームという規模もあり盛り上がる盛り上がる。50肩の痛みもものともせずシャウトしまくりましたよ!

Kiss01


・・・・・・・と、いうことで

東京ドームの興奮も冷めやらぬ中、明日は京セラドーム大阪公演へGO!!

| | コメント (2)

2019/12/13

KISS!KISS!KISS!

191213
iPhone

僕がKISSと出会ったのはファーストアルバムの中学生の頃である。

初来日の時は高校生であったのだが、当時岡山から大阪までコンサートのために単独で行くには環境的にも経済的にも難しく、さらに模擬試験の日程と重なったため断念。

その後来日する度にコンサートには行けるようになったのだが、今回は最後のツアー『END OF THE ROAD WORLD TOUR』ということもあり万難を排しての出撃だ。

さらに今回は新築祝いということで我が弟がなんと「KISS VIP Meet & Greet Experience」をプレゼントしてくれたのだ。その内容は以下の通り。

●KISS VIP Meet & Greet Experience  
・SS席チケット(ど真ん中最前列エリア)
・ミート&グリート(KISSメンバーとの写真あり)
・サイン入り写真
・VIP物販優先
・VIP専用入場口
・VIP限定グッズ

それでもって、こちらのお値段は・・・・・・・・

なんと15万円!!!!!

いくら年季の入ったファンといってもプレゼントされなきゃ絶対払っていなかったであろうお値段!(弟君、本当にありがとう!)

と、いうことで最上級に楽しんだKISSのラストツアーの様子をぼちぼちとご報告できればと思っております。

                  気合をいれてつづく

| | コメント (0)

2019/12/10

24年間ありがとう

191210
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)
※全記事と写真が被ってしまったw

24年間(なんとほぼ四半世紀)住み続けた借家旧宅から新居に引越しました。

築6年で住み始めた家もすでに築30年、古めの家になって不便な部分も多々ありましたが思い出も多く最後に掃除を終えた時はちょっぴり寂しくしんみりしてしまいました。

当然今までの人生の中で一番長く過ごした家です(単身赴任期間を差っ引いたとしても)。

24年間、本当にありがとうございました!




| | コメント (4)

2019/12/03

引越しによる生活進化

191203
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)


今の借家に住み始めてはや24年。当時は築6年の割と新しい家だったけど今となっては築30年のかなり古めの家。(家賃は変わらずなので引っ越しする気になったのだけど)

当然新しい家になるわけなので嬉しいのだけど生活要素として大きく変わる点が以下の点である。

1位 ウォシュレットが付いた
今までのトイレはウォシュレットなし。自腹でいいので付けさせてくれと大家さんに頼んだのだけど却下!泣く泣くノーマルトイレで過ごしてきた。今度の家では当然のごとくウォシュレット付き!これでお尻も喜んでくれることだろう。

2位 光回線が引けた
こちらも借家の辛いとこ。勝手に工事ができないので無線方式のWiMAXと押さえのADSLの二本立て。 WiMAXも実質12Mbpsくらい、ADSLより若干安定している程度。これが今回光回線になり実測440Mbps!これで回線難民から解放!

3位 食洗器がついた
この案件は最後まで同居人との争いだった。同居人は食洗器反対派、でも実質食器洗いは僕の担当なので最後までごねてパナソニックのシステムキッチンには上位機種の食洗器が標準でついて外したとしても差額がわずかということで土俵際うっちゃり。念願の食洗器生活でストレスフリー(のはず)

4位 広めのデッキができた
もう、夫婦二人の生活に限定できたので間取りは割と自由にでき、部屋数も減らしたので二階に6.5畳の広めのデッキが作れた。フックも作り付けで設置したのでタープやハンモックが設置可能。季節のいい時はここでビールも飲めるし昼寝もできる。夏はビニールプールで水浴びも可(子供か?)。周りの目を気にしていいのは旗竿地のメリット。

<その他変化項目>
・トリプルガラスで結露回避
・床暖房で足がぬくぬく
・調光ライトで寝ながら灯り調整

思えば長い間前時代的な生活をしてきたもんだ(僕も同居人もこういうことには無頓着だったし)。さて、いいことばかり書いたけど逆に以前よりマイナスになる、もしくはかなわなかった望みも多々あるのでそれはまた次回。

※ただいまエアコン設置立ち合いの間に記事執筆中

| | コメント (0)

2019/11/30

ねこの足跡

191130
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

天気によっては入居後になるかもしれなかった駐車場の土間コンクリート打ち。午後から小雨にはなったものの肝心な施工中は雨ではなかったため無事終了。

同居人 「ねこの足跡とかあったらかわいいにね」
Shig  「この辺りで野良猫はほとんどみないしほんの数時間の固まる
     あいだにそんなにうまくねこなんて歩かないだろ」

と、まあ当日はそんな感じだったんですよね。でもって次の日、歩ける程度にまで固まった土間コンクリート部分を見てみると・・・・・

Ne2
Ne1

約13mある通路兼駐車場のコンクリート部分にしっかり「ねこの足跡」がw(それも往復)。残念ながら、そんなにしっかりついていなかったため泥を洗い落としたらかすかについている程度かも(写真ではまだ泥がついている状態です)。

しかし、まあそんなジャストタイミングでなんでねこは打ち立てのコンクリートを歩くのでしょうか?調べてみるとそんなケースは結構あるようで一説によるとコンクリートが固まってゆくときは熱を発するのでねこはそれをすばやく察知して歩きにくるとか(プレデターかよ)。

でも希望通りねこの足跡付駐車場になったので、我々としては全然OK!ということで!

| | コメント (2)

2019/11/28

旗竿地のドタバタ

191128
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

旗竿地(道に面していなくて奥まったところにある土地)にはメリットもあるが、イレギュラーならではのお困りごとも数多くある。

完成間近なわが家であるが、ギリギリまで内装の施工があるので道からの通路上のところ(ここが駐車スペースになるのだけど)の土間コンクリート作業は一番最後になる。旗竿地はここを塞ぐと中の土地に入れなくなからなのだけど、これが引き渡し日ギリギリになると今度は天気との勝負になる。

コンクリート工事は雨の日にはできない。さらに何とか歩いてもいい状態にまで固まるには最低1日の放置が必要。つまりコンクリート工事を朝にやったとして翌日までは家のあるスペースまで入れない。ここで引き渡し日まで雨が続いたなら・・・・・

・引き渡し後にコンクリート工事をしなければならない

・ところが引き渡しから引越しまでエアコン工事や事前搬入作業まで
 もう出入りの予定がはいっているので入口を塞ぐわけにはいかない

・引越し後やると今度は我々の生活に支障が(涙

最悪、引越し後コンクリート工事をするならその日は別なところに泊まるか1日家の中に籠城(雪隠詰め)することになるw。ま、こんなことは旗竿地(それも抜け道のない)に家なんか建てなければ知ることのなかったトラブルなんでこれはこれで楽しめばいいんじゃねぇかなと開き直ってはいる。

 

| | コメント (0)

2019/11/26

歳をとるということ

191126
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)


どんくさいとまではいかないまでも僕は自分で車やバイクの運転が上手いとは思っていない。大学時代から峠も走っていたしサーキット走行も何度も楽しんできた。同じように車やバイクが好きで趣味で乗っている人達のテクニックに比べて僕は全然大したことはない(それくらいはわかる)。

誰に勝とうとか早く走ってやろうとか思わずに自分なりに今まで「乗り物」に向き合ってきた。ところがだ、ここに来て運転能力が格段に落ちてきていることを自覚しているのである。

先日地元岡山を起点に泊まりがけで2日にわたって NSXのクラブのツーリングがあったので帰省ついてに参加したのであるが・・・・


ワインディングで皆についていくのがやっと(マジかいや)

高速道路で追い越しで瞬間的に130kmだすとそれだけで緊張する(んなあほな)

以前はサーキットでは直線で300km出しても楽しめたのにもうスピードに対しては恐怖感しかない。ワインディングも攻めるなんてとでもない。(周りの人は新型NSXやタイプRのような超高級車でもガンガン攻めてる)

正直スポーツ走行に関してもう限界かな、と思う。NSXのツインクラッチも重くて渋滞とかで腰に来るし、パワステのついてないハンドルも取り回しで辛くなってきた。そろそろ車との向き合う姿勢を変える年頃になってきたな、とつくづく感じる。

本来ならこんなスタンスでツーシータースポーツカーであるNSXに乗るのは勿体ないというか、申し訳ないという感じなのだが、この車はGTカーとしての要素も十分あるので攻めなくとも十分楽しめるというところにすがりながらもう少し乗り続けようと思う。

そんなこんなでGTを意識するなら今ついているレース仕様の レカロフルバケットシートをラグジュアリーなノーマルシートに戻そうかしらんと検討中である。自分の中でとんがった部分がなくなってきている寂しさも感じないではないが、歳とともに基本に戻るのもいい歳のとりかたではないかとも思うのである。




| | コメント (0)

2019/11/24

おウチの見学会

191124
RICOH GR

新居引き渡しまであと一週間を切りました。

私たちも今まで完成間近のおウチを工務店の方に案内されていろいろと参考にさせてもらっていたのですが、今度はこっちの番です。

昨日、今日の2日間私たちの家が見学対象になってこれからおウチを建てようかという人たちが見にくるわけです。

見学会をするかどうかは強制ではなく任意なのですが散々自分たちが見てきたので心情的には断りにくかったのもあるけど、ちょっと参考にしてもらうのであればそれはそれで嬉しいかな、と。

ただ、家を建てようという方にはお子さんなどがおられるケースが多く、ウチみたいに夫婦2人用に間取りされた家はちょっと部屋が足りないとは思いますけどね。お金をかけずにこだわったポイントは見て欲しいな。

 

| | コメント (0)

2019/11/20

惰性の極致「ウォーキングデッド」

191120
Leica M9-P + NOCTILUX-M 50mm f1.0 (2nd generation)

もはや次シリーズを待ち遠しく思うこともなく、配信されれば一応は観るという作品になりさがった「ウォーキングデッド」j。

Twd10

すでにシーズンは10本目、シーズン11の発表や映画化の話もある。馴染んだキャストがドラマチックにやられていた頃はまだスリリングではあったのだけどもはや思い入れのあるキャラはどんどん減り(というかもういない)、シーズン9ではさらに集団でご退場。

商品がなくなる前にもっとよい商品を仕入れて在庫は余裕を持つべきところを後先考えずセールに掛けるもんだからもう主だった商品がなく不良在庫のみ、といった感が否めない。

なんやもうウザくて「早よ死ねや!(まあ怖い)」と思うキャラばっかしでもう朝ドラを観るような感覚で惰性で流しております。

もっと刺激を!かもん!

※そうこうしているうちに前半8話が終わり続きは来年2月だとさ




| | コメント (2)

2019/11/17

腹の底からの怒り

191117
CONTAX T3
撮影:同居人

同居人 「腹の底から怒りがわくわ!」

イオンから帰ってきた同居人がとんでもなく憤慨しております。

同居人 「あのな、今日な、イオンでいつも買っている湖池屋の
     「じゃがいも心地 オホーツクの塩と岩塩の合わせ塩味」

Ko

     が山積みになっていたので機嫌よう手に取ろうと思った
     らそれがなんと!」
Ka

     カルビーの新商品だったんよ!」

ここからは延々と同居人のカルビーに対する罵倒が続きます

同居人 「どう思う?このデザイン!どう見ても目一杯パクリやんか!
     天下のカルビーがナンバー2の湖池屋パクってカルビーの
     プライドはポテチみたいに薄いん?
     焦ってるにしても最低やん!恥を知りなさいよ、恥を!ぷっぷ〜!!!
     そうそう、貴方のブログで世に問うてよ!」

とりあえず同居人の希望に沿って記事にしましたが、レス不要ですw




| | コメント (0)

«まいはうすカウントダウン